BizTalk Server 2013年の累積更新プログラム 2年のメッセージ ボックスのビューアーの更新プログラムがあります。

概要

Microsoft BizTalk Server 2013年累積更新プログラム 2年のメッセージ ボックスのビューアーの更新プログラムがあります。更新プログラムには、メッセージ ボックスのビューアーの以下の機能強化が含まれています。

  • 新しいトポロジ ダイアグラムを追加します。

  • 垂直方向または水平方向には、レポートのインデックスを表示できるように、新しいグローバル オプションを追加します。

  • BizTalk システムの情報 (たとえば、データベースのサイズ、キュー、SVC の場合、およびメッセージ ボックスのテーブルのサイズ) を表示する新しいダッシュ ボードのレポートを追加します。

  • 直接エントリを追加するカスタム アクションをメッセージ ボックスのビューアーとしての機能を追加します。

  • ・ サマリ ・ レポートとダッシュ ボードのレポートが作成されないようにする機能を追加 (警告レポートが生成されます)

  • 変更 HTML レンダリング メインのレポートのインデックスであり、Segoe フォントの水平方向のフレームを使用するためを使用します。

  • 2 つの純粋な SQL クエリを追加します。

  • 一時データベースに関する情報を取得するクエリを追加します。

  • サイズのチューニング変更がフラグメント化するクエリを追加します。

  • MsgFlow レポートの展開/折りたたみボタンを修正します。

  • トポロジー ・ レポートを展開/折りたたみの修正ボタン

  • その他のバグを修正します。


解決策

累積的な更新プログラムの情報

BizTalk Server 2013

BizTalk Server 2013年の累積的な更新プログラム パッケージ 2 では、これらの問題を解決する修正プログラムが含まれます。

詳細については、累積的な更新プログラム パッケージの入手については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックする方法。

2892599関数形式は、BizTalk Server 2013年のパッケージ 2 を更新します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×