Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

この資料は、Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2 (SP2) で修正されるバグを一覧表示します。

Notes

  • ここに記載されていないその他の修正プログラムは、service pack にも含まれますことがあります。

  • この一覧より多くの資料が公開されたときに更新されます。

SQL Server 2012 service pack の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2755533 SQL Server 2012 の最新の service pack の入手方法注 リリース ノートを確認するダウンロードについては、ダウンロード可能なリストから選択してくださいの詳細については、ここで

詳細

SQL Server 2012 のサービス パックは累積的な更新は、し、すべてのエディションおよび SQL Server 2012 のサービス ・ レベルを SP2 にアップグレードします。だけでなく、この資料に記載されている修正は、この service pack は、 Microsoft SQL Server 2012 SP1 累積的な更新プログラム 9 (CU9)を含む含まれています。

SQL Server 2012 SP1 で利用可能な累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2772858 SQL Server 2012 の「SQL Server 2012 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされたビルド

この service pack で修正される問題

SQL Server 2012 の SP2 で修正されるバグの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

VSTS バグ番号

サポート技術情報番号

説明

1374617

2028830

修正: SQL Server 2008 または SQL Server 2012 フェールオーバー クラスターのインストールを実装すると、共有コンポーネントが誤った場所にインストールされる

1703014

2963382

SSAS 2012 でキューブの作成の MDX クエリを実行すると、FIX がサーバーに接続できません。

2011247

2927741

修正: イメージが正しく表示されない web ページで SSRS 2012 のレポートにドリルスルー アクションを使用する場合

2034994

2963383

修正: テキストの SSRS 2012 のレポートを表示するのには HPB のレンダラーを使用すると切り捨てられる

1769469

2963384

修正: SQL Server 2012 で tempdb データベースのログ ファイルが上限に達すると、SQL Server がクラッシュする

1973168

2963386

FIX SSRS 2012 で失敗する IsolatedStorageException Excel ワークシートにエクスポートするサブスクリプションでは、10 MB より大きい場合

1973196

2963388

修正: SSRS 2012 は Excel 形式の 10 MB を超えるレポートをエクスポートできません。

787358

2963404

修正: SQL Server 2012 でロールバックを行うとデータベースがサスペクト (疑わしい) モードになる

1043717

2806979

RCSI を有効にした SQL Server 2012 でデータベースのテーブルに対してクエリを実行すると、修正プログラム: パフォーマンスが低下

1178585

2963412

SQL Server 2012 の SP2 の新しい DMF sys.dm_fts_index_keywords_position_by_document

1182241

2966520

修正: SSRS 2012 年 1 月 1 日、レポート サービスの Windows サービスを再起動すると、新しいログ ファイルは作成されません。

1240848

2966519

修正: SQL Server 2012 でログのバックアップが失敗してもエラー メッセージが表示されない

1253861

2936004

FIX Visual Studio 2012 のクラッシュのアクセス違反のためローカル モードでレポート ビューアーの 2012 の UI でデータ ソースのバインドが完了したとき

1262029

2966522

修正: ファイル共有サブスクリプションには、SSRS 2012 [説明] 列が読み込まれない

1481773

2966523

修正: [名前] ボックスの一覧が空、SSRS 2012 のレポートを指定します。

1419367

2964762

修正: イベント ID 22 または 0xC1000016 のエラーが記録されます SSAS 2012 で検出コマンドを使用する場合

2103903

2972285

修正: SQL Server 2012 で、展開として SSISDB を使用すると、パフォーマンスの問題を保存します。

2021581

2965035

SSAS 2012 の機能の向上を SQL Server 2012 Service Pack 2 にログインします。

203749

2952444

修正: SQL Server 2012 でテーブル変数を使用するとパフォーマンスが低下する

2095064

2936328

修正: SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2012 で、計算済みの列が保持されているテーブルに対して CHECKTABLE または CHECKDB を実行すると、アクセス違反が発生する

