Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

はじめに

この記事では、Microsoft System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager の更新プログラム ロールアップ 11 で修正される問題について説明します。 System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager には、VMM サーバー用と管理者コンソール用の 2 つの更新プログラムがあります。 この記事には、System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager の更新プログラム ロールアップ 11 のインストール手順も含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • サービス インスタンスの大規模なデプロイを実行しようとすると、VMM 配置では、1 つのホストに多数の VM が不均等に格納されることがあります。

  • Virtual Machine Manager (VMM) 管理者コンソールは、Anniversary Update がインストールされているすべてのWindows 10 ベースのクライアント コンピューターでクラッシュします。

  • VMM は、クラスター ディスクがマウント ポイントとしてアクセスされた場合、仮想マシン (VM) リソース グループからクラスター ディスクを削除します。

  • VMM コンソールに表示される CPU の平均メモリ の値は、過去 10 分間の平均に基づいて計算されません。 代わりに、VMM は最新の値を考慮するだけです。

  • VMM の外部でポート ACL 規則を作成しようとしてプロトコルを指定しない場合、プロトコルは既定のプロトコルとして "ANY" を使用しません。 このポート ACL 規則がアタッチされている VM を更新すると、指定されたプロトコルが存在しないことを示すエラーで VM の更新が失敗します。

    エラー (50269)
    ポート ACL で無効なプロトコルが選択されました: '*'、 TCP/UDP/ANY を選択します。

    推奨されるアクション
    チェック ポート ACL リストが適用されました。


  • 複数のコンピューター層のサービス インスタンスの一部があるシナリオでは、論理ネットワークの依存リソースを表示しようとすると ([依存リソースの表示] をクリックして) 次のエラー メッセージが表示されます。

    PowerShell スクリプトの実行中に不明なエラーが発生しました:
    "Add" と "2" 引数を呼び出す例外: "Item は既に追加されています。
    ディクショナリ内のキー: key_in_dictionary キーを追加する:
    key_being_added

    もう一度操作を試します。 問題が解決しない場合は、Microsoft ヘルプとサポートにお問い合わせください。

    ID: 27235


  • ホストのベア メタル展開中に、VMM 静的 MAC プールから MAC アドレスを指定できます。 MAC アドレスをゼロ (00:00:00:00:00:00:00) として指定した場合は、プールから自動的に割り当てられます。 ただし、vNIC が管理 pNIC (一時的な NIC) で構成されているシナリオでは、vNIC MAC アドレスをゼロとして指定すると、ベア メタル展開プロセスのエラーが発生し、次のエラーがトリガーされます。

    エラー (21536)
    一時的な物理管理アダプターの MAC アドレス <MAC アドレス>が、仮想管理アダプターの MAC アドレス 00:00:00:00:00 と一致しません。

    推奨処置
    一時的な物理管理アダプターと仮想管理アダプターに指定されている MAC アドレスを修正し、もう一度操作を試します。


    この問題を回避するには、管理 vNIC の MAC アドレスとしてホスト pNIC MAC を使用します。

  • VM テンプレートから第 2 世代 VM を作成しようとすると、プロセスが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    エラー (13206)
    仮想マシン マネージャーは、VM 名><仮想マシン上のブートボリュームまたはシステム ボリュームを見つけることができません。 結果として生成される仮想マシンが正常に起動または動作しない可能性があります。


    この問題の症状は、更新プログラム ロールアップ 10 で修正された問題と似ています。 ただし、シナリオと原因は次のように異なります。

    • 更新プログラム ロールアップ 10 で修正された問題: VMM はボリュームのマウントを待機せず、起動可能なボリュームが見つかりません。

    • 更新プログラム ロールアップ 11 で修正された問題: ボリュームのマウントは問題なく完了します。 ただし、マウント後に返されるボリュームは起動できません。



    この問題に記載されているエラー メッセージは、複数の問題 (複数の根本原因) によって発生します。次のシナリオでは、更新プログラム ロールアップ 11 ではまだ修正されていない問題が 1 つあります。

    シナリオ:

    convert-windowsimage.ps1 スクリプトを使用して Sysprep-ed VHDX を作成し、VHDX を使用してテンプレートを作成した場合、このテンプレートを使用して第 2 世代 VM をデプロイすると、このエラー メッセージが表示されることがあります。

    注: この問題を回避するには、テンプレートを使用せずに VHDX を使用して VM を作成します。 その後、VMM を使用してこの VM からテンプレートを作成し、このテンプレートを使用して第 2 世代 VM を問題なくデプロイできます。

この更新プログラムロールアップの修正プログラム 1

修正プログラムは、この更新プログラムのロールアップの上で使用できます。 この修正プログラムは、ゲスト OS としてのWindows Server 2016をサポートする機能を追加します。 詳細については、「 KB 3199246」を参照してください。

System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager のリリース バージョンの既知の問題

  • 一部のホストの HPE Microsoft Store仮想サーバー アプライアンスの詳細が表示されない

    8 ノード クラスターから 12 ノードまたは 16 ノード クラスターにクラスターを展開すると、いくつかのホストの HPE Microsoft Store仮想サーバー アプライアンス (VSA) の詳細が Virtual Machine Manager (VMM) コンソールに表示されなくなります。 Storage プロバイダーの更新または再スキャンを実行しても役に立たない。

    更新プログラム ロールアップ 11 では、この問題は修正されません。 この問題を回避するには、影響を受けるホストで Read-SCVirtualMachine コマンドを実行するか、影響を受けるホストの VMM コンソールから仮想マシンを更新します。 これにより、VSA の詳細が Virtual Machine Manager に確実に設定されます。

