Outlook Web App は、Exchange Server 2010 環境でクラッシュします。

現象

Microsoft Outlook Web App では、Microsoft Exchange Server 2010 環境でテキスト データの特定のパターンを処理するときは、スタック オーバーフロー例外が発生します。したがって、Outlook Web App がクラッシュします。

原因

この問題は、Exchange サーバーの再帰的に特定のテキスト パターンを処理するために発生します。

解決策

この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。

Exchange Server 2010 のサービス パック 3 の更新プログラムのロールアップ 2 のの説明

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×