ShutdownBlockReasonCreate() 関数では、Windows 8.1 と Windows 8 で、ブロック理由のメッセージが返されません

現象

Windows 8.1、Windows RT 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 8、Windows RT の場合、または Windows Server 2012 を実行しているコンピューターでブロックのシステムをシャット ダウンするShutdownBlockReasonCreate()関数を使用するアプリケーションを使用するいると仮定します。最初に、関数が正常に動作します。ただし、アプリケーションは、2 回目の関数を実行するとき、ブロックの理由のメッセージは表示されません。

解決策

この問題を解決するには、セキュリティ情報 MS14 079 に、をインストールします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用されるを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×