IPhone または iPad 上の Office アプリでダークモードを使うと、自分の目に見やすい新しい外観になり、仕事に集中することができます。

デバイスをダークモードに設定すると、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、OneDrive は、自動的にダークモードでも表示されます。

注: ダークモードを使用するには、iPhone または iPad が iOS 13 以降を実行している必要があります (Word、Excel、PowerPoint、OneNote、OneDrive に必要です)。 IPhone または iPad で更新プログラムを確認するには、[設定] > General >ソフトウェアの更新] の順に移動します。 

IPhone または iPad でダークモードを有効にするには、次の操作を行います。

  1. 設定アプリを開く

  2. [ & の明るさ

    を表示] をタップ 設定アプリの "& 輝度の表示" 行


  3. 濃色
    & の明るさ > 外観 > ダークの設定 > 表示のスクリーンショットを選択する

IPhone または iPad でダークモードを無効にするには、次の操作を行います。

  1. 設定アプリを開く

  2. [ディスプレイ & の明るさ] をタップする

  3. ライトを選ぶ

Outlook のダークモード

Outlook がダークモードになっている場合、メッセージの背景は黒 (白ではなく) になります。 必要に応じて、常に淡色表示を使うように Outlook を設定することができます。

  1. Outlook で、[設定>表示] に移動します。

  2. ライトを選ぶ

同様に、iPhone または iPad の設定に関係なく、Outlook を常にダークモードで使用する場合は、[濃色] を選びます。 Outlook でデバイスの設定が自動的に実行されるようにする場合は、[システムの既定値] を選択します。

関連項目

Outlook のダークモード 

Outlook.com および Outlook on the web のダークモード

テーマを使用して Office の外観を変更する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×