1222472

2827857

修正: 拡張の文字照合順序を使用した場合、SQL Server 2012 インスタンスで DTA が動作しない

2124209

2939277

修正: SQL Server で並列クエリ プランを使用して UNION 演算子を含むクエリを実行すると、誤った結果になる

次の問題の解決方法は SQL Server 2012 の SP2 に含まれます。

VSTS バグ番号

説明

950185

大規模な html 形式のレポートを使用するときにエラーと警告の処理に関連メッセージが向上します。

950189

パラメーターの数が多いとレポートを使用するときにエラーと警告の処理に関連メッセージが向上します。

994470

ブロック モードの単項演算子を使用するときに誤った結果をします。

1041277

AlwaysOn セカンダリ サーバー上の DPM の完全バックアップは、copy_only バックアップに変換されます。

1278767

表形式のインスタンスのパフォーマンス カウンターの値: Memory\VertiPaq < TypeName > KBは、常に 0 です。

1355346

End SCOPE ステートメントは、SCOPE ステートメントを開くには一致しません。

1374617

修正: 共有コンポーネントがインストールされて間違った場所に、SQL Server 2008 フェールオーバー クラスターのインストールを実装する場合

1610447

初期化されていないオブジェクトは、条件付き計算式の DAX を実行するときがクラッシュする可能性のある不適切な結果につながります。

1610492

DAX の簡単なクエリでは、PowerPivot の v2 を使用すると予期しない結果が返されます 11.0.3000.0。

2060218

"ACTIONABLE_HEAP_CORRUPTION"に無効なインスタンス Idを使用して SSRS 構成ファイルが解析されるときです。

2065570

RING_BUFFER_NONYIELD_PROCESSTABLEリング バッファー内の NonYieldProcessTable のレコードには、ユーザーとカーネルの処理時間がありません。

2075161

SSRS 2012 のログに、プラットフォームの情報を提供します。

1347204

SQL Server 2012 のデータベース間のトランザクションからのシーケンスの既定の列を持つテーブルにデータを挿入するときの FIX: アクセス違反

1184332

モデル データベースに対してログ テール バックアップが実行されると場合、は、model データベースが状態を復元する SQL Server が正常に起動するを妨げるはサーバーの再起動中に固定されます。 これは、サーバーの起動中に、 Tempdbデータベースを作成できませんでしたし、次のエラー メッセージを受信するため:「データベース '< データベース名 >' を開くことができません」

1243853

エラー 3456 は、新しいデータ ファイルが初期 64704 KB よりも大きいサイズで追加された一括ログ記録データベースのログ バックアップを復元するときに発生します。

1404999

データベース スナップショットをドロップすると発行されるセッションで LOCK_TIMEOUT 設定では、タイムアウト エラーはアサーション エラー後に発生する可能性があります。

1190211

InstallShield を使用して SQL Server のインストールでは、ハング状態終了します。詳細については、このサポート技術情報の記事を参照してください。

1386073

[構成マネージャー] または [サービス コントロール マネージャーから SQL Server を停止すると、SQL Server 2012 の SP2 をインストールした後のシャット ダウンを実行した後すぐに SQL Server に情報メッセージが記録されます。以前のバージョンでは、.NET Framework、サービスのブローカーなどの内部サービスが停止した後にこのメッセージを発行します。

コミュニティから送信された接続の項目を修正します。

バグ ID を接続します。

説明

714689

評価結果は、複数のサーバーに対してエンタープライズ管理フレームワークを実装して、リスト内のサーバーのいずれかに対してエラーが発生した場合は、複数回 xml ファイルの出力に書き込まれます。

735543

データベースは、同じインスタンス上の別のデータベースとそのバックアップを復元した場合、リストア ・ モードに入ります。

736509

SQL Server Management Studio (SSMS) sp_executesqlを呼び出すストアド プロシージャをデバッグすることはできません。F11 キーを押すと、'オブジェクトの参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません' エラー メッセージが表示されます。

740181

SSMS は、SQL Server Express では、フル ・ テキストを完全には管理されません。

745566

SMO の SQL Server は、SQL Server 2012 と SQL Server の 2014 の既定の制約を無視します。

764197

SSMS では、一貫性がない番号付きストアド プロシージャを処理します。

769121

"'< 列名 >' の列がテーブルの概要には属していません。(System.Data)「複製のテーブルに同じ名前を持つ別のスキーマ内にあるときにエラー メッセージ。

