この更新プログラムには、Exchange Server 2019 の新しい夏時間 (DST) 更新プログラムも含まれています。 DST の詳細については、「Daylight Saving Time Help and Support Center」(英語情報) を参照してください。

この累積的な更新プログラムの既知の問題

  • セットアップで Exchange がインストールされているか、または/Dns ドメインオプションを使用して事前に準備されているマルチドメイン Active Directory フォレストでは、この累積的な更新プログラムの/PrepareADコマンドが完了し、変更がすべてのドメインに複製された後に、この操作を完了する必要があります。 セットアップでは、最初のサーバーインストール中に/PrepareADコマンドを実行します。 インストールは、セットアップを開始したユーザーが適切な権限を持っている場合にのみ終了します。 注意事項

    • Exchange server 2019 の累積的な更新プログラム2または exchange server 2019 の累積更新プログラムの累積更新プログラムを exchange server 2019にアップグレードする場合、 /PrepareADまたは/dns ドメインを実行する必要はありません。 追加の操作 (prepareAD、[ドメインの設定]、または [権限の割り当て]) は必須ではありません。

    • 累積更新プログラムをスキップする場合 (たとえば、Exchange Server 2019 の累積的な更新プログラム2の前のバージョンからアップグレードする場合)、または AD で Exchange Server を初めてインストールする場合は、この既知の問題のセクションをご利用ください。

      • マルチドメインの/dns ドメイン操作について: /dns ドメイン操作は、 /PrepareADコマンドが実行されている Active Directory ドメインで自動的に実行されます。ただし、フォレスト内の他のドメインを更新できない場合があります。したがって、ドメイン管理者は、/PrepareDomainフォレスト内の他のドメインのドメインを選びます。

      • 権限に関する質問について: /PrepareADがセットアップでトリガーされたため、セットアップを開始したユーザーがスキーマ管理者およびエンタープライズ管理者のメンバーでない場合、準備チェックは失敗し、次のエラーメッセージが表示されます。 このエラーを回避するには、ユーザーがスキーマ管理者およびエンタープライズ管理者グループに参加するか、またはスキーマ管理者とエンタープライズ管理者グループの別のユーザーがこの累積的な更新プログラムの/PrepareADを手動で実行する必要があります。 次に、Exchange 管理者ユーザーがセットアップを開始できます。

    • Exchange Server 2019 の累積更新プログラム3をインストールした後に、自動検出イベント ID 1 が発生します。 詳細については、「 KB 4532190」を参照してください。

この累積的な更新プログラムで修正される問題

この累積的な更新プログラムを適用することにより、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されている問題も修正されます。

  • 4552472Exchange Server 2019 のサイジング電卓バージョン10.4 が利用可能

  • 4536552Export-ModernPublicFolderStatistics が Exchange Server 2019 で動作しない

  • 4538303Windows ビルド1909および1903での CU4 での .NET 4.8 フレームワークの Exchange 2019 セットアップの前提条件の確認に失敗します。

  • 4547705Exchange Server 2019 での msft.sts.microsoft.com/adfs と OWA 間の認証ループ

  • 4547706Exchange Server 2019 で、誕生日が iOS のネイティブメールアプリと正しく同期されない

  • 4547708Exchange Server 2019 で Active Directory 権限ロールが付与されている場合に可能な権限の昇格

  • 4547709InternetWebProxyBypassList は Exchange Server 2019 のメールボックスレプリケーションサービスによって無視されます。

  • 4547710Exchange Server 2019 で値を追加した場合に、インプレースホールドが有効になっているインプレースホールドを使用すると、msExchUserHoldPolicies のすべての値が置き換えられます。

  • 4547711Exchange Server 2019 ハイブリッド環境の Outlook からパブリックフォルダーのアクセス許可が適用されない

  • 4547712Outlook on the web (OWA) Exchange Server 2019 の Owamのポリシーで無効になっている場合でも、迷惑メール操作を公開する

  • 4547713IsOnlineMeeting は、Exchange Server 2019 の Teams のみの会議では常に false です。

  • 4547714Exchange Server 2019 ハイブリッド環境で、ECP を使ってリモート共有メールボックスを配布グループに追加できない

  • 4547715Exchange Server 2019 で新規作成された検索フォルダーアイテム保持ポリシーが変更される

  • 4547719MCDB status は "Offline" で、SSDs は Exchange Server 2019 では書式設定されません。

  • 4547720Exchange Server 2019 の Outlook online モードでメールボックスの一部の単語検索が機能しない

  • 4547721Exchange のサイズ変更ツールでも、Exchange Server 2019 の 2 TB を超える que データベースがサポートされています。

  • 4547722Chrome SameSite Cookie が有効になっている場合、exchange Server 2019 Exchange 管理センター (EAC) で Office 365 から Enterprise に移行できない

  • 4547723Exchange Server 2019 で Chrome SameSite Cookie を有効にしてハイブリッドを構成すると、Office 365 にサインインできない

  • 4536987Microsoft Exchange Server のセキュリティ更新プログラムについて 2019: 2020 年2月11日

  • 4540123Microsoft Exchange Server のセキュリティ更新プログラムについて 2019: 2020 年3月10日

Exchange Server 2019 の累積更新プログラム5を入手する

ボリュームライセンスセンター

Exchange Server 2019 の累積更新プログラム5の入手方法については、「 Microsoft ボリュームライセンスセンター」を参照してください。

注:  累積的な更新プログラム5パッケージを使用して、Exchange Server 2019 の新しいインストールを実行したり、既存の Exchange Server 2019 インストールを累積更新プログラム5にアップグレードしたりすることができます。

ファイル情報

ファイル ハッシュ情報

ファイル名

SHA1 ハッシュ

SHA256 ハッシュ

ExchangeServer2019-x64-cu5.iso

21538ADD9C686D780475475FCDE0D03BA5ED3C39

CB1D5215285FD8121AA074AC7189E871EA28EEBF9161060BF7FCBA35F74F6EA1

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×