Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

はじめに

この記事では、Microsoft System Center 2012 Service Pack 1 (SP1) Operations Manager と Linux および Unix 監視パックの更新プログラム ロールアップ 6 で修正される問題について説明します。 さらに、この記事には、System Center 2012 SP1 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 6 のインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

Operations Manager

問題 1

サービス レベル目標 (SLO) ダッシュボードが数秒で読み込まれ、読み込みに数分かかる場合があります。 また、場合によっては、ダッシュボードが読み込まれた後に空になります。

問題 2

SQL 状態データのタイムアウト例外 (31552 イベント) は、Data Warehouse ワークフローを作成するときに発生します。

問題 3

この更新プログラムロールアップには、更新プログラム ロールアップ 5 で導入されたダッシュボードの問題の修正プログラムが含まれています。

問題 4

グループ定義に複数の正規表現 (RegEx) を追加すると、グループを追加または実行するときにSQL例外が発生します。

問題 5

カスタム オペレーター ロールのメンバーである場合、System Center Operations Manager コンソールのビューの読み込みに時間がかかります。

Operations Manager - UNIXと Linux の監視 (管理パックの更新)

問題 1 複数のアプリケーション サーバーが 1

つの WebSphere プロファイルに定義されている場合、Linux または AIX コンピューター上で実行されるすべての WEBSphere アプリケーション サーバーが Java Enterprise Edition管理パック (JEE) によって自動的に検出されません。

System Center 2012 Operations Manager SP1 の更新プログラム ロールアップ 6 を取得してインストールする方法

ダウンロード手順

Operations Manager の更新プログラム パッケージは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。

Microsoft Update

Microsoft Update から更新プログラム パッケージを取得してインストールするには、該当する System Center 2012 SP1 コンポーネントがインストールされているコンピューターで次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルで、Windows Updateをダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [ 重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。

  5. 更新プログラムロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリック します

  6. 更新プログラム パッケージをインストールするには、[ 更新プログラムのインストール] をクリックします。

更新プログラム パッケージの手動ダウンロード

更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次の Microsoft Update Catalog Web サイトに移動します。

ダウンロード Operations Manager パッケージを今すぐダウンロードします。

Operations Manager のインストール手順

この更新プログラムで発生する既知の問題
  • Operations Manager 2012 Service Pack 1 を実行しているサーバー上のすべてのロールにこの更新プログラム ロールアップ パッケージ System Centerをインストールした後 (エージェントロールとゲートウェイ ロールを除く)、更新プログラムは コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目に表示されません。

  • 更新プログラム ロールアップ 6 を適用した後、アラート添付ファイル管理パックの修正プログラムを適用するには、Operations Manager コンソールを再度開く必要があります。

  • この更新プログラムロールアップ パッケージをインストールした後、コンソールのバージョン番号は変更されません。

  • ACS 更新プログラム パッケージがインストール、アンインストール、および再インストールされた場合、この更新プログラムに含まれるデータベース アップグレード スクリプトは実行されません。 これは、ACS 更新プログラムの最初のインストール時にデータベースのバージョンが変更されるためです。 この問題により、ユーザーがパーティションの使用中にパーティションを再利用すると、サーバーがクラッシュする可能性があります。 パーティションは、SQL Server Studio を使用して手動で閉じることができます。 これを行うには、ACS データベースに移動し、クエリ エディター ウィンドウで次のスクリプトを実行します。

    begin tran  -- mark all active partitions for closing if (select count(*) from dtPartition where Status = 0) > 0 update dtPartition set Status = 1 where Status = 0  commit tran


    新しいパーティションを作成するには、AdtServer を停止し、スクリプトを実行してから、AdtServer をもう一度起動します。

  • Web コンソールに更新プログラムロールアップ パッケージをインストールすると、Internet Explorer で次のエラー メッセージが表示される場合があります。

    '/OperationsManager' アプリケーションのサーバー エラー。


    この問題を解決するには、Internet Explorer を閉じてから再起動します。

  • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library をインポートしようとすると、依存関係がないためインポートが失敗します。

    この問題を解決するには、Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library をもう一度インポートします。