773710

SQL Server を再起動して、デタッチし、データベースをアタッチするか、データベースをオフラインにするまでのフルテキスト インデックスを含むデータベース スナップショットへの復元の後、ft_catalogs を作成することはできませんし、オンライン データベースを設定します。

774317

SSMS は、自動的に再起動する、閉じるときにクラッシュする場合があります。

785064

「'Null' の値が 'ストリーム' に対して無効です」エラー メッセージ パイプライン コンポーネントの顧客のビジネス インテリジェンス開発 Studio (入札) を使用する場合。

785151

実行すると、実際のクエリ プランを表示するクエリを有効に、 Nullの結果が返され、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー: メッセージ 50000、レベル 16、状態 10、プロシージャのテスト、34 の行の文字列またはバイナリ データは切り捨てられます。

791929

システム アサーション チェックが失敗しました"エラー メッセージをトリガーを持つ分割ビューにデータを挿入するとします。

797967

SSMS で列レベルのアクセス許可をスクリプト化する場合、ステートメント スクリプトの複製を作成します。

799430

SSMS のウィンドウのアイコン、タスク バー上の更新をしようとすると SSMS がクラッシュする可能性があります。

804901

大規模なプロジェクトの新しいバージョンを展開すると、SSIS カタログ データベース (SSISDB) への展開中にタイムアウトが発生します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
プロジェクトを展開できませんでした。詳細については、操作の id の operation_messages ビューをクエリ ' 219′。(Microsoft SQL Server、エラー: 27203)プロジェクトを展開できませんでした。問題を解決し、後でもう一度実行してください。: タイムアウトが発生しました。操作の完了前にタイムアウト期間が経過したか、サーバーが応答していません。ステートメントは終了されました。

805659

"SQL ステートメントの一部は、ネストが深すぎます。クエリを書き直すかより小さなクエリに分割」のエラー メッセージを解析または実行するときはストアド プロシージャです。



SQL Server 2012 SP2 のハイライト

SQL Server 2012 Service Pack 2 (SP2 では別名) に含まれる変更のいくつかのハイライトを以下に示します。

  • サポート:

    • 35285 のメッセージは、期待どおりに、エラーとしてではなく、情報メッセージとして表示されます。

  • 機能:

    • SQL ライターのサポートCOPY_ONLYバックアップ: Data Protection Manager (DPM) に AlwaysOn セカンダリ サーバーの完全バックアップは、バックアップをCOPY_ONLYに変換されます。


  • ローカル キューブの作成のシナリオのサポートを追加します。

    • SQL Server 2012 の Analysis Services (SSAS 2012) SP2 を使用する場合は、SSAS をオフになっている SQL ブラウザーを持つ静的な既定以外のポートで実行されているに接続するローカル キューブを作成できます。この新しい機能は、msmdsrv.ini の新しい構成の設定によって制御されます:"ConfigurationSettings\LocalCubeServerPortInConnectionString"にします。この機能を有効にするには、値を 1 に設定します。この設定はありません効果 SSAS 2012 フェールオーバー クラスターとして構成されているか、既定のポートで実行している場合。

  • 複数の追加のログ出力します。

    • この service pack では、トラブルシューティングを向上させるために SSAS のログ ファイルに詳細を追加します。SSAS のバージョン、コンピューター名、netbios 名、Cpu、RAM サイズ、IP、ポート、プロトコルの種類、デッドロック、ロック タイムアウト、およびその他の情報の数が含まれています。


  • SSISDB デッドロックとクリーンアップのパフォーマンスの向上

    • 概要

      • SSISDB.catalog.create_executionストアド プロシージャの呼び出しを同時に、SSISDB データベースのデッドロックが発生します。

        • SSISDB concurrences とデッドロックの問題の修正を行った。ただし、すべての問題を解決これはないです。現在回避策は、数秒でジョブをずらすことです。ですが、この回避策を使用することはできません。

        • SSISDB 保守ジョブのパフォーマンスの低下

      • SSISDB 保守ジョブの修正プログラムがあります。

    • アーキテクチャ

      • 以前のモデル。

        • 各トランザクションは、証明書と対称キー、保管、メンテナンス クリーンアップ タスクで処理がされる必要がありますも作成します。

      • 新しいモデル:

