KB2950069-FIX: 廃止された機能データベースの互換性レベル110の機能 ID を、SQL Server 2014 の275に変更します。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

廃止された機能データベースの互換性レベル 110は、Microsoft SQL Server 2014 で一意の外部機能 ID を持つ必要があります。 ただし、廃止された別の機能sp_control_dbmasterkey_password には、同じ外部機能 ID があります。

原因

この問題は、外部機能 ID "274" が、ストアドプロシージャsp_control_dbmasterkey_passwordの別の廃止された機能に既に割り当てられているために発生します。 そのため、同じ ID "274" には2つの機能が割り当てられています。 この修正プログラムは、データベースの互換性レベル 110を、一意の新しい機能 ID 番号 "275" に再割り当てして、重複した ID 番号を解決します。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

機能 Id は、廃止されたお知らせや廃止されたFinal Supportイベントクラスを含むトレースを実行するときに、 objectID列で示されます。 Id は、特定の SQL Server で廃止された機能が使用されていることを測定するのに役立ちます。 詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

SQL Server 2014 で廃止されたデータベースエンジンの機能

廃止お知らせイベントクラス

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×