インストール に関する注意事項
  • この更新プログラムロールアップ パッケージは、次の言語で Microsoft Update から入手できます。

    • 簡体字中国語 (CHS)

    • 日本語 (JPN)

    • フランス語 (FRA)

    • ドイツ語 (DEU)

    • ロシア語 (RUS)

    • イタリア語 (ITA)

    • スペイン語 (ESN)

    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)

    • 繁体字中国語 (CHT)

    • 韓国語 (KOR)

    • チェコ語 (CSY)

    • オランダ語 (NLD)

    • ポーランド語 (POL)

    • ポルトガル語 (ポルトガル) (PTG)

    • スウェーデン語 (SWE)

    • トルコ語 (TUR)

    • ハンガリー語 (HUN)

    • 英語 (ENU)

    • 中国語香港 (HK)

  • 一部のコンポーネントは言語に依存せず、これらのコンポーネントの更新プログラムはローカライズされません。

  • 更新プログラムのロールアップは管理者として実行する必要があります。

  • コンソールの更新プログラムを適用した後でコンピューターを再起動しない場合は、コンソール ロールの更新プログラムを適用する前に本体を閉じます。

  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するには、Silverlight でブラウザー キャッシュをクリアし、Silverlight を再起動します。

  • System Center 2012 SP1 サーバーをインストールした直後に、更新プログラム ロールアップ パッケージをインストールしないでください。 それ以外の場合は、ヘルス サービス状態を初期化できない可能性があります。

  • ユーザー アカウント制御が有効になっている場合は、管理者特権のコマンド プロンプトから .msp 更新ファイルを実行します。

  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、運用データベースとデータ ウェアハウスのデータベース インスタンスに対するシステム管理者権限が必要です。

  • Web コンソール更新プログラムをインストールした後、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。

    <machineKey validationKey="AutoGenerate,IsolateApps" decryptionKey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES" decryption="3DES"/>


    注: microsoft サポート技術情報の次の記事で説明されているように、<system.web> セクションの下に行を追加します。

    911722 ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 にアップグレードした後に ViewState が有効になっている ASP.NET Web ページにアクセスすると、エラー メッセージが表示されることがあります

  • System Center 2012 Service Pack 1 の更新プログラム ロールアップ 5 に関する記事で説明されているデータ ウェアハウス BULK 挿入コマンドのタイムアウトの問題の修正により、データ ウェアハウス BULK 挿入コマンドのタイムアウト値 (秒単位) を設定するために使用できるレジストリ キーが追加されました。 データ ウェアハウスに新しいデータを挿入するコマンドを次に示します。

    レジストリの場所:HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft Operations Manager\3.0\Data Warehouse
    DWORD 名: 一括挿入コマンド タイムアウト秒
    DWORD 値: 40

    注: たとえば、40 秒のタイムアウトに対して値名を 40 に設定する必要があります。

サポートされているインストール順序

次の手順に従って、特定の順序で更新プログラムロールアップ パッケージをインストールすることをお勧めします。

  1. 次のサーバー インフラストラクチャに、使用可能な更新プログラムロールアップ パッケージをインストールします。

    • 管理サーバーまたはサーバー

    • ゲートウェイ サーバー

    • ACS

    • Web コンソール サーバーの役割コンピューター

    • オペレーション コンソールの役割コンピューター

  2. 管理パックを手動でインポートします。

  3. エージェント更新プログラムを手動でインストールされたエージェントに適用するか、Operations コンソールの [保留中] ビューからインストールをプッシュします。


注:

  • サーバー インフラストラクチャに更新プログラム ロールアップ パッケージをインストールする前またはインストール後に、エージェントに更新プログラムロールアップ パッケージをインストールします。

  • 接続された MG/階層化機能が有効になっている場合は、最初に接続済み MG/階層化機能の最上位層を更新する必要があります。

  • 更新プログラム ロールアップ 6 ファイルのバージョン番号は 9538.1109 です。

インストール情報

更新プログラムロールアップ パッケージをダウンロードし、更新プログラムロールアップ パッケージに含まれるファイルを抽出するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Update が各コンピューターに提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。 Microsoft Update では、各コンピューターにインストールされているコンポーネントに応じて、適切な更新プログラムが提供されます。

