はじめに

マイクロソフト ダイナミクス CRM オンライン 9.1 のサービス更新プログラム 40 が利用可能になりました。この資料では、サービス更新プログラム 40 に含まれる修正プログラムと更新プログラムについて説明します。

バージョン番号とサービス更新プログラムの間のリンクを明確にするために、命名規則が変更されたことに注意してください。 たとえば、サービス更新プログラム40はバージョン番号40XX に対応します。場合によっては、サービス更新プログラムがキャンセルされ、関連するすべての修正が次のサービス更新プログラムにロールバックされるため、サービス更新番号が常に増え続けるとは限りません。

このリリースはグローバルに展開されるため、引き続き修正プログラムを追加し、バージョン番号が変更される可能性があります。 このリリースに追加された修正を引き続き文書化する場合は、この資料を定期的に確認してください。

詳細情報

パッケージの更新

バージョン番号

4 月 '19 サービス更新プログラム [40] マイクロソフト ダイナミクス 365 9.1

9.1.0.4050

組織でこの更新プログラムが適用されたかどうかを確認するには、Microsoft Dynamics CRM オンラインのバージョン番号を確認してください。右上隅の歯車アイコンをクリックし、[について]をクリックします。

修正ステートメントの最後に (*) は、この修復項目が複数のサービス更新プログラムリリースに組み込まれたことを示します。

サービス更新プログラム 40 は、次の問題を解決します。

予期しない動作

次の一覧では、意図したとおりに動作しない Dynamics で実行されたアクションを解決する問題について詳しく示します。

  • Datetime フィールドにカーソルを合わせると、ツールチップではなく 2 つのタイム ゾーンがツールチップに表示されます。

  • グリッド ダッシュボードのコマンドを使用して行われた変更は、ユーザーが手動でグリッドを更新するまで反映されません。

  • 環境で一部のナビゲーションが行われた後、レコードをサブグリッドから削除できませんでした。

  • グラフ ボタンは、読み取り専用の特権を持つユーザーに表示されていました。

修復された機能

次の一覧では、Dynamics で解決策が機能していない項目を修復する問題について詳しく説明します。

  • 電話エンティティのすぐに使用できないクイック フォームの [件名] フィールドに表示される間違ったラベル。

  • ユニファイド クライアントにカスタム ビューを追加できませんでした。

  • 更新すると、8.2 バージョン スタイルと 9.0 バージョン スタイルの一貫性のないハイブリッドを持つフォームが Web 上に表示されます。

  • ユニファイド クライアントで制御通知をクリアするオプションが機能しませんでした。

  • 添付ファイルを含むレコードが関連性検索結果に表示されなかった。

  • 場合によっては、ユーザーが iOS アプリを介して接続されている場合、ルックアップ コントロールから要素を選択すると、ページが空白の白い画面にクラッシュします。

  • 別の言語を選択した場合、カスタム エンティティはユニファイド クライアントで翻訳されませんでした。

  • ユーザーは、ユニファイド クライアントでグラフを作成するための追加のアクセス許可が必要でした。

  • さまざまな種類のレコードにアクセスできません。

  • フィルタ処理された編集可能なサブグリッド結果は、セル値の編集時に消えました。

  • 編集可能なグリッドでフィルターが使用されたときに[キャンセル]ボタンに表示される間違った文字。

  • Chrome ブラウザを使用している場合、クイック ビュー フォームでメールアドレスと電話番号をコピーできませんでした。

  • レコードの電子メールが、取引先レコードのルックアップ コントロールで解決しませんでした。

  • リボン アイコンが見つかりませんでした。

  • Dynamics 365 の予定タイム ゾーンが UTC に変更されました。

  • ルール項目のシーケンス番号を"1"以外の項目に変更すると、シーケンス番号が重複し、データが破損します。

  • マウスを使用して Optionset を選択した後、タブ キーを使用したときに、タブ 順序は次の CRM フォーム コントロールに移動する代わりに、別のコントロールにジャンプします。

  • Dynamics 365 の会議に添付されたファイルをダウンロードできませんでした。

  • Chrome ブラウザを使用している場合、クイック ビュー フォームでメールアドレスと電話番号をコピーできませんでした。

  • ヘブライ語言語パックを使用する場合、列が正しく配置されませんでした。

  • サーバー側同期 (SSS) を使用して同期された予定には改行が含まれていません。

  • 隠しフィールドのビジネス ルールは、ユニファイド クライアントでは機能しませんでした。

エラー メッセージ、例外、およびエラー

次の一覧では、エラー、未処理の例外、またはシステムまたはコンポーネントの障害を引き起こすアクションを解決する問題について詳しく示します。

  • ソリューションのインポートエラーは、電子メール エンティティがカスタマイズされた結果として発生しました。

  • ユニファイド クライアントで高度な検索を実行するときにエラーが発生しました。

  • 同期ワークフローを実行してビジネス プロセス フローを更新するときに、潜在顧客を見込みありと評価したり、営業案件を作成したりする際にエラーが発生しました。

  • コロン (:) から断続的なサーバー障害が発生しました。関数 URL の一部としてエンコードされていない文字。

  • プロパティを削除する処理中に、インスタンス プロパティ ジョブのコピーに失敗しました。

  • アクティビティ パッケージのインポートに失敗しました。

  • 複数のエンティティに影響を与えた複数のシナリオで SQL トレース エラーが発生しました。

  • 特定の特性を持つエンティティに対して RetrieveMulti 操作を実行するときに SQL エラーが発生しました。

リリースリストに戻る

リリースノートに関するフィードバックがある場合は、こちらからご意見をお寄せください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×