Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 のポータルにアクセスすると、間欠的な HTTP 500 エラー コードが発生します。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

Microsoft Forefront 統合アクセス ゲートウェイ (UAG) 2010 を実行しているサーバーからの断続的なエラーがあります。これらのエラーは通常、ログオン プロセス中に発生して、HTTP 500 エラー コードが表示される場合があります。ただし、HTTP 400 エラー コードまたはエラー コードの Forefront UAG 152 が表示される場合があります。この問題は、Forefront UAG サーバーの高負荷条件で頻繁に発生します。

Forefront UAG でトレースを実行する場合は、トレースに以下のような暗号化または復号化のエラーに発生します。

[whlsecurityutilities CSSOHelpers::Decrypt SSOHelpers.cpp@524]エラー: CryptoKey::Decrypt() BCryptDecrypt2 ステータス [-1073741762]
[whlsecurityutilities CSignatureHandler::RemoveSignature SignatureHandler.cpp@233]エラー: CSSOHelpers::Decrypt が失敗しました。

原因

この問題は、Forefront UAG を使用して暗号化し、署名プロセスのホスト アドレス変換 (ハット)の一部として文字列を復号化する暗号化キーの構造内の共有メモリ バッファーの破損が発生したために発生します。

解決策

この問題を解決するには、Microsoft Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 のサービス パック 4をインストールします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

用語使用すると、ソフトウェア更新プログラムを記述するを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×