  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    MSP ファイルは、更新プログラムロールアップ パッケージに含まれています。 特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。 たとえば、Web コンソールとコンソールの役割が管理サーバーにインストールされている場合は、管理サーバーに MSP ファイルを適用します。 サーバーが保持する特定のロールごとに、サーバーに 1 つの MSP ファイルを適用します。

  3. Datawarehouse Server で次の Datawarehouse SQL スクリプトを OperationsManagerDW データベースに対して実行します。

    • UR_Datawarehouse.sql


    注: このスクリプトへのパスは次のとおりです。

    %SystemDrive%\Program Files\System Center 2012 SP1\Operations Manager\Server \SQL Script for Update Rollups

  4. OperationsManagerDB データベースに対して、データベース サーバーで次のデータベース SQL スクリプトを実行します。

    • Update_rollup_mom_db.sql
  5. 次の管理パックをインポートします。

    • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.IntelliTraceProfiling.mpb には、次の依存関係があります。

      • Microsoft.SystemCenter.IntelliTraceCollectorInstallation.mpb (SCOM 2012 SP1 Media からインストールする必要があります)

      • マイクロソフト。Windows。InternetInformationServices.Common.mpb (オンライン カタログからインストールする必要があります)

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Image.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー。Internal.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Apm.Infrastructure.Monitoring.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Apm.Infrastructure.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Apm.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Reports.mp

    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.ServiceLevel.Report.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.TFSWISynchronization.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library.mpb


Operations Manager 管理パックをインポートする方法について説明します。

注: 管理パックは、次のパスのサーバー コンポーネントの更新プログラムに含まれています。

%SystemDrive%\Program Files\System Center 2012 SP1\Operations Manager\Server\Management Pack for Update Rollups

アンインストール情報

更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec /uninstall PatchCodeGuid /package RTMProductCodeGuid Note このコマンドでは、 PatchCodeGuid は、次のいずれかの GUID を表すプレースホルダーです。

