KB3035071-FIX: "database_name を使う" または "Stored_Procedure_name の実行" コマンドを含むクエリを実行するとエラーが発生する

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

Microsoft SQL Server 2014 Management Studio (SSMS) を使用し、Azure SQL データベースに接続することを前提としています。 このコマンドを実行すると、ストアドプロシージャの右クリックのショートカットメニューから Stored_Procedure_name が実行されます。 [表示] ダイアログウィンドウでフィールドに入力して [OK]をクリックすると、次のエラーメッセージが表示されます。

メッセージ40508、レベル16、状態1、行 1 USE statement は、データベースの切り替えにはサポートされていません。 別のデータベースに接続するには、新しい接続を使用します。Msg 2812、レベル16、状態62、行6で、ストアドプロシージャ ' Execute Stored_Procedure_name ' が見つかりませんでした。

原因

この問題は、Azure SQL データベースが "use" コマンドをサポートしていないために発生します。

解決方法

累積的な更新情報

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

回避策

この問題を回避するには、[SSMS データベース] ドロップダウンリストで適切なデータベースを選択してから、ストアドプロシージャを実行します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×