Office 2010 の修正プログラム パッケージ (x 86 ime ・日本・ jp.msp、x64 ime ・日本・ jp.msp): 2012 年 2 月 28 日

概要

この資料では、2012 年 2 月 28 日は日にリリースされた Microsoft Office 2010年の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題


IEnumTfUIElementsインターフェイスを使用するお客様のアプリケーションがクラッシュするは、次の条件に該当する場合。

  • IME 2010 の日本語版は、アプリケーションで有効になります。

  • IME 2010 に切り替える Microsoft IME 予測ツール ヒントが表示され、文字を入力し、ときにします。


マイクロソフト内部サポート情報

BUG #: 32213 (OfficeQFE)



詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×