PatchCodeGuid

コンポーネント

アーキテクチャ

言語

{3E2A915C-5DD7-4187-9EDF-09E27736ED3D}

エージェント

AMD64

JA

{95FCCE1E-CFCE-4DE2-A4F7-1C4BFA7BEC25}

サーバー

AMD64

JA

{D796E244-521C-4B29-AEC2-E43CB46CC0DB}

ゲートウェイ

AMD64

JA

{DC372CA1-A6E9-457F-9C91-04977477ACF5}

WebConsole

AMD64

JA

{548D70A9-0ED8-4460-93A7-1B23F949388E}

コンソール

AMD64

JA

{8A1A8312-5BA1-4CDF-B927-E4F0EAE3A284}

ACS

AMD64

JA

{32FD8BE9-5FFA-4072-8C84-47B4AD61C6F3}

エージェント

IA-64

JA

{16CCFCE1-7FDF-4E8A-9129-88813BEB51A3}

エージェント

x86

JA

{7BAD7062-00A6-467E-A21B-F2A74F714AA3}

コンソール

x86

JA

{CFEFB1B1-AB32-4B61-9ED3-3A2F2AA66DA3}

コンソール

AMD64

CN

{C22FB230-72E7-4A15-AC75-EA989E413859}

WebConsole

AMD64

CN

{CFEFB1B1-AB32-4B61-9ED3-3A2F2AA66DA3}

ACS

AMD64

CN

{2723F121-2753-44BF-87F5-FECCC3CC745C}

WebConsole

AMD64

CS

{B1CCCA52-3B97-4CCA-95BA-3F7FE77270F3}

コンソール

AMD64

CS

{E765288E-B1D9-4939-BF8B-0507CDDB771A}

ACS

AMD64

CS

{7228E822-864E-45E4-B48C-09827B11C8ED}

コンソール

AMD64

{6EF34949-80DC-4A94-A796-D84D036B0A08}

WebConsole

AMD64

{A03149FE-D8A4-4C0E-B2D5-03D6D27F1386}

ACS

AMD64

{2C4C6052-7C9F-447F-9E29-FB6B629F0774}

コンソール

AMD64

ES

{4FFF65BE-0606-475A-B9A8-714995CB5593}

WebConsole

AMD64

ES

{2F242A84-66A0-4C7C-A89E-0A8C2A8C3F59}

ACS

AMD64

ES

{1FA250AC-04EC-41E8-AE9A-19F73EA63157}

コンソール

AMD64

神父

{31D80AE0-6674-49E4-8566-8D8CB4AF7B2C}

WebConsole

AMD64

神父

{A8F48A72-0D5A-4AD3-9668-681FCDFB70A6}

ACS

AMD64

神父

{FB03B9C7-1AEE-437B-BBDF-4B345D013042}

コンソール

AMD64

{73604E4D-BDD3-4CFB-A1DF-BF852A39D32A}

WebConsole

AMD64

{D6F36BE7-E5B1-436F-B06A-5CD78D6B1DD2}

ACS

AMD64

{07F5F9DF-6AB4-4A07-8712-011EC7E66EBA}

コンソール

AMD64

それ

{9E667253-45CB-4679-B174-F68F831A32C0}

WebConsole

AMD64

それ

{C4A01548-03B9-4DDC-8555-DDFE8ABD4B21}

ACS

AMD64

それ

{FAE571A2-C31B-4F06-8592-9642E8856BBB}

コンソール

AMD64

JA

{6E0200A0-433F-4010-A3C7-1918372B9D91}

WebConsole

AMD64

JA

{2DDFA903-4D31-4122-9CC3-C46F838C431D}

ACS

AMD64

JA

{C5650098-53C4-4387-9916-3AC73B45F7D9}

コンソール

AMD64

{3198F87C-70FA-4BDC-BC59-B0F24C93B8CC}

WebConsole

AMD64

{5338D1F2-400B-4713-941C-4CA3C70AB7CC}

ACS

AMD64

{4AB387CF-1DE7-4049-B29A-89848B2F0215}

コンソール

AMD64

NL

{49C7875C-A9FB-4941-BBC8-8E09811EAA7A}

WebConsole

AMD64

NL

{FA97260C-27B4-424A-B460-00AE9372F03B}

ACS

AMD64

NL

{60039314-1071-41D6-BD3B-DCBF47AB7F88}

コンソール

AMD64

PL

{524DF1D6-FE47-4284-841E-37DEF3244F87}

WebConsole

AMD64

PL

{DFCD60B9-EE32-4EFC-8006-0C1D5746E52D}

ACS

AMD64

PL

{81FFCE89-6718-468C-B470-2885D41BA7A2}

コンソール

AMD64

PT-BR

{EF6BC989-51BC-4467-94D5-F1749EC50DD4}

WebConsole

AMD64

PT-BR

{61BCD312-2283-448F-8678-629A1ACA0E55}

ACS

AMD64

PT-BR

{9EBFB1C3-B42A-4B39-8408-E528024D3967}

コンソール

AMD64

