目次
×

Microsoft SQL Server 2016 Service Pack 1 (SP1) 用の累積的な更新 4 (CU4) は、8/8/2017、 KB4019095にも SQL Server のセキュリティ情報としてリリースされました。 詳細については、 CVE-2017-8516を参照してください。 このため、そのセキュリティ情報のリリースの一部としてインストールされている CU4 が既に、この CU のインストールが必要ではありません。 CVE-2017-8516 後 CU4 をインストールしようとするは、次のメッセージが表示されます可能性があります。

このコンピューターで更新可能な SQL Server インスタンスまたは共有機能はありません

CU4 が既にインストールされていることと、さらに操作する必要はありませんを示します。注: CU4 でのパッケージの名前"SQLServer2016SP1 - KB4024305 - <x86 と x64> .exe"、CVE-2017-8516 KB 数 (4019095)、CU4 の KB 数ではなく、(4024305) が含まれています。 サービス リリースの両方のチャネルの 1 つのパッケージには無視できます。

説明 4 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド番号: 13.0.4446.0) Microsoft SQL Server 2016 Service Pack 1 (SP1) のです。 この更新プログラムには、SQL Server 2016 SP1 のリリース後にリリースされた修正プログラムが含まれます。

累積的な更新プログラム

累積的な更新プログラム (CU) は、現在 Microsoft ダウンロード センターで入手できます。 ダウンロード センターで入手できるのは、SQL Server 2016 SP1 用にリリースされた最新の CU だけです。

  • 最新の CU には、インストール済みの SQL Server バージョン/Service Pack 用に前回の CU に含められていた修正プログラムがすべて含まれます。

  • 予防措置として、CU のリリースごとに継続的にインストールすることをお勧めします。

    • SQL Server CU は Service Pack と同じレベルに認証されるため、同じ信頼レベルでインストールする必要があります。

    • 過去のデータは、リリース済みの CU で既に解決されている問題が多数のサポート ケースで扱われていることを物語っています。

    • CU には、修正プログラムの他に 付加的な機能 (サポータビリティ、管理性、信頼性の更新ファイルなど) が含まれることもあります。

  • SQL Server Service Pack の場合と同様に、CU を実稼働環境に展開する前に CU をテストすることをお勧めします。

  • 2016 の SQL Server の最新のサービス パックには、SQL Server のインストールをアップグレードすることをお勧めします。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法

以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

2016 の SQL Server の最新の累積的な更新パッケージをダウンロードします。 SP1 のようになりました。ダウンロード ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。注:2016 の SQL Server の将来の累積的な更新プログラムがリリースされた後この CU をあるし、 Microsoft Windows Update カタログからダウンロードできます。 ただし、マイクロソフトは、最新累積的な更新プログラムをインストールすることを推奨します。

この更新プログラムについての注記

ハイブリッド環境への展開

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、修正プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×