はじめに

この記事では、Microsoft System Center Data Protection Manager 2016 の更新プログラム ロールアップ 10 で修正される問題について説明します。 この記事には、この更新プログラムのインストール手順も記載されています。

注: 既存の Data Protection Manager を Microsoft Azure のお客様に適用するには、Microsoft Azure Recovery Services (MARS) エージェント バージョン 2.0.9190.0 以降の必須更新プログラムを適用し、この KB 記事で説明されている手順を使用して暗号化パスフレーズを確認する必要があります 最新のエージェントがインストールされていない場合、オンラインのバックアップと復旧が失敗し、Data Protection Manager から Microsoft Azure への操作は機能しません。

修正される問題

この更新プログラムは、次の問題を修正します。

  • ディスク使用率レポートに最新のバックアップ ストレージの使用状況が反映されていませんでした。

  • 一部のシナリオでは、非アクティブなワークロードを再保護すると、必要なディスク領域が過度に大きいと再計算されます

  • 保護グループの変更操作には長い時間がかかる場合があります。一方、単一の保護グループ内の多数のクライアント マシンを保護する

  • フェールオーバー クラスターバックアップを使用した SQL Always On構成では、バックアップの基本設定が優先されないため、バックアップが失敗することがあります。

  • バックアップ前スクリプトとバックアップ後スクリプトが RCT ベースの Hyper-V ワークロードでは機能しない

  • HYPER-V VM 保護は、VM ファイル名と DPM マウント パスの合計サイズが 256 文字を超えると失敗します。

  • 重複除去が有効になっている NTFS ボリュームの整合性チェックが失敗し、エラー: ID 30134 Details: ファイルが既に存在する場合はファイルを作成できません (0x800700B7)

  • SQL サーバーがフロントエンド SharePoint サーバーとは異なるドメインである場合、SharePoint のバックアップは失敗します。 詳細については、「詳細情報」セクションを参照してください。

  • ネットワーク調整が有効になっているクラスター化された VM を復元しようとすると、DPM コンソールがクラッシュします。

  • これに加えて、 SC DPM 2016 更新プログラム ロールアップ 9 および DPM 2016 の以前の UR で修正されたすべての問題は、SC DPM 2016 UR10 にも含まれています。

その他の機能強化と機能

  • SCDPM 2016 UR10 には、バックアップ データ移行用に最適化された新しい機能があります。 新機能の詳細については、 こちらのドキュメントを参照してください。

既知の問題

注: 更新プログラム ロールアップ エージェントを新しくインストールすると、保護されたサーバーが再起動される可能性があります。
 

System Center 2016 Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 10 を取得する方法

Data Protection Manager の更新プログラム パッケージは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。

Microsoft Update

Microsoft Update から更新プログラム パッケージを取得してインストールするには、Data Protection Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターで次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルで、Windows Updateをダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。

  5. 更新プログラム ロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリックします

  6. [更新プログラムのインストール] をクリックして、更新プログラム パッケージをインストールします。

手動ダウンロード

次の Web サイトに移動して、Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードします。

  download.jpgData Protection Manager 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードする

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

ウイルス スキャンに関する注意事項

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Data Protection Manager のインストール手順

Data Protection Manager 用にこの更新プログラムをインストールするには、次の手順に従います。

  1. この更新プログラムをインストールする前に、Data Protection Manager データベースのバックアップを作成します。

  2. System Center Data Protection Manager 2016 を実行しているサーバーにこのロールアップ パッケージをインストールします。 これを行うには、サーバーで Microsoft Update を実行します。

  3. Data Protection Manager 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。 これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。


メモ:保護グループを作成または変更するには、保護されたサーバーを再起動する必要があります。

方法 1: Data Protection Manager 管理者コンソールから保護エージェントを更新する

  1. Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。

  2. [管理] タブをクリックし、[エージェント] タブをクリックします。

  3. [保護されたコンピューター] ボックスの一覧でコンピューターを選択し、[操作] ウィンドウで [更新] をクリックします。

  4. [はい] をクリックし、[エージェントの更新] をクリックします。


方法 2: 保護されたサーバー上の保護エージェントを更新する

  1. System Center 2016 Data Protection Manager サーバー上の次のディレクトリから更新保護エージェント パッケージを取得します。

    • x86 ベースの更新プログラムの場合: i386\DPMProtectionAgent_KB4578608.msp

    • x64 bsaed 更新プログラムの場合: amd\1033\DPMProtectionAgent_KB4578608_amd64.msp

  2. 保護された各サーバーで DPMProtectionAgent.msp パッケージを実行します。

  3. System Center Data Protection Manager サーバー 2016 で Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。

  4. [管理] タブをクリックし、[エージェント] タブをクリックします。 保護されたサーバーを選択し、情報を更新し、エージェントのバージョン番号が 5.0.622.0 であることを確認します。



 

詳細情報

問題

SharePoint ファームのSQL Database サーバーが SharePoint ファームと異なるドメインにある場合、SharePoint ファームの保護が失敗する可能性があります。 これは、FQDN ではなく SharePoint のインストール中に SQL サーバーの NetBIOS 名が使用された場合に発生します。 この問題を解決するには、SQL Serverの FQDN を指定して SharePoint ファームを再インストールするか、次のレジストリ キーを使用します。 最初に、この更新プログラム ロールアップ パッケージを DPM サーバーにインストールする必要があります。

すべての SharePoint Web フロントエンド サーバーに次のレジストリ キーを追加します。

Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Agent\Sharepoint

名前: AlternateDomainForDatabaseServer

型: 文字列

値: SQL Server>のドメイン名を<します

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×