Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

この記事では、次のクライアントのマルウェア対策プラットフォーム更新プログラム パッケージについて説明します。

  • Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager Endpoint Protection Service Pack 1 (SP1) クライアント

  • Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager Endpoint Protection クライアント

  • Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection Service Pack 2 (SP2) クライアント

  • Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection Service Pack 1 (SP1) クライアント

  • System Center Configuration Manager、現在のブランチ


これらのパッケージは、クライアント サービス、ドライバー、およびユーザー インターフェイス (UI) コンポーネントEndpoint Protection更新します。

Microsoft は、絶えず変化するマルウェア環境における保護、パフォーマンス、堅牢性、使いやすさの一貫性を保証するために、マルウェア対策プラットフォームの更新プログラムを定期的にリリースしています。 この更新プログラム パッケージは 2016 年 9 月の日付です。

更新プログラムの情報

このマルウェア対策プラットフォームの更新プログラムには、次の機能強化が含まれています。

  • Microsoft Active Protection Service (MAPS) と Cloud-protection 接続に対する Proxy Pac の使用のサポートが強化されました

    • MAPS の信頼性が向上し、プロキシの自動構成に対する MAPS のサポートが追加されました。 管理者は、ADMX グループ ポリシーでネットワーク グループ ポリシーに接続するためのプロキシ自動構成の定義 (.pac) 設定を設定することで、System Center Endpoint Protection (SCEP) またはWindows Defenderの MAPS レポートをSystem Center Endpoint Protectionプロキシ .pac ファイルの URL を構成できます。 この更新プログラムに含まれているオブジェクト。 このグループ ポリシー設定は、[コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント/Endpoint Protection] の下にあります。 管理者がこの設定を有効にすると、SCEP またはWindows Defenderは、指定されたプロキシ .pac ファイルをプロキシ構成に使用します。 それ以外の場合、管理者は無効にするか、空白のままにすることができます。

      注: 指定されたプロキシ .pac ファイルの想定される URL 形式は https:// example_server/example_file.pac です。

  • Microsoft マルウェア対策プラットフォームでは、マルウェア対策クライアントのネットワーク検出機能を強化するためのネットワークリアルタイム検査 (NRI) 機能が以前に導入されました。 既定では、既存のネットワーク検査システム機能は、システムに与える可能性のあるパフォーマンスへの影響が考えられるため、無効になりました。 これにより、投資の内部シフトが引き起こされ、NRI の機能と署名のみに焦点が当てられます。 5 年以上アクティブな NIS 署名がないため、この更新プログラムでは、NIS の機能と制御画面がEndpoint Protectionから削除されます。


この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。

Microsoft Update

スタンドアロン System Center 2012 R2 クライアントと System Center 2012 クライアントのマルウェア対策プラットフォームの更新プログラムは、Microsoft Update から入手できます。

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

注: この更新プログラム パッケージをインストールする前に、Configuration Manager管理コンソールを閉じることをお勧めします。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、次の更新プログラムに置き換えられます。

3153224 Endpoint Protection クライアントのマルウェア対策プラットフォーム更新プログラムを 2016 年 3 月に改訂しました

バージョン情報

この更新プログラムにより、マルウェア対策クライアント のバージョンは 4.10.205.0 になります。 バージョン情報を確認するには、Endpoint Protection クライアント ユーザー インターフェイスの [ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックします。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版には、次の表に示すファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) があります。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時 (UTC) で記載されています。 ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。 UTC とローカル時刻の違いを見つけるには、コントロール パネルの [日付と時刻] 項目の [タイム ゾーン] タブを使用します。

File name

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

Time

Platform

Scepinstall.exe

4.10.205.0

29,945,488

2016 年 8 月 31 日

02:46

x86

詳細情報

ネットワークに接続するためのプロキシ自動構成 (.pac) を定義する

このポリシー設定では、クライアントが定義の更新と MAPS レポートのためにネットワークに接続しようとしたときに使用するプロキシ .pac ファイルの URL を定義します。 プロキシの自動構成が失敗した場合、またはプロキシの自動構成が指定されていない場合、クライアントは代替オプションにフォールバックします (次の順序で)。

  1. プロキシ サーバー (指定されている場合)

  2. プロキシ .pac URL (指定されている場合)

  3. なし

  4. Internet Explorer プロキシ設定

  5. 自動 検出


この設定を有効にした場合、プロキシ設定では、指定した順序に従って、指定されたプロキシ .pac ファイルが使用されます。

この設定を無効にした場合、または構成しない場合、プロキシは指定した順序に従ってこのフォールバック 手順をスキップします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×