概要

このセキュリティ更新プログラムは、ユーザーが特別にMicrosoft Officeされたファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性がある、Officeします。 これらの脆弱性の詳細については 、Microsoft Security Bulletin MS16-133 を参照してください。

注意 このセキュリティ更新プログラムを適用するには、Microsoft Office Web Apps Server 2013 用の Service Pack 1のリリース バージョンがコンピューターにインストールされている必要があります。

影響を受けるバージョンのソフトウェアの完全Microsoft Officeについては、Microsoft サポート技術情報の記事3199168を参照してください。

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムには、次のセキュリティ以外の問題の機能強化と修正プログラムが含まれます。

  • Excel 2013 でTableBindingオブジェクトがマトリックスに追加された後、ソースが既にバインドされ、マトリックスに変換されている場合、Excel 2013 がクラッシュします。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に取得する方法に関する詳細については、セーフティとセキュリティ センターの記事「コントロール パネルで自動更新を有効にする」セクションを参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトにアクセスします。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムのデプロイ情報については、Microsoft サポート技術情報の記事3199168 を参照してください

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム3118360 に代わる更新プログラムです

ファイル ハッシュ情報

パッケージ名

パッケージ ハッシュ SHA 1

パッケージ ハッシュ SHA 2

wacserver2013-kb3127929-fullfile-x64-glb.exe

86A43DB3F8BC52E350BD63F5F5AA8EDEA135F8A3

659A3ACFD2B1A70C10539ADB6D0E9A42B69A6416A7396E717DF88E0F6956D064

ファイル情報

この累積的な更新プログラム 3127929 に含まれているファイルの一覧については、更新プログラム3127929のファイル情報をダウンロードしてください。

更新プログラムのインストールに関するヘルプ: IT プロフェッショナル向け Microsoft Update Security ソリューションのサポート


:
TechNet




セキュリティのトラブルシューティングと、ウイルスやマルウェアから Windows ベースのコンピューターを保護するためのサポート ヘルプ: ウイルス ソリューションと Security Center のローカル サポート(お客様の国に応じて):国際サポート

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×