Exchange 内のリソースは、会議出席依頼に返信しません。

現象

予約のリソースを使用して、Microsoft Outlook を使用して会議室などのリソースをスケジュールするときに、リソースの予約が失敗したときに次の動作をことがあります。

  • リソースは自動的に会議出席依頼に応答しません。

  • リソースは、会議出席依頼に正しく応答しません。

  • リソースでは、重複した予約は。

原因

不適切なメールボックス、予定表の構成、またはメール フローの設定のリソース メールボックスに問題が発生します。

解決方法

次の手順では、リソース メールボックスが正しく構成されているかどうかを判断すると、Microsoft Exchange 管理シェルや Outlook Web Access によって確認する設定について説明します。作業を開始する前に、メモリの空き領域の設定とそれを比較するがあります。  

次の手順では、リソース メールボックスが正しく構成されているかどうかを判断すると、Microsoft Exchange 管理シェルや Outlook Web Access によって確認する設定について説明します。 作業を開始する前に、メモリの空き領域の設定とそれを比較するがあります。

  • 次のコマンドを使用してメールボックスの構成を確認します。

    get-mailbox <Identity>| fl ResourceType,RecipientType,RecipientTypeDetails,IsLinked,LinkedMasterAccount,IsShared

    出力は次のようになります。

    ResourceType : Room
    RecipientType : UserMailbox
    RecipientTypeDetails : RoomMailbox
    IsLinked : False
    LinkedMasterAccount : NT AUTHORITY\SELF
    IsShared : False

     

  • 使っている場合、メールボックスを会議室メールボックスに変換するのには、次のコマンドを使用します。詳細については「メールボックスを変換します。.

    Set-Mailbox <Identity> -Type Room

     

  • カレンダー アテンダント (これは、予定表を更新するには) と (これは、要求に対してポリシーを評価するには)、リソース予約アテンダントを有効にするために、自動承諾するメールボックスが構成されていることを確認します。更新が必要な場合です。詳細については「

  • Get-CalendarProcessing <Identity> | fl AutomateProcessing
    
    Set-CalendarProcessing <Identity> -AutomateProcessing AutoAccept

    この設定を更新した後、シナリオを再実行してくださいし、問題が解決しないかどうかを参照してください。 場合、次の手順を続行します。

  • これらは、いくつかの参照の既定の設定です。 ユーザーがこれらのリソースを予約する方法を変更するのにはそれらを更新します。 これは、PowerShell または (設定)] の下の OWA を使用して実行できます。

    AllowConflicts : False
    BookingWindowInDays : 180
    MaximumDurationInMinutes : 1440
    AllowRecurringMeetings : True
    EnforceSchedulingHorizon : True
    ScheduleOnlyDuringWorkHours : False
    ConflictPercentageAllowed : 0
    MaximumConflictInstances : 0
    ForwardRequestsToDelegates : True
    DeleteAttachments : True
    DeleteComments : True
    RemovePrivateProperty : True
    DeleteSubject : True
    AddOrganizerToSubject : True
    DeleteNonCalendarItems : True
    TentativePendingApproval : True
    EnableResponseDetails : True
    OrganizerInfo : True
    ResourceDelegates : {}
    RequestOutOfPolicy : {}
    AllRequestOutOfPolicy : False
    BookInPolicy : {}
    AllBookInPolicy : True
    RequestInPolicy : {}
    AllRequestInPolicy : False
    AddAdditionalResponse : False
    AdditionalResponse :
    RemoveOldMeetingMessages : True
    AddNewRequestsTentatively : True
    ProcessExternalMeetingMessages : False
    RemoveForwardedMeetingNotifications : False

     

  • 具体的に確認するポリシーの属性は、次実行します。

    Get-CalendarProcessing <Identity> | fl *policy*,ResourceDelegates, ForwardRequestsToDelegates
    
    
    RequestOutOfPolicy : {}
    AllRequestOutOfPolicy : False
    BookInPolicy : {}
    AllBookInPolicy : True
    RequestInPolicy : {}
    AllRequestInPolicy : False
    ResourceDelegates : {}
    ForwardRequestsToDelegates : True

    それらについては、ここで詳しく説明します。

    AllRequestOutOfPolicy:で既定では、これはfalseに設定しない条件を満たす部屋の会議が予約されないようにします。としてユーザーを追加することができます、例外を許可する場合は、RequestOutOfPolicy をコンマ区切りのリスト、.のポリシーに反しているにもかかわらず予約することになりますこの設定が変更された場合に true の場合、ポリシーの会議を予約できるすべてのユーザーです。

