関連トピック
×

リリース日:

2022/07/21

バージョン:

OS ビルド 17763.3232

7/12/22
2022 年 9 月 20 日以降、2019 LTSC エディションと Windows Server 2019 のオプションのセキュリティ以外のリリース ("C" またはプレビュー リリースと呼ばれます) はなくなりました。 2019 LTSC エディションと Windows Server 2019 では、累積的な月次セキュリティ更新プログラム ("B" または Update Tuesday リリースと呼ばれます) のみが継続されます。 

11/17/20
Windows Update の用語については、Windows 更新プログラムの種類と毎月の品質更新プログラムの種類 関する記事を参照してください。 Windows 10 Version 1809の概要については、更新履歴ページを参照してください。 

 ハイライト

  • 特定のトラブルシューティング ツールを開くことができない問題に対処します。

改善点

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主な変更は、次のとおりです。  

  • 特定のトラブルシューティング ツールを開くことができない問題に対処します。

  • コンテナーのポート マッピングの競合の原因となる問題に対処します。

  • コード整合性がファイルの変更後もファイルを信頼し続ける原因となる問題に対処します。

  • オンプレミスシナリオ用に Azure Multi-Factor Authentication (MFA) Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) (AD FS) アダプターの代替ログイン ID を構成するオプションを提供します。 必要に応じて、代替ログイン ID を無効にすることができます。 代替ログイン ID を無視するように Azure MFA ADFS アダプターを構成するには、次の PowerShell コマンドを実行します。

    • Set-AdfsAzureMfaTenant -TenantId '<TenandID>' -ClientId ' 981f26a1-7f43-403b-a875-f8b09b8cd720' -IgnoreAlternateLoginId $true

      ファーム内の各サーバーで ADFS サービスを再起動するには、 Restart-Service adfssrv PowerShell コマンドを使用します。 

      アダプター構成では、 IgnoreAlternateLoginId が上記のコマンドを使用して 明示的に$true に設定されている場合にのみ、代替ログイン ID が無視されます。 IgnoreAlternateLoginId を設定しない場合、または$falseに設定した場合、既定の動作が発生し、アダプターで代替ログオン ID 設定が使用されます。

  • リモート デスクトップ プロトコル (RDP) を高速再接続で使用し、ネットワーク レベル認証 (NLA) が無効になっている場合に、ロックアウト ポリシーを迅速にトリガーする問題に対処します。 この問題は、空白のパスワードで LogonUser() を呼び出すときに発生します。

  • ストレージ移行サービス (SMS) が多数の共有を持つサーバーのインベントリを完了できない問題に対処します。 システムは、Microsoft-Windows-StorageMigrationService/管理 チャネルでエラー イベント 2509 をログに記録します (ErrorId=-2146233088/ErrorMessage="無効なテーブル ID")。

  • Microsoft の重複除去ドライバーが大量の非ページ プール メモリを消費する原因となる問題に対処します。 その結果、コンピューター上のすべての物理メモリが枯渇し、サーバーの応答が停止します。

  • Microsoft Edge を使用して、エンタープライズ ユーザーが IE モードでサイトをオンデマンドで開くことができない問題に対処します。

  • 認証にスマート カードを使用するプリンターとスキャナーに 、RFC 4556 のセクション 3.2.1 に準拠するファームウェアが必要なセキュリティ強化の変更を適用します。 それらが準拠していない場合、Active Directory ドメイン コントローラーは認証を行いません。 非準拠デバイスの認証を許可した軽減策は、2022 年 8 月 9 日以降は存在しません。 この変更の詳細については、 KB5005408 を参照してください。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows 10 サービス スタック更新プログラム - 17763.3232

この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。 

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

KB4493509 をインストールした後、一部のアジア言語パックがインストールされているデバイスで、"0x800f0982 - PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND" というエラーが表示される場合があります。

  1. 最近追加した言語パックをアンインストールして再インストールします。 手順については、「Windows 10での入力と表示の言語設定の管理」を参照してください。

  2. [更新の確認] を選択し、2019 年 4 月の累積的な更新プログラムをインストールします。 手順については、「Windows 10の更新」を参照してください。

言語パックを再インストールしても問題が軽減されない場合は、次のように PC をリセットします。

  1. [設定] アプリの [回復] >移動します

  2. [この PC 回復をリセットする] オプションで [開始] を選択します。

  3. [ ファイルを保持する] を選択します

Microsoft は解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

KB5001342以降をインストールした後、クラスター ネットワーク ドライバーが見つからないため、クラスター サービスの起動に失敗する可能性があります。

この問題は、このサービスで使用される PnP クラス ドライバーが更新されたために発生します。  約 20 分後にデバイスを再起動でき、この問題は発生しません。
この問題の特定のエラー、原因、および回避策の詳細については、KB5003571 を参照してください。

32 ビット バージョンの Windows を実行しているデバイスにこの以降の更新プログラムをインストールした後、Microsoft Edge を開くことができない可能性があります。

この問題は、最新の Microsoft Edge Stable チャネル リリースバージョン 103.0.1264.62 で解決されました。 詳細については、 Stable Channel の Microsoft Edge リリース ノート を参照してください。 Microsoft Edge はバックグラウンドで更新する必要がありますが、待ちたくない場合は 、Microsoft Edge をダウンロード して、すぐに最新バージョンに更新できます。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) を最新の累積更新プログラム (LCU) と組み合わせて提供するようになりました。 SSU は、LCU のインストール中に潜在的な問題を軽減するために、更新プロセスの信頼性を向上させます。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」 と 「サービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」 を参照してください。

前提条件:

LCU をインストールする前に、2021 年 8 月 10 日の SSU (KB5005112) をインストールする必要があります。 

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update または Microsoft Update

はい

[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] に移動します。 [利用可能なオプションの更新プログラム] 領域に、更新プログラムをダウンロードしてインストールするためのリンクがあります。

ビジネス向け更新プログラム

いいえ

ありません。 これらの変更は、このチャネルに対する次回のセキュリティ更新プログラムに含まれる予定です。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスします。

Windows Server Update Services (WSUS)

いいえ

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。 手順については、Microsoft Update カタログを参照してください。

LCU を削除したい場合

SSU と LCU の統合パッケージをインストールした後に LCU を削除するには、DISM/Remove-Package コマンド ライン オプションに LCU パッケージ名を引数として指定します。 パッケージ名を調べるには、次のコマンドを使用します。DISM /online /get-packages

複合パッケージの /uninstall スイッチを使用して Windows Update スタンドアロン インストーラー (wusa.exe) を実行しても、複合パッケージに SSU が含まれているため動作しません。 インストール後に SSU をシステムから削除することはできません。

ファイル情報 

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラムの5015880のファイル情報をダウンロードします。

サービス スタック更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 SSU バージョン 17763.3232 のファイル情報をダウンロードします。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×