Exchange Server 2013 の累積的な更新プログラム 7

注意事項

この更新プログラムは使用できなくなりました。この資料に記載されている問題を解決するには、次のマイクロソフト ドキュメント資料から最新の Microsoft Exchange Server 更新プログラムをインストールします。

Exchange Server のビルド番号とリリース日

マイクロソフトでは、Exchange Server の累積的な更新プログラム (CU) の N-2 バージョンのダウンロード ファイルのみを提供しています。最新の CU を使用して、Exchange Server を実行しているサーバーを回復できます。これには、以前の CU がインストールされているサーバが含まれます。

概要

2014 年 12 月 9 日にリリースされた Microsoft Exchange Server 2013 の累積的な更新プログラム 7。この累積的な更新プログラムは、セキュリティの問題セキュリティ以外の問題の一覧を解決します。

累積的な更新プログラムで解決される問題

この更新プログラムに記載されているセキュリティの問題を解決します。さらに、この更新プログラムは、次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている問題も解決します。

  • ロシアのタイム ゾーンでの Exchange Server 会議とタイム ゾーンの名前が正しくない 2014 年 10 月 26 日以降

  • 新しいメールボックスのインポート要求は、ロシア語の ANSI 形式の .pst ファイルをインポートするときに読み取り不可能な文字を引き起こす

  • 予定表処理コマンドレットは、Exchange Server 2013 のユニバーサル セキュリティ グループへの代理人のアクセス許可を生成しません。

  • Outlook の送信済みアイテム フォルダーに対する高度な検索は、Exchange Server 2013 で結果を返しません。

  • Outlook Web App は、Exchange Server 2013 のユーザー ABP の範囲を超えて連絡先カードの組織の詳細を表示します。

  • 複数のドメインを持つ Exchange Server 2013 環境で Outlook で共有メールボックスを開くことができない

  • Exchange Server 2013 の組織フォーム ライブラリからフォームを編集または削除できません。

  • Exchange 管理コンソールにログオンしようとしているユーザーが代わりに OWA にログインする

  • 移動要求は、Exchange Server 2013 で [から除外された準備] オプションが true の場合に失敗します。

  • Exchange Server 2013 累積的な更新プログラム 5 は、Exchange オンラインから Exchange Server 2007 への空き時間情報の参照を中断します。

  • トランスポート ルールの拒否メッセージの理由テキストは、Exchange Server 2013 の DSN のユーザー セクションに表示されます。

  • 配布グループは、Exchange Server 2013 環境でメールが有効なパブリック フォルダーに電子メール メッセージを送信できません。

  • フォレスト間のメールボックスを Exchange Server 2007 から Exchange Server 2013 に移動し、完了したWithWarningWarnings の状態で終了します。

  • RemoteLegacy パラメーターを使用した新しい MoveRequest コマンドレットは、フォレスト間のメールボックスの移動を実行できません。

  • 追加-AD アクセス許可と削除 AD アクセス許可は、Exchange Server 2013 の管理スコープの外で実行できます。

  • Exchange 2013 から Exchange 2010 にプロキシすると、Exchange コントロール パネルがクラッシュします。

  • Exchange Server 2013 で複数ドメイン環境でメールボックスを移行できない

  • パッシブ ノードのコンテンツ インデックス再試行キューサイズの値は、Exchange Server 2013 累積的な更新プログラム 6 でゼロにドロップしません。

  • Exchange Server 2013 で新しい電子メールまたは予定表の通知を受信すると、Outlook Web App でサウンドの警告が機能しません。

  • イベント ID 4999 および 4401 は、Exchange Server 2013 で Exchange レプリケーション サービスがクラッシュしたとき

  • 「550 5.7.1」EXCHANGE Server 2013 ハイブリッド環境で外部受信者にメッセージを送信すると NDR

  • Exchange Server 2013 の累積的な更新プログラム 6 にアップグレードした後、オンライン アーカイブ メールボックスを表示できません。

  • 削除済みアイテム フォルダーの下のサブフォルダーは、Exchange Server 2013 環境の Outlook で表示されません。

  • Exchange 2013 CU6 にアップグレードした後、Exchange 2007 メールボックスに ActiveSync トラフィックをルーティングできません。

  • Exchange オンライン メールボックスは、Exchange Server 2013 CU6 を展開した後、EAC を使用して管理することはできません。

  • Exchange Server 2013 データベースが Exchange Server 2007 との共存環境で予期せずフェールオーバーする

  • .flt ファイルが Exchange Server 2013 で 2 GB を超える場合、OAB を再構築できません。

  • パブリック フォルダー移動要求は、Exchange Server 2013 の各ユーザーのターゲット メールボックス内のすべての読み取り状態または未読状態を削除します。

  • リソース予約アシスタントは、Exchange Server 2013 の累積的な更新プログラム 5 にアップグレードした後にクラッシュします。

  • Outlook のアイテムのカテゴリ設定は、Exchange Server 2013 環境で一覧の一番上に選択をジャンプします。

  • MAPI 仮想ディレクトリが既定の Web サイト ノードにありません

この更新プログラムには、Exchange Server 2013 の新しい夏時間 (DST) の更新プログラムも含まれています。DST の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

詳細情報

Exchange Server 2013 の展開の詳細については、「 」を参照してください。Exchange Server 2013 および以前のバージョンの Exchange Server が同じ環境で共存する方法の詳細については、「 」を参照してください。その他の Exchange 更新プログラムの詳細については、「 」を参照してください。

関連情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用するを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×