目次
×

リリース日:

2022/02/08

バージョン:

OS ビルド 14393.4946

11/19/20
更新プログラムの用語Windows、更新プログラムの種類と月次品質 更新Windowsの種類に関する記事を参照してください。 バージョン 1607 Windows 10の概要については、更新履歴ページを参照してください。 

ハイライト

  • 2022 年 3 月ではなく、2022 年 2 月に開始する夏時間を更新します。 

  • オペレーティング システムのセキュリティWindows更新します。      

機能強化

このセキュリティ更新プログラムでは、品質が改善されました。 主な変更は、次のとおりです。

  • 2022 年 3 月ではなく、2022 年 2 月に開始する夏時間を更新します。

  • 間違った電話番号を持つWindowsのアクティブ化の電話番号を更新します。

  • 動作を停止し、"Windows" というエラーが生成される問題にIRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL。

  • 動的データ ファイル (DDE) オブジェクトの不適切なクリーンアップExchange問題を修正します。 これにより、セッションのティアダウンが防止され、セッションが応答を停止します。

  • Always On VPN (AOVPN) IKEEXT.dll DirectAccess サーバーで発生するアクセス違反にアドレスを指定します。 例外コードは0xC000005。

  • グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使用して構成する管理用テンプレートの設定に影響する問題を修正します。 ポリシー設定の値を [構成されていません] に変更すると、システムは前の設定を削除できません。 この問題は、ローミング ユーザー プロファイルで最も顕著です。

  • WinVerifyTrust() を呼び出す際に発生するメモリ リークを処理します。 この問題は、複数の署名を持つファイルの最初の署名の検証が失敗した場合に発生します。

  • Key Management Services (Windows) ホストとして使用されているサーバーのバージョンに影響する既知KMSします。 LTSC 2016 Windows 10 Enterprise実行されているクライアント デバイスがアクティブ化されない場合があります。 この問題は、新しいカスタマー サポート ボリューム ライセンス キー (CSVLK) を使用し、2021 年 4 月 22 日以降にリリースされた更新プログラムをインストールした後にのみ発生します。

  • RFC 4456 に準拠していないクライアントを識別する監査イベントを Active Directory ドメイン コントローラーに追加します。 詳細については、「 KB5005408: スマート カード認証によって印刷エラーとスキャン エラーが発生する可能性がある」を参照してください。

  • ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス ( LSASS)Kerberos.dll 動作を停止する原因となる可能性がある問題を修正します。 これは、LSASS が同じクライアント ユーザーに対して同時に Service for User (S4U) のユーザー間 (U2U) 要求を処理するときに発生します。

  • 操作に SamAccountName 属性と UserAccountControl 属性が含まれている場合に、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) の変更操作が失敗する問題を修正します。 エラー メッセージが "エラー: 0x20EF。 ディレクトリ サービスで不明なエラーが発生しました"。

以前の更新プログラムをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムだけがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。  

セキュリティの脆弱性の詳細については、新しいセキュリティ更新ガイドの Web サイトと February 2022 セキュリティ更新プログラムを参照してください

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

2022 年 1 月 11 日以降にリリースされた更新プログラムをインストールした後、Microsoft .NET Framework を使用して Active Directory フォレストの信頼情報を取得または設定するアプリで問題が発生する可能性があります。 アプリが失敗または終了するか、アプリまたは Windows からエラーが発生する可能性があります。 アクセス違反 (0xc0000005) エラーが表示される場合もあります。 

開発者向けの注意 影響を受けるアプリは、System.DirectoryServices API を使用します。

この問題を手動で解決するには、アプリで使用されている .NET Framework のバージョンの帯域外更新を適用します。

メモ これらの帯域外更新は Windows Update からは利用できず、自動的にインストールされません。 スタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログでご使用のバージョンの Windows および .NET Framework の KB 番号を検索してください。 これらの更新プログラムは、Windows Server Update Services (WSUS) と Microsoft Endpoint Configuration Manager に手動でインポートできます。 WSUS の手順については、WSUS およびカタログ サイトを参照してください。 構成管理の手順については、「Microsoft Update Catalog から更新プログラムをインポートする」を参照してください。 

オペレーティング システム用にこの更新プログラムをインストールする方法については、以下のサポート情報記事を参照してください。

  • Windows Server 2022: 

  • Windows Server 2019: 

  • Windows Server 2016: 

    • .NET Framework 4.8 KB5011264

    • .NET Framework 4.6.2、4.7、4.7.1、または 4.7.2 KB5011329

  • Windows Server 2012 R2: 

    • .NET Framework 4.8 KB5011266

    • .NET Framework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、または 4.7.2 KB5011263

    • .NET Framework 4.5.2 KB5011261

  • Windows Server 2012:

    • .NET Framework 4.8 KB5011265

    • .NET Framework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、または 4.7.2 KB5011262

    • .NET Framework 4.5.2 KB5011260

影響を受けるバージョンの Windows に 2022 年 1 月 11 日以降にリリースされた Windows 更新プログラムをインストールした後、コントロール パネルでバックアップと復元 (Windows 7) アプリを使用して作成された回復ディスク (CD または DVD) が起動できない場合があります。

2022 年 1 月 11 日より前にリリースされた Windows 更新プログラムがインストールされているデバイス上のバックアップと復元 (Windows 7) アプリを使用して作成された回復ディスクは、この問題の影響を受けず、想定どおりに起動します。

注意現在、この問題の影響を受けることがわかっているサード パーティのバックアップ アプリまたは回復アプリはありません

この問題は KB5013952 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、最新の累積的な更新プログラム (LCU) をインストールする前に、オペレーティング システムに応じた最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールするよう強くお勧めしています。 SSUs は、LCU をインストールし、Microsoft のセキュリティ更新プログラムを適用する際の潜在的な問題を軽減するために、更新プロセスの信頼性を向上します。 SSU の一般的な情報については、「 サービス スタックの更新プログラムとサービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」を参照してください。

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB5005698) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog で検索します。 

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

はい

ありません。 この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

ビジネス向け更新プログラム

はい

ありません。 この更新プログラムは、構成済みのポリシーに従Windows更新プログラムから自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスしてください。

Windows Server Update Services (WSUS)

はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品: Windows 10

分類:セキュリティ更新プログラム

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラムのファイル情報をダウンロード5010359。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×