        • 下位互換性を維持するのにはPER_EXECUTIONにSERVER_OPERATION_ENCRYPTION_LEVELカタログのプロパティの表に新しい行と既定値を導入、 PER_PROJECTをプロジェクトごとに 1 つのキーまたは証明書のペアを作成するのには値を変更できます。PER_EXECUTIONからPER_PROJECTに変更する前に、完全なクリーンアップが必要です。完全クリーンアップを実行する 2 つの新しいストアド プロシージャが導入されました。

      • 概要を変更します。

        • SERVER_OPERATION_ENCRYPTION_LEVELSSISDB ・ プロパティ ・ テーブルの新しい行を紹介します。

          • 2 つの値のみが有効です (1 および 2)。

          • 値 "1": 既定値です。対称キーと実行レベルの証明書で暗号化されます。高レベルのセキュリティですは、パフォーマンスやデッドロックの問題が可能性があります。

          • 値 "2": プロジェクト レベルに従って、対称キーと証明書を使用して暗号化されます。以下のセキュリティ、パフォーマンスやデッドロックの問題を解決します。

        • 2 つの新しいストアド プロシージャ (Sp) を紹介するCleanup_server_logsとcleanup_server_execution_keys

          • Sp は、「2」を「1」からの暗号化レベルを変更するときに使用するよう設計されています。実行できますCleanup_server_logs最初に SSISDB を正常な状態にするには非常に迅速に完了することができます。SSISDB データベースの暗号化レベルを変更する準備ができました。

          • Cleanup_server_keys Cleanup_server_logsより長い時間がかかります。ただしは、暗号化レベルが「2」に変更された後に実行し、ピーク時の電源を定期的に実行します。

          • Cleanup_server_logs: すべての操作ログをクリーンアップするだけです。

          • Cleanup_server_execution_keys: 対称キー、および機密性の高い実行パラメーターを保護するために使用される証明書をクリーンアップします。

          • @cleanup_flag の int 型で (1, 2))

            • cleanup_flag = 1: 実行レベルの対称キーと証明書を削除します。

            • cleanup_flag = 2: プロジェクト レベルの対称キーと証明書 (がこの perticular プロジェクトが削除されている場合、すべての操作ログは、このプロジェクトに関連する唯一のドロップがクリーンアップされている) を削除します。

          • @delete_batch_size int = 1000

            • キーまたは証明書の数は、このストアド プロシージャの 1 つの呼び出しで削除されます。

        • Internal.cleanup_server_retention_window、 delete_batch_sizeを 10 から 1000 に変更します。


  • テーブル変数の行のオプションのサポートは、クエリ プランを向上させるために数します。

    • テーブル変数が SQL Server の他のテーブルに参加している場合可能性がある、効率の悪いクエリ プランの選択のためのパフォーマンスが低下、クエリ プランのコンパイル中にサポートの統計情報やトラック番号ではなくテーブル変数内の行の SQL Server ののため。

    • SQL Server 2012 SP2 では、クエリ オプティマイザーがより効率的なクエリ プランを選択するのには、テーブル変数に挿入された行の数に関する情報を使用することができる新しいトレース フラグを導入します。この動作を有効にするのには 2453 のトレース フラグを有効にします。

      メモ:

      • 一部のシナリオで 2453 のトレース フラグを有効にするの実行時に、テーブル変数に挿入された行の実際の数のアカウントに必要なその他のコンパイルのためのパフォーマンスを低下可能性があります。通常は、テーブル変数、ほかのテーブルで結合されている行のかなりの量または 1 つ以上の行がある場合このトレース フラグからメリットを享受し、内側にある大量の行を処理する計画で、入れ子になったループ結合演算子の外側にあるために使用します。

      • オプション (再コンパイル)のクエリ ヒントを使用して SQL Server の他のバージョンで同様の現象を実現する可能性があります。ただし、クエリ ヒントは、検出して、大量 2453 のトレース フラグを有効にすることは、既存のワークロードに影響を与えることができます、テーブル変数を固定する作業のための不適切なプラン選択の影響を受けるすべてのクエリを変更する必要があります。