    AllBookInPolicy:既定では、これがtrueに設定帳ミーティング ルームの条件を満たすすべてのユーザーの要求が承認されるようにします。設定をfalseに変更することができ、として承認されたユーザーを追加することができますこれを一連のユーザーにロックする必要がある場合、BookInPolicyをカンマで区切って指定します。これらのユーザーによって要求を自動的に承認されます。

    AllRequestInPolicy:既定では、これがfalseに設定し、requsts は、 ResourceDelegatesによる承認が必要です。ユーザーのリストを追加することができますRequestInPolicy必要な場合.

    ResourceDelegates:を承認またはリソース メールボックスに送信される要求を拒否するユーザーのコンマ区切りのリストを指定します。

    ForwardRequestsToDelegates:承認する必要がある要求が送信されるとき、これらの要求に対してアクションを実行するのにはResourceDelegatesに送信されるようにを true に設定が既定ではこれ.

  • Exchange 管理シェルでこれらの設定を変更するには、次のコマンドを実行します。

    Set-CalendarProcessing <Identity> -<Property> <Value>

    からの重要な例、セット CalendarProcessingTechNet の資料です。承認の電子メールを有効にするには、 AllBookInPolicyは false を指定する必要があります。

    この例では、ポリシーで要求を送信するすべてのユーザーが、要求は、指定したデリゲートのいずれかによって承認される可能性があります。

    Set-CalendarProcessing -Identity "5th Floor Conference Room" -AutomateProcessing AutoAccept -AllRequestInPolicy $true -AllBookInPolicy $false -ResourceDelegates "chris@contoso.com",

    michelle@contoso.com

    メモ競合の詳細については、次の資料を参照してください。 https://blogs.technet.microsoft.com/exchange/2011/02/07/automatic-processing-of-recurring-meeting-requests-with-conflicting-instances/

  • 、OWA でこれらの設定を変更するのには sメールボックスへの署名オプション] メニューをクリック

    リソースの設定

    リソース メールボックスにフル メールボックス アクセス許可を持つユーザーによってこれらの設定を管理することができます。これらの設定は、Exchange 管理シェルを使用して変更できる設定のほとんどの場合と同じです。

    リソースのスケジューリング オプション

    会議出席依頼およびキャンセルを自動処理: 自動処理が可能です。

    無効にするアラーム: リソース メールボックスで会議のアラームは保持はされません。 日数の最大数: 予約ウィンドウを使用します。 終了日がこの制限を超える場合は常に辞退: 終了日が予約ウィンドウを超える場合に、定期的な会議を辞退したかどうかを示します。 分の許容最大値: 各会議の最大の長さを指定します。 勤務時間中にのみスケジュール設定を許可する: 作業時間の後にスケジュールされている会議を拒否します。 競合を許可する: 複数の予定表アイテムを同時に確保できます。 定期的な会議を許可する: の定期的な会議をスケジュールすることができます。 この数は、重複を許可する: 競合の最大数を指定します。 個々 の競合の割合の最大値を許可する: 定期的な会議の競合率のしきい値を設定します。注意このブログの投稿を AllowConflicts と ConflictPercentageAllowed をさらに詳しくについて説明します。https://blogs.technet.microsoft.com/exchange/2011/02/07/automatic-processing-of-recurring-meeting-requests-with-conflicting-instances/リソースのスケジューリング アクセス許可ポリシーで予約: このオプションで定義されているすべてのユーザーが会議をスケジュールに自動的にします。 ポリシーで要求する: このオプションで定義されているすべてのユーザーはメールボックスのリソースが利用できる場合でも手動の承認を待つ必要があります。 ポリシーを要求する: これらのユーザーが自動的にリソースをスケジュールして、リソース メールボックスがある場合。リソースが使用できない場合は、要求されている会議を手動で承認する必要があります。ただし、要求は自動的に拒否しません。 権限がありません: この例では、要求がこれらのグループのいずれかに適合しないし、要求は自動的に辞退します。リソースが使用できない場合は、要求を拒否すると、その唯一の例外は、要求のポリシー設定のユーザーに注意します。 リソースの委任: すべてのユーザーは、リソース メールボックスの代理人と承認またはスケジュール要求を拒否します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×