概要

この Windows 10 用のセキュリティ更新プログラム (2015 年 12 月 8 日) には Windows 10 Version 1511 の機能強化が含まれ、Windows の次の脆弱性を解決します。

  • 3119075 [MS15-135] 特権の昇格に対処する Windows カーネル モード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム (2015 年 12 月 8 日)

  • 3116130 [MS15-133] 特権の昇格に対処する Windows RMCAST 用のセキュリティ更新プログラム (2015 年 12 月 8 日)

  • 3116162 [MS15-132] 特権の昇格に対処する Windows 用のセキュリティ更新プログラム: (2015 年 12 月 8 日)

  • 3104503 [MS15-128] リモートでのコード実行に対処する Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム: (2015 年 12 月 8 日)

  • 3116178 [MS15-126] リモートでのコード実行に対処する Microsoft VBScript および JScript 用のセキュリティ更新プログラム: (2015 年 12 月 8 日)

  • 3116184 [MS15-125] Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2015 年 12 月 8 日)

  • 3116180 [MS15-124] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2015 年 12 月 8 日)


Windows 10 Version 1511 の更新プログラムは累積的です。つまり、このパッケージにはこれまでにリースされたすべての修正が含まれています。これまでにリリースされた修正をインストールしている場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、コンピューターにインストールされます。

この更新プログラムの入手方法

重要 この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトにアクセスします。

必要条件

この更新プログラムをインストールするための必要条件はありません。

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用すると、以前にリリースされた更新プログラム 3116908 が置き換えられます。

File name

SHA1 hash

SHA256 hash

Windows10.0-KB3116900-x86.msu

54460E3F90AF15D74B7DB847B97BAB145F400976

640DCDD7496DF26089A9B602975A7F6EAB04E5F4BC376439FB9F004B6B6AFB33

Windows10.0-KB3116900-x64.msu

42163E00BAA749B755096D603921AC30C871C57C

ACA2E9AB22B25C457F0C321C0D2BB4A296B83BD09E831B4C7FF07E2E68E12EE4


ファイルに関する情報この累積的な更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 3116900 のファイル情報をダウンロードしてください。

関連情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×