  • パフォーマンスを向上させる並列クエリ実行プランのトラブルシューティング

    • Sys.dm_exec_requestsの DMV は、実行プランを並列クエリのcpu_timeの正確な値に返すようになりました。統計情報IOの診断では、並列クエリ実行プランの論理読み取りの正確なここで報告します。

  • ハッシュ算術の診断の向上

    • ハッシュ結合またはハッシュ集計演算子は、クエリの実行中に tempdb データベースにデータを薬品場合、対応する I/O がレポートされるように STATISTICS IO の診断。

  • フル テキスト インデックスの診断の向上

    • 場合によっては特定のフルテキスト クエリの結果が返される方法がわかりにくい場合があります。フル テキスト検索サブシステムでは、外部のワード ブレーカーとストップ ・ リスト、およびドキュメント内のキーワードの位置情報が実際のテキストに何が発生したとは異なる可能性がありますこの操作の結果として相互作用します。関連性の高い '語句' を実行するか、近くの単語の間のデルタからの検索は、計算で使用される内部一致するドキュメントを検索します。

    • SQL Server 2012 の SP2 の新しい動的管理関数 (DMF) は、配置ドキュメントにインデックスを作成するキーワードの情報へのアクセスを提供する追加されました。 新しい DMF 既存 DMF sys.dm_fts_index_keywords_by_documentのようなであり、次の構文を使います。sys. dm_fts_index_keywords_position_by_document (
      DB_ID('database_name'), OBJECT_ID('table_name')
      )

    • 発生の回数ではなく、一致する文字列とインデックス付けされたドキュメント内の位置に関する情報を返します。

    • テキストと検索語句の場合、デルタの違いを示しますが、内部のインデックス間のマッピングを確認するのには、この情報を使用できます。語句の検索から結果を理解することができます。


  • サポートの容易性

    • トランザクション レプリケーションの場合:

      • 履歴テーブルの統計 (stats) とエージェントのログで詳細なメッセージに追加する詳細メッセージ:

        • < 統計 (stats) > エージェントのログリーダーとディストリビューション サーバーの両方でさまざまな状態を定義する xml を追加したテキスト メッセージです。

        • 追加されたアーティクル レベルの統計情報ディストリビューター、およびログ リーダーは、コマンドをパラメーター化します。

        • ディストリビューター エージェントでファイルを出力するコマンドをスキップした数の追加です。

        • 時間を追加するエージェントをディストリビューターでのスキーマ変更を行います。

      • ログリーダー: ログ レコードに追加されます。TXT ファイルにキャプチャされると、ユーザー ダンプします。

      • ピア ツー ピア: 挿入、更新、および削除の手順を更新して、競合のメッセージの詳細の下を提供します。

        • テーブル名

        • 主キー列の名前と値

        • 現在のバージョン

        • 前のバージョン

        • 後のバージョン

    • マージ レプリケーション。

      • マージ エージェントの出力の詳細レベルが 4 に設定されている場合にログ ファイルに追加されたトレース フラグ 101 の出力します。

  • 機能

    • トランザクション レプリケーションの場合:

      • ピア ツー ピア レプリケーションを今すぐ更新プログラムを使用してテキストの列に加え、部分的な更新をサポートしていますか。セマンティクスを記述します。

    • マージ レプリケーション。

      • クリーンアップ ストアド プロシージャは、データの冗長化されたアップロードを避けるために再設計されました。


  • エラーの処理と、CSS では、大規模な html 形式のレポートの一般的な呼び出しを防ぐために警告メッセージをログします。

    • 概要:

      • レポートのデザインは大規模な html 形式のレポートをネットし、パフォーマンスの問題を引き起こす可能性があるかどうかを確認するレポートのデザインを検出します。これは、必要があります簡単に検出、対話型のページの高さと幅の設定の検査によって。

    • ユーザーのシナリオ:

      • レポート ビルダーでレポートを作成するとします。InteractiveSizeプロパティでは、'0' の値を入力します。潜在的なパフォーマンスへの影響に関する次のメッセージの警告を含むポップアップ ウィンドウが表示されます。

        0 台紙に対話型の高さを設定すると、パフォーマンスに影響があります。


  • パフォーマンスの強化

    • 次の記事で説明したように、Service Pack 2 のいくつかのパフォーマンスの向上:

