Exchange Server 2010 環境で Outlook を使用して .pst ファイルに空のフォルダーを削除することはできません。

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • Microsoft Exchange Server 2010 環境では、新しいメールボックスを作成します。

  • メールボックス内には、空のフォルダーを作成します。

  • メールボックスを個人用フォルダー (.pst) ファイルにエクスポートするのには新規 MailboxExportRequestコマンドレットを実行するとします。

  • Microsoft Outlook を使用して .pst ファイルを開きます。

  • メールボックス内の空のフォルダーを削除しようとするとします。

このとき、次のエラー メッセージが表示されます。

このフォルダーを削除することはできません。 フォルダーを右クリックし、フォルダーのアクセス許可を確認するプロパティ] をクリックします。 フォルダーの所有者または管理者のアクセス許可を変更するのにを参照してください。

原因

新規 MailboxExportRequestコマンドレットを実行すると、次の MAPI プロパティが空のフォルダーに作成されないために、この問題が発生します。

  • PR_SUBFOLDERS

  • PR_CONTENT_COUNT

  • PR_CONTENT_UNREAD

これらのプロパティがない場合は、空のフォルダーを削除できません。

解決方法

この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。

Exchange Server 2010 サービス パック 2 の更新プログラムのロールアップ 3 の説明

回避策

この問題を回避するには、.pst ファイルに対して、受信トレイ修復ツール (Scanpst.exe) を実行します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

新規 MailboxExportRequestコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

検索し、Outlook の受信トレイ修復ツールを実行する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

検索し、Outlook の受信トレイ修復ツールを実行する方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×