PT-PT

{2961FC2C-5ACE-4DD5-9E2D-6D1EAA2B918E}

WebConsole

AMD64

PT-PT

{F4EE6AFE-1797-4AA1-A454-A6E6E13CC2C7}

ACS

AMD64

PT-PT

{F9359D9F-2855-476F-A7CB-82A7B8CB05AA}

ACS

AMD64

RU

{6EC0ACAF-63F0-4205-A47F-7265BE728F74}

コンソール

AMD64

RU

{D5FA44E7-3C7F-485E-BD6F-8AF61098B4A9}

WebConsole

AMD64

RU

{DDB1A676-12C7-4772-A14D-27B1BD1EAA8B}

ACS

AMD64

SV

{EB8B7BA6-E3BB-4F58-8B0B-136D2F83A0A7}

コンソール

AMD64

SV

{976DEDB2-8F12-44AC-9F8B-6A8ACA35906C}

WebConsole

AMD64

SV

{3D64DF07-AD15-470A-84B7-F10624846F9D}

コンソール

AMD64

TR

{108494D0-41DD-4A47-ACA5-EE2B1E53E80E}

WebConsole

AMD64

TR

{272C24D4-916C-4459-B1C7-91C5270DB300}

ACS

AMD64

TR

{87A9E5AF-4F2B-4D5C-8D83-ECC6EFDF53B3}

コンソール

AMD64

TW

{9534C2A7-BC7E-45C8-ABED-7C390291231F}

WebConsole

AMD64

TW

{A0EE4EF8-44D2-4E00-A7A0-15D217734D29}

ACS

AMD64

TW

{1528A33A-3EEB-4F7D-85F5-4F1A4C94D59E}

コンソール

AMD64

ZH-HK

{B0270876-3A72-41CC-BC84-079D24A02909}

WebConsole

AMD64

ZH-HK

{D02E2CCA-F8D4-4803-AC10-504737559781}

ACS

AMD64

ZH-HK

{F5C22DDD-045C-4148-AFFF-60BF8565EE87}

コンソール

x86

CN

{CDD86914-C45B-45B1-AA6E-C7E8CC61B35E}

コンソール

x86

CS

{DE4D6418-683E-46D5-A00E-6CC08FC9BABE}

コンソール

x86

{36224DF7-B770-40C1-8E7E-6246C7A425F5}

コンソール

x86

ES

{068CED55-50B6-4C50-A0F5-2B322F3A2837}

コンソール

x86

神父

{1331393E-530A-4208-B8FF-9BBCD7A30FA9}

コンソール

x86

{863D99FC-30EE-4852-8CDE-C45ABF59E966}

コンソール

x86

それ

{B96FFE7B-FF32-4ACC-98C9-4E4162BD1E72}

コンソール

x86

JA

{5D15A4D1-B09A-4BE1-A266-00E49C6636A0}

コンソール

x86

{91B49B8E-ACC3-45E3-AB14-3056E8EE3593}

コンソール

x86

NL

{8458CD5A-93C9-4C15-A6F3-F6296FD22102}

コンソール

x86

PL

{C8B1E9DA-5669-4942-9DE9-7F1F07C65B88}

コンソール

x86

PT-BR

{6ACC8488-35F0-41FF-AB11-3FC0E4D30C87}

コンソール

x86

PT-PT

{3C41325E-212D-48A8-BFD8-BDACFD6B1ED2}

コンソール

x86

RU

{A8091280-7C76-495C-BEFF-0E9E9EEBA700}

コンソール

x86

SV

{EB393110-D694-4096-B38C-599CD1642FB7}

コンソール

x86

TR

{03347D7C-066B-4724-AD98-30A67A1158F2}

コンソール

x86

TW

{F931D66B-44BC-44B0-9D0C-4802184EA843}

コンソール

x86

ZH-HK


さらに、 RTMProductCodeGuid は、次のいずれかの GUID を表すプレースホルダーです。

コンポーネント

RTMProductCodeGuid

サーバー

{8070C91C-7D7C-4DAD-88B1-0966EEA9A8FE}

コンソール (AMD64)

{5142AB0B-73E3-4AD3-9D0F-65B3D9026769}

コンソール (x86)

{358C8AF0-25BB-425A-A4E6-7ADE54ED4736}

レポート

{A2D27C0E-181D-4955-B95D-D3FB651E6AF7}

WebConsole (AMD64)

{5ED945BA-2BDD-4567-804E-8D3D2DB5CC9B}

ACS

{3E7464F7-A468-44E1-9A95-58349E022EAE}

エージェント (AMD64)

{8B21425D-02F3-4B80-88CE-8F79B320D330}

エージェント (x86)

{387306D9-78CE-4E0E-B952-28A50CC8B3EE}

エージェント (IA-64)

{F3DDB021-89BC-464F-9107-69E2547D08FD}

ゲートウェイ

{80C2A57A-4193-4800-AA27-CD79553FE9DF}

SCX-ACS (AMD64)

{B30F4F71-2AF3-4542-855B-E1C7A31AC9A5}

SCX-ACS (x86)

