Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。



現象

Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントを構成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

LDAP サーバーが利用可能ではありません。


構成ログにエラーは次のとおりです。

Error connecting to URL:  https://dev.crm.dynamics.com/XRMServices/2011/Discovery.svc  Exception: System.DirectoryServices.AccountManagement.PrincipalServerDownException: The server could not be contacted. ---> System.DirectoryServices.Protocols.LdapException: The LDAP server is unavailable.    at System.DirectoryServices.Protocols.LdapConnection.Connect()    at System.DirectoryServices.Protocols.LdapConnection.SendRequestHelper(DirectoryRequest request, Int32& messageID)    at System.DirectoryServices.Protocols.LdapConnection.SendRequest(DirectoryRequest request, TimeSpan requestTimeout)    at System.DirectoryServices.Protocols.LdapConnection.SendRequest(DirectoryRequest request)    at System.DirectoryServices.AccountManagement.PrincipalContext.ReadServerConfig(String serverName, ServerProperties& properties) 

原因

この問題は、LDAP クエリが失敗します、次のシナリオのいずれかで発生する可能性があります。

  • CRM (オンライン)ユーザーのコンピューターがドメインに参加しているし、ユーザーがドメイン アカウントとしてコンピューターにログインします。ただし、ドメイン コント ローラーは使用できません。(ユーザーは、ドメインからです)。

  • CRM (オンライン)ユーザーは、ドメインでは。ただし、LDAP サービスのクエリがアクセス不可能なドメインでは複数ドメイン環境では。

  • (設置型)IFD 環境を持ちます。ただし、DC または LDAP クエリ サービスは、構成の中に。

解決策

この問題を Microsoft Dynamics CRM 2011 の修正プログラム 2645912 で解決します。

インストール情報

Windows 更新プログラムのインストール
利用可能な 2011 年 12 月 13 日

自動的に Microsoft Dynamics CRM 2011 の修正プログラム 2645912 をインストールするには、Windows の更新プログラムを使用できます。推奨される更新プログラムを自動的にインストールする Windows を設定することもできます。クリティカルでない問題に対処でき、コンピューティング環境を向上させます。オプションの更新プログラムはダウンロードまたは自動的にインストールできません。

マイクロソフトが公開している更新プログラムの種類についての詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

自動更新のオンまたはオフにする方法

Windows のインストールまたは更新プログラムに関する通知を受け取る方法を変更する方法

Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2011 のインストールの修正プログラム 2645912 を次の手順に従います。

  1. 開始] をクリックし、更新、検索の開始] ボックスに入力します。結果の一覧では、 Windows の更新プログラムをクリックします。

  2. ナビゲーション ウィンドウで、更新プログラムの確認をする] をクリックし、コンピューターの最新の更新プログラムは Windows によってチェックされるを待ちます。

  3. 重要更新プログラムは利用可能なまたは重要な更新プログラムを確認するように求めるメッセージが表示された場合は、表示およびインストールするのには重要な更新プログラムを選択します。

  4. の一覧で任意の重要な更新の詳細についてをクリックして、インストールする更新プログラムのチェック ボックスをオンにするには、し、[ OK] をクリックします。

  5. 更新プログラムをインストール] をクリックします。

  6. 読み取りし、ライセンス条項に同意 (更新には、この操作が必要です) の場合、[完了] をクリックします。管理者のパスワードを入力するメッセージが表示されたら、パスワードを入力します。確認のメッセージが表示されたら、確認書を提供します。

手動インストール

Microsoft Dynamics CRM 2011 の修正プログラム 2645912 を手動でインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトを参照してください。

    http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/home.aspx

  2. [検索] ボックスでは、 2645912を入力して検索] をクリックします。

  3. 更新プログラムをバスケットに追加する追加] をクリックします。

  4. [ダウンロード] をクリックします。

  5. [参照] をクリックして、更新プログラムをダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。

  6. [続行] をクリックし、同意するマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意する] をクリックします。

  7. 指定した場所に更新プログラムがダウンロードされると、[閉じる] をクリックします。

Microsoft Update カタログの詳細についてをクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の文書番号: 323166ドライバーと Windows Update カタログからの修正プログラムを含む更新プログラムをダウンロードする方法

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×