KB3170113-3170113-SQL Server 2014 SP2 のプランの XML および拡張イベントでの、演算子単位のクエリ実行の統計情報の公開

クエリのパフォーマンスのトラブルシューティングには、実際の行数などの演算子ごとのクエリ実行の統計情報を収集することが非常に重要です。 Microsoft SQL Server では、この情報は実際の実行プランで利用できます。 SQL Server 2014 SP2 と SQL Server 2016 では、実際の実行の showplan XML が拡張され、経過時間、CPU 時間、論理/物理読み取り (該当する場合) などの情報を含め、 RunTimeCountersPerThread 要素で実行統計情報をさらに追加します。ただし、実際の実行プランの収集は、負荷の高い操作です。 クエリの実行に対するパフォーマンスの低下を回避するために、SQL Server 2014 SP2 で新しい拡張イベント query_thread_profile が追加されました。 このイベントは、クエリの実行が終了したときに、各クエリプランの演算子と実行スレッドに対してトリガーされます。 Node_idの属性を使用して、この情報をクエリプランに関連付けることができます。これは、プランハンドルやSys.dm_exec_query_plan動的管理機能を使って、クエリプランキャッシュから取得できます。 query_thread_profileの拡張イベントを有効にすることによるパフォーマンスへの影響は、 query_post_execution_showplanの拡張イベントを有効にすることによる影響よりも大きくなります。

新機能の入手方法

Service pack の情報

Service pack 2 FOR Sql server 2014sql server service Packの service pack について累積したものです。 Service Pack は累積的であり、 最新の Service Pack には新しい修正プログラムと共に、それ以前の Service Pack に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。 このサービスパックの最新の service pack と最新の累積的な更新プログラムを適用することをお勧めします。 最新の service pack をインストールする前に、以前のサービスパックをインストールする必要はありません。 最新の service pack と最新の累積的な更新プログラムの詳細については、次の記事の表1を参照してください。SQL Server とそのコンポーネントのバージョン、エディション、および更新プログラムのレベルを確認する方法

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×