{B30F4F71-2AF3-4542-855B-E1C7A31AC9A5}

Operations Manager のインストール手順 - UNIXと Linux の監視 (管理パックの更新)

UNIXおよび Linux オペレーティング システム用に更新された監視パックとエージェントをインストールするには、次の手順に従います。

  1. 更新された管理パックを次の Microsoft Web サイトからダウンロードします。

    UNIX および Linux オペレーティング システム用のSystem Center監視パック

  2. 管理パックの更新パッケージをインストールして、管理パック ファイルを抽出します。

  3. 更新された Microsoft.Unix.Library 管理パック (\2012 SP1\ フォルダーから)、Microsoft.ShellCommand.Library 管理パック バンドル、Microsoft.Process.Library 管理パック バンドル、および環境で監視している Linux またはUNIX プラットフォームに関連するプラットフォーム ライブラリ管理パックをインポートします。

  4. 環境内で監視している Linux またはUNIXのバージョンごとに、更新された管理パックをインポートします。

  5. UNIX/Linux エージェントの管理に使用される各管理サーバーまたはゲートウェイで、"System Center管理サービス" を再起動します。

  6. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、Update-SCXAgent Windows PowerShell コマンドレットまたは UNIX/Linux エージェント アップグレード ウィザードを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。


注: UNIXおよび Linux オペレーティング システムの各バージョンの管理パック バンドル ファイルには、管理パックファイルとエージェント ファイルが含まれています。 エージェント ファイルをエージェントのアップグレードに使用できるようになるまでに、管理パック バンドルをインポートしてから数分待つ必要がある場合があります。

更新プログラム ロールアップ 6 パッケージで更新されたファイル

変更されたファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.EnterpriseManagement.Presentation.Controls.dll

1,782,488 バイト

7.0.9538.1109

Microsoft.EnterpriseManagement.Monitoring.Components.dll

1,136,856 バイト

7.0.9538.1109

Microsoft.EnterpriseManagement.Presentation.Controls.dll(Silverlight)

1,644,760 バイト

7.0.9538.1109

Microsoft.EnterpriseManagement.Monitoring.Components.dll(Silverlight)

829,656 バイト

7.0.9538.1109

Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library.mpb

290,816 バイト

--

Microsoft.SystemCenter.GTM.Tool.Widgets.dll

57,048 バイト

7.0.9538.1109

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.dll

2,501,320 バイト

7.5.2905.166

Microsoft.Mom.UI.Components.dll

6,142,680 バイト

7.0.9538.1109

UR_Datawarehouse.sql

290,050 バイト

--

HealthService.dll

3,306,200 バイト

7.0.9538.1109


変更されたファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.AIX.5.3.mpb

16,715 KB

7.4.4339.0

Microsoft.AIX.6.1.mpb

16,718 KB

7.4.4339.0

Microsoft.AIX.7.mpb

15,934 KB

7.4.4339.0

Microsoft.AIX.Library.mp

31KB

7.4.4339.0

Microsoft.HPUX.11iv2.mpb

39,303 KB

7.4.4339.0

Microsoft.HPUX.11iv3.mpb

39,387 KB

7.4.4339.0

Microsoft.HPUX.Library.mp

31KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.Library.mp

31KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.RedHat.Library.mp

15 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.RHEL.4.mpb

35,542 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.RHEL.5.mpb

34,874 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.RHEL.6.mpb

33,067KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.SLES.9.mpb

16,749 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.SLES.10.mpb

33,695 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.SLES.11.mpb

22,982 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.SUSE.Library.mp

15 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.Universal.Library.mp

16 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.Universal.Monitoring.mp

83 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.UniversalD.1.mpb

64,757 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Linux.UniversalR.1.mpb

67,694 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Solaris.9.mpb

8,504 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Solaris.10.mpb

16,153 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Solaris.11.mpb

17,282 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Solaris.Library.mp

22 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Unix.ConsoleLibrary.mp

23 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Unix.Library.mp

83 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Unix.LogFile.Library.mpb

86 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Unix.Process.Library.mpb

98 KB

7.4.4339.0

Microsoft.Unix.ShellCommand.Library.mpb

68 KB

7.4.4339.0


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×