      • SQL Server 2012 でデータベースのロックの利用状況が増加すると、パフォーマンス上の問題が発生します。

      • 外部のページを SQL Server 2012 の処理中に NUMA 環境でパフォーマンスの問題が発生します。

      • インデックスを変更した後、パフォーマンスが低下しています.SQL Server 2012 のオンライン操作が中止されました

    • DMV の機能強化

      • sys.dm_db_session_space_usageは、セッションごとのユーザー オブジェクトが tempdb データベースに必要な領域の量を反映しています。削除されたローの数が 1024 ページ以外の場合は、これらのページの割り当ての解除が遅延します。SQL Server 2012 Service Pack 2 で、DMV はuser_objects_deferred_dealloc_page_countと呼ばれる新しい列に遅延されたアロケーション ユニットの領域の使用状況も含まれます。

      • sys.dm_server_servicesが正しく指定ノード名cluster_nodename列のフェールオーバー クラスターに SQL Server がインストールされている場合。

    • リング バッファーの機能強化

      • アプリケーション ドメインのリング バッファーにはRING_BUFFER_CLRAPPDOMAINには、 < DoomReason > ] フィールドにアプリケーション ドメインがアンロードされました理由の理由が含まれています。

        • 1 = ドロップのアセンブリなどの DDL 操作をアンロードします。

        • 2 = アンロード、セキュリティ アクセス許可を変更するなどの操作に関連します。

        • 3 = メモリの負荷の処理であるためにアンロードします。

        • 4 = 初期化に失敗のためアンロードします。

      • 対応する拡張イベントのapp_domain_ring_buffer_recordedには、 doom_reasonイベントのデータ フィールドのアンロードの理由が含まれています。

      • RING_BUFFER_RESOURCE_MONITORは、リソース モニターで監視状態の変更が検出されたときにエントリを持っています。さらに、システムとプロセスのリソースの通知のプールの通知も使用で、 < IndicatorsPool ></IndicatorsPool >ノード。

      • Resource_monitor_ring_buffer_recorded拡張イベントには、 pool_indicatorsの [データ] フィールドでのプールのさまざまな通知が含まれています。

      • RING_BUFFER_NONYIELD_PROCESSTABLEには、リング バッファーのエントリの記録時に、システムで実行されているスレッドは 8192 までの他の情報だけでなく、プロセス名が含まれています。

    • バックアップと復元の機能強化

      • Norecoveryオプションを使用してモデルのログの末尾のバックアップでは、Service Pack 2 の開始は許可されていません。

      • エラー ログのバックアップと復元の完了のメッセージには、時間とスループットの情報が含まれています。

        • データベースのバックアップは、0.026 秒 (89.261 MB/秒) で、298 ページを正常に処理します。

        • データベースの復元は、0.016 秒 (145.050 MB/秒) で、298 ページを正常に処理します。

    • 拡張イベント

      • 次の拡張イベントが追加または SQL Server 2012 Service Pack 2 に変更します。

        • メモリの割り当て:

          • 拡張イベントpage_allocatedおよびpage_freedは、SQL Server メモリの消費を表示する使用できます。Service Pack 2 以降では、これらの拡張イベント レポートも予約済みのメモリを割り当てられ、クエリの実行時に解放します。

        • ゴースト クリーンアップします。

          • テーブルまたはインデックスで、レコードが削除されると、このような削除操作は、ページからレコードを削除する物理的に、それだけという印を付けます削除、または非実体化することです。これは、すぐにそれ以上の完全な削除の操作を可能にするパフォーマンスを最適化します。バック グラウンド タスクでは、ゴースト クリーンアップ タスクと呼ばれる、物理的に削除されたすべてのレコードを削除します。このタスクのさまざまな段階の洞察を提供する Service Pack 2 には、いくつかの拡張イベントが追加されています。

            • ghost_cleanup_task_start

            • ghost_cleanup_task_suspend

            • ghost_cleanup_task_packet_enqueue

            • ghost_cleanup_task_process_packet

            • ghost_cleanup_task_process_pages_for_db_packet


関連情報

詳細については、現在の SQL Server のバージョンとエディションを確認する方法について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

321185バージョンとエディションの SQL Server とそのコンポーネントを確認する方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×