概要

この資料では、Microsoft.NET Framework 3.5.1 の 2966781 の修正プログラム ロールアップを説明します。この修正プログラム ロールアップでは、.NET Framework 3.5.1 のいくつかの問題を修正します。修正プログラムのロールアップで解決される問題の詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

この修正プログラム ロールアップでは、次のオペレーティング システムの利用可能です。

  • Windows 8.1 の場合

  • Windows Server 2012 R2

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムはマイクロソフトから現在入手可能です。ただし、それはこの資料に記載された問題のみを修正するものです。この特定の問題が発生したシステムにのみ適用してください。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するよう、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全なリストは、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support 注: 特別な場合では、まれに通常サポート コールの発生に料金 Microsoft Support 担当者は、特定の更新で問題が解決されると判断した。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象にはなりませんが、通常のサポート料金が適用されます。


必要条件


この修正プログラムを適用するには、.NET Framework 3.5.1 のインストールが必要です。

再起動の必要性

影響を受けるファイルを使用している場合にこの修正プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要があります。この修正プログラムを適用する前に、すべての.NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラム パッケージでは、以前にリリースされた修正プログラム パッケージは置き換えられません。



この修正プログラムのグローバル バージョンには、次の表に記載されているファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

すべての Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 で.NET Framework 3.5.1 の x86 ベースのバージョンをサポート

すべての Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の x64 ベース バージョンの.NET Framework 3.5.1 をサポートしました。

この修正プログラムのロールアップで解決される問題

問題 1

Microsoft.NET Framework 2.0 Service Pack 2 (SP2) を実行することを前提としています-ベースのアプリケーションまたは Microsoft.NET Framework の 3.5.1-based、ロシアの新しい通貨記号を取得するアプリケーションです。コンピューターのユーザー ロケールは、非ロシア語のロケールに設定されている場合、新しいロシアの記号は表示されません。

問題 2

Visual Studio 2012 の更新の 2 3.5.1-based の.NET Framework アプリケーションで、影響を受けるシステムを更新すると、次のエラー メッセージが表示されます。

Mscorlib.dll に型 'System.ExecutionEngineException' のハンドルされない例外が発生しました。


アセンブリ ローダーでアセンブリが検証されていないために、この問題が発生します。.NET Framework 内の依存関係を解決するにはいくつかのポリシーがいくつかのアセンブリの依存関係を正しく検証できないためにです。

問題 316 個を超えるプロセッサが搭載されているサーバーで.NET Framework 3.5.1 または Microsoft SharePoint 2010 ベースのアプリケーションを実行すると、高い CPU 使用率が発生します。プロセッサは、アプリケーションの作業負荷とは考えられない。

.NET Framework 3.5.1 は、大規模なマルチプロセッサ サーバーに最適化されていません。次の環境変数は、いくつかの CPU の負荷を減らすことがあります。ただし、すべてのアプリケーション ・ ワークロードは、完全に計上されるまで、アプリケーションのパフォーマンス特性を完全に理解するまでこれらの設定を適用しないことをお勧めします。

環境変数

説明

推奨される設定

COMPLUS_SpinLimitProcCap

実行時の計算に使用するプロセッサの数を設定します。既定値は、実際のプロセッサの数です。

2 から 8 までの値では。


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×