Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

Microsoft Exchange Server 2022 年 3 月のセキュリティ更新プログラムをインストールすると、Exchange サービス ホスト サービス (MSExchangeServiceHost) が繰り返し失敗し、イベント ID 7031 がシステム ログに記録され、イベント ID 4999 がアプリケーション ログに記録されます:

Event ID 4999 サンプル
プロセス ID: 4564 に対して送信される予定のワトソン レポート(E12IIS、c-RTL-AMD64、15.01.2375.024、M.Exchange)。ServiceHost、M.Exchange。Diagnostics, M.E.D.ChainedSerializationBinder.LoadType, M.E.Diagnostics.BlockedDeserializeTypeException, c0e9-dumptidset, 15.01.2375.024.
 
ログ サンプルに示すように、イベント ID 4999 を確認して、"BlockedDeserializeTypeException" 情報が含まれていることを確認します。

原因

この問題は、非同期通知 (メッセージ クラス: IPM) によって発生します。Notification.CertExpiry) は、Exchange Serverによって使用される有効期限が切れた証明書または有効期限が近い (有効期限の 30 日以内) 証明書がシステムに存在する場合に、Exchange Serverによって自動的に作成されます。

Microsoft Exchange サービス ホスト サービスは、異なるバージョンのExchange Serverを実行しているExchange ベースのサーバーで通知が生成された場合、応答を停止することがあります。この問題は、セキュリティ更新プログラムがインストールされる前にこれらの通知が生成された場合に発生する可能性があります。

この問題は、異なるバージョンを実行しているサーバーが長期間一緒に実行される共存シナリオでも発生する可能性があります (たとえば、Exchange組織内で 2019 年と 2016 年Exchange Server一緒に実行されているサーバーなど)。

詳細情報

5012698 Microsoft Exchange Server 2019 および 2016 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2022

年 3 月 8 日5010324 Microsoft Exchange Server 2013 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2022 年 3 月 8 日 

解決方法

Microsoft Exchange Service Host のクラッシュの問題は、2022 年 5 月 10 日のセキュリティ更新プログラムで修正されています。

5014261 Microsoft Exchange Server 2019 および 2016 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2022

年 5 月 10 日5014260 Microsoft Exchange Server 2013 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2022 年 5 月 10 日 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×