SQL server 上のコンテンツデータベースの既定の物理的な場所を変更できない

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

SQL server でデータベースの既定の場所を変更し、新しい web アプリケーションを作成すると、コンテンツデータベースは以前の場所に保存され、SQL server で変更された設定は使用されません。

原因

変更は、SQL Server または SQL サービスを再起動した後に有効になります。SharePoint から SQL への接続を更新する必要があります。

場所を保存すると、HKEY_LOCAL_MACHINE \SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQLServer の下に DefaultData と Defaultdata として保存されます。

解決方法

この問題を解決するための回避策は、SQL server または SQL サービスを再起動することです。

1. SQL Server Management Studio を開き、SharePoint データベースが hosted2 される SQL インスタンスに接続します。 サーバー名または SQL インスタンスを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。 3. "データベースの既定の場所" のデータ (*) のデータベース設定を変更します。MDF): と Log (*.LDF) 4。 次に、新しいデータベースを作成するために、新しいデータベース Defult の場所に作成されます。 ただし、コンテンツデータベースを作成すると、以前の既定の場所にデータファイルが作成されます。 SQL サービスを再起動するか、SQL ボックスを再起動するには、aviod を選びます。

詳細情報

 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×