現象

Microsoft SQL Server 2014 では、バッファープール拡張機能をソリッドステートドライブ (Ssd) に構成することを前提としています。 次に、バッファープール拡張ファイルにページを書き込みます。 この状況では、発生しないスケジューラの問題が発生したため、SQL Server 2014 でいくつかのパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。 さらに、ダンプファイルも生成されます。

解決方法

Service pack の情報

この問題を解決するには、SQL Server 2014 の Service Pack 1 を取得し、SQL Server アカウントに SE_MANAGE_VOLUME_NAME 権限があることを確認します。

SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) の詳細については、「 Sql server 2014 Service pack 1 で修正されたバグ」を参照してください。

詳細情報

原因

SQL Server 2014 には、バッファプール拡張機能として、バッファープールを物理メモリから Ssd に拡張する機能が追加されています。 任意の SSD でバッファープール拡張ファイルを作成して、バッファープールの容量を増やし、パフォーマンスを向上させることができます。バッファープール拡張機能のファイルが作成されると、そのファイル内の領域が使用済みとしてマークされません。 そのため、ファイルの既存の論理終了を超えたオフセットで、このファイルに非同期書き込みが行われると、Windows は非同期書き込み操作の完了に時間がかかります。これは、既存の論理端のゼロを含むファイルを新しい論理端に入力するためです。 これにより、停止しているクエリの原因となる可能性のある、対象外のタスクが発生します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×