重要: この定期的にスケジュールされる累積的な更新プログラムには、3 月のセキュリティ更新プログラムと他の以前のセキュリティ更新プログラムのすべてのセキュリティ修正プログラムが含まれています。

この更新プログラムには、Exchange Server 2016 用の新しい夏時間 (DST) の更新プログラムも含まれています。 DST の詳細については、夏時間のヘルプとサポートセンターを参照してください

この累積的な更新プログラムの既知の問題

  • Exchange がインストールされているマルチドメイン Active Directory フォレスト、またはセットアップで /PrepareDomain オプションを使用して以前に準備したマルチドメイン Active Directory フォレストでは、この累積的な更新プログラムの /PrepareAD コマンドが完了し、すべてのドメインに変更が複製された後に、このアクションを完了する必要があります。 セットアップでは、最初のサーバーインストール 時に /PrepareAD コマンドが実行されます。 インストールは、セットアップを開始したユーザーに適切なアクセス許可がある場合にのみ完了します。

    • マルチドメインでの /PrepareDomain 操作について:

      /PrepareDomain 操作は 、/PrepareADコマンドが実行される Active Directory ドメインで自動的に実行されます。 ただし、フォレスト内の他のドメインを更新できない場合があります。 そのため、ドメイン管理者は、フォレスト内の他のドメインで /PrepareDomain を実行する必要があります。

    • アクセス許可に関する質問について:

      /PrepareADはセットアップでトリガーされるので、セットアップを開始するユーザーがスキーマ管理者とエンタープライズ管理者のメンバーではない場合、準備チェックは失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

      エラー 1:

      Active Directory スキーマは最新の状態で、このユーザー アカウントは "スキーマ管理者" グループまたは "エンタープライズ管理者" グループのメンバーではない。 詳細については 、http://technet.microsoft.com/library(EXCHG.150)/ms.exch.setipreadiness.SchemaUpdateRequired.aspxを参照してください。


      エラー 2:

      グローバル更新は Active Directory に行う必要があります。このユーザー アカウントは 'エンタープライズ管理者' グループのメンバーではない。 詳細については 、http://technet.microsoft.com/library(EXCHG.150)/ms.exch.setupreadiness.GlobalUpdateRequred.aspxを参照してください。


      このエラーを回避するには、ユーザーがスキーマ管理者グループとエンタープライズ管理者グループに参加するか、スキーマ管理者グループとエンタープライズ管理者グループの別のユーザーが、この累積的な更新プログラムの/PrepareAD を手動で実行する必要があります。 その後、Exchange 管理者ユーザーがセットアップを開始できます。

  • 自動検出イベント ID 1 は、2016 年 2016 年の累積的な更新プログラム 14 をインストールしたExchange Serverされます。 詳細については 、KB 4532190 を参照してください。

  • ECP でユーザー メールボックスを作成しようとするときに、"500 予期しないエラー" が表示されます。 詳細については 、KB 5001874 を参照してください。

この累積的な更新プログラムで修正される問題

この累積的な更新プログラムを適用することにより、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されている問題も修正されます。

  • 5001183 添付ファイルは、Exchange Server 2019 および 2016 の Edge トランスポート サーバーで悪い zip ファイルとして扱われる

  • 5001184 EAC には、Office 2019 および 2016 の Exchange Server 365 メールボックスに適切なテナントを選択するオプションはありません。

  • 5001185 EAC には、Exchange Server 2019 および 2016 でクラウド ベースのアーカイブのアーカイブ ドメインを選択するオプションはありません。

  • 5001186 Exchange Server 2019 および 2016 の Outlook でテキストが欠落する原因となる特殊文字のエンコードが保持されていない

  • 5001188 Exchange Server 2019 および 2016 で同じデータベース上の複数のメールボックスに送信するときに、メール アイテムの配信にスタンプされた MRM プロパティが正しくない

  • 5001189 メールボックス監査ログの検索と Outlook の両方が、2019 年と 2016 年 Exchange Server で MaxHitsForFullTextIndexSearches に関連付け

  • 5001190 MonitoringGroup は、2019 年と 2016 年に CAS 監視Exchange Server配置を制御できない

  • 5001192 Microsoft Teams が 2019 および 2016 年 2 月 2 日に自動検出 v2 がサイトに対応Exchange Server表示できない

  • 5001193 データベースの新しい正常性メールボックスは、Exchange Health Manager サービスが再起動されると毎回作成されます。

  • 5001194 Exchange Server 2019 および 2016 での RFC 証明書のタイムスタンプの検証

  • 5001195 メールボックスを作成するときに指定された UPN が自動的に上書きされ、2019 および 2016 Exchange Server でログインエラーが発生する

  • 4583558 OWA の PDF プレビュー機能が予期せずダウンロード操作を行う

Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラム 20 を取得する

ダウンロード センター

この 2016 年の累積的な更新プログラム 20 Exchange Serverダウンロード (KB4602569) を今すぐダウンロードする

この 2016 CU20 UM 言語Exchange Server 2016 の UM 言語パックを今すぐダウンロードする

注意事項

  • 累積的な更新プログラム 20 パッケージを使用して、Exchange Server 2016 の新しいインストールを実行したり、既存の Exchange Server 2016 のインストールを累積的な更新プログラム 20 にアップグレードしたりするために使用できます。

  • 累積的な更新プログラム 20 をインストールする前に、Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラムまたはサービス パックを以前にリリースしたプログラムをインストールする必要は一切ない。

ファイル情報

ファイル ハッシュ情報

File name

SHA1 ハッシュ

SHA256 ハッシュ

ExchangeServer2016-x64-cu20.iso

54367A65BC095F3E0F8CD90F2617505F1685408D

5C71DEBFD62DAA65C603870ADEFC743354268CC92F2A43FD511C5D8A7147EEA0

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×