  • VMM ゲスト エージェントが仮想マシン

    で実行されない サービス インスタンスを維持しようとすると、VMM ゲスト エージェントが仮想マシンで実行されず、VMM エージェント サービスがクラッシュします。 さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    警告 (22685)
    VMM で、サービス レベルのアップグレード ドメイン 0 内の 1 つ以上の仮想マシンのゲストを構成できませんでした<名前>

    仮想マシンの推奨アクション
    検査エラーを確認してから、操作を再試行します。

    エラー (22655)
    VMM は、コンピューター<名前>から状態を取得できません。

    推奨されるアクション
    コンピューターが実行されていて、VM ゲスト エージェントが正常な状態であるかどうかを確認します。


    この問題は、VMM ゲスト エージェントが (DPAPI によって保護された) データの暗号化解除を試みたが、暗号化に使用されるキーを見つけることができない場合に発生する暗号化の除外が原因で発生します。

    更新プログラム ロールアップ 11 では、この問題は修正されません。 サービスを提供しようとしている仮想マシンでこの問題を回避するには、"C:\\Program Files\Microsoft System Center 2012 R2\Virtual Machine Manager ゲスト エージェント R2\bin\設定\DownloadManagerMap.dat" ファイルの名前を "DownloadManagerMap.dat.old" に変更し、サービスを再起動します。

以前の更新プログラムのロールアップに関する既知の問題

  • System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager 以降の更新プログラムの更新

    プログラム ロールアップ 8 の再インストール 更新プログラム ロールアップ 8 以降の再インストールは失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    time:InnerException.Type: System.Data.SqlClient.SqlException, InnerException.Message: PRIMARY KEY 制約 'PK_tbl_WLC_ServiceTemplate' の違反。 オブジェクト 'dbo.tbl_WLC_ServiceTemplate' に重複するキーを挿入できません。 重複するキー値は (5fddb85c-4ae5-4c8b-be83-9b2961a316dd) です。


    この問題は、更新プログラム ロールアップ 11 では修正されません。 更新プログラム ロールアップ 8 以降の更新プログラムロールアップを正常に再インストールするには、次の手順に従います。

    1. 製品をアンインストールし、更新プログラムのロールアップ データベースを保持します。

    2. 保持されているデータベースで PreR2ReInstall スクリプトを実行します。

    3. プログラムを保持データベースをポイントすることで、System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager のリリース バージョンをインストールします。

      インストールは完了しますが、VMM サービスが開始されない場合があります。

    4. 更新プログラムのロールアップをインストールし、 PostInstall スクリプトを実行します。

    5. VMM サービスが自動的に開始されない場合は、VMM サービスを開始します。


    詳細については、Microsoft サポート技術情報の次の記事を参照してください。

    3132774 Virtual Machine Manager を再インストールするときにデータベースを保持する方法

  • 高可用性 VMM (HAVMM) クラスター

    に新しいノードを追加する HAVMM クラスターに新しいノードを追加し、更新プログラム ロールアップ 8 以降のロールアップを新しいノードにインストールすると、次の例外が発生します。

    time:InnerException.Type: System.Data.SqlClient.SqlException, InnerException.Message: PRIMARY KEY 制約 'PK_tbl_WLC_ServiceTemplate' の違反。 オブジェクト 'dbo.tbl_WLC_ServiceTemplate' に重複するキーを挿入できません。 重複するキー値は (5fddb85c-4ae5-4c8b-be83-9b2961a316dd) です。


    この問題は、更新プログラム ロールアップ 11 では修正されません。 この例外を修正するには、次の手順に従います。

    1. 2 番目のノードをクラスターに追加します。

    2. VMM がインストールされているノードでSystem Center Virtual Machine Manager サービスを停止します。

    3. データベースで PreR2ReInstall スクリプトを実行します。

    4. System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager のリリース バージョンを、既存のデータベースを指す 2 番目のノードにインストールします。

    5. 2 番目のノードに更新プログラムのロールアップをインストールし、 PostInstall スクリプトを実行します。

    6. アクティブ なノードで VMM サービスを開始します。



    詳細については、Microsoft サポート技術情報の次の記事を参照してください。

    3132774 Virtual Machine Manage を再インストールするときにデータベースを保持する方法

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

119591 Microsoft は、このファイルをスキャンオンライン サービスから Microsoft サポート ファイルを取得する方法に関するページで、ウイルスを検出しました。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager の更新プログラム ロールアップ 11 を取得してインストールする方法

ダウンロード情報

Virtual Machine Manager の更新プログラム パッケージは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。



Microsoft Update

Microsoft Update から更新プログラム パッケージを取得してインストールするには、Virtual Machine Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターで次の手順に従います。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルで、Windows Updateをダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。

  5. 更新プログラム ロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリックします。

  6. [更新プログラムのインストール] をクリックして、更新プログラム パッケージをインストールします。

手動ダウンロード

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次の Web サイトに移動します。

ダウンロード 管理者コンソール (amd64) 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

ダウンロード 管理者コンソール (i386) 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

ダウンロード VMM Server 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。
Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

119591 Microsoft は、このファイルをスキャンオンライン サービスから Microsoft サポート ファイルを取得する方法に関するページで、ウイルスを検出しました。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update <packagename> たとえば、System Center 2012 Virtual Machine Manager 2012 R2 サーバー (KB3184831) の更新プログラム ロールアップ 11 パッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update kb3184831_vmmserver_amd64.msp
注: VMM サーバーで更新プログラム ロールアップ 11 の更新を実行するには、VMM コンソールとサーバーの両方の更新プログラムをインストールする必要があります。 詳細については、Microsoft TechNet Web サイトの「System Center 2012 VMM の更新プログラムのロールアップをインストール、削除、または確認する方法」トピックを参照してください。

参考資料

サードパーティの情報免責事項

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×