Microsoft Teams で 2019 年と 2016 年 2 月 2 日に自動検出 v2 がサイトに対応Exchange Server表示できない

現象

Microsoft Teams を使用して予定表にアクセスしようとするときに、正しくない EWS URL によって引き起こされたパフォーマンスの問題が発生し、エラーがランダムに発生する可能性があります。

原因

自動検出 v2 は Microsoft Exchange Server 2019 および Exchange Server 2016 ではサイトを認識しないので、メールボックスと同じ Active Directory サイトにあるエンドポイントの URL を常に報告するとは限らない。 ハイブリッド モードの Microsoft Teams カレンダーでは、自動検出 v2 が使用されています。この場合、Microsoft Teams は予定表をランダムに表示できません。

解決方法

この問題を解決するには、次のいずれかの更新プログラムをインストールします。

Exchange Server 2019 の場合は、Exchange Server 2019の累積的な更新プログラム 9 以降の Exchange Server 2019 をインストールします。

Exchange Server 2016 の場合は、Exchange Server 2016の累積的な更新プログラム 20 以降の Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラムをインストールします。

関連情報

Microsoft がソフトウェア 更新プログラム について説明するために使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×