Windows 7、Windows Vista、および Windows XP で米国 - インターナショナル キーボード レイアウトを使用する方法

この資料の内容

解決方法

この資料では、Windows 7、Windows Vista、および Windows XP で米国 - インターナショナル キーボード レイアウトを使用する方法を説明します。

米国 - インターナショナル レイアウトを使用すると、キーを組み合わせることで各種言語の文字や特殊文字を入力できます。

米国 - インターナショナル キーボードを使用する方法

米国 - インターナショナル キーボード レイアウトを追加する


米国 - インターナショナル キーボード レイアウトを追加するには、以下の手順を実行します。

  • Windows 7 または Windows Vista

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「intl.cpl」と入力し、Enter キーを押します。

    2. [キーボードと言語] タブで、[キーボードの変更] をクリックします。

    3. [追加] をクリックします。

    4. 使用する言語を展開します。 たとえば、[英語 (米国)] をクリックします。

    5. キーボードの一覧を展開し、[米国 - インターナショナル] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

    6. [既定の入力言語] の一覧で、[言語名 - 米国 - インターナショナル (言語名は手順 4 で選択した言語) をクリックし、[OK] を 2 回クリックします。

    7. [地域と言語のオプション] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。


      タスク バーに言語バーが表示されることに注意してください。 言語バーの上にマウス ポインターを置くと、アクティブなキーボード レイアウトがツールヒントとして表示されます。

    8. 言語バーをクリックし、表示されたショートカット メニューで [米国 - インターナショナル] をクリックします。

      米国 - インターナショナル キーボード レイアウトが選択されます。

  • Windows XP

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] ボックスに「intl.cpl」と入力し、Enter キーを押します。

    2. [言語] タブの [詳細] をクリックします。

    3. [インストールされているサービス] の下の [追加] をクリックします。

    4. 入力言語の一覧で、使用する言語をクリックします。 たとえば、[英語 (米国)] をクリックします。

    5. キーボード レイアウト/入力システムの一覧で、[米国 - インターナショナル] をクリックして、[OK] をクリックします。

    6. [コンピューターを起動するときに使用する入力言語を、インストールされているものから 1 つ選んでください] の一覧で、[言語名 - 米国 - インターナショナル] (言語名 の部分は手順 6 で選択した言語) をクリックし、[OK] をクリックします。

    7. [地域と言語のオプション] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

      タスク バーに言語バーが表示されることに注意してください。 言語バーの上にマウス ポインターを置くと、アクティブなキーボード レイアウトがツールヒントとして表示されます。 たとえば、[米国 - インターナショナル] と表示されます。

    8. 言語バーをクリックし、表示されたショートカット メニューで [米国 - インターナショナル] をクリックします。

      米国 - インターナショナル キーボード レイアウトが選択されます。

言語バーの関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

方法: Windows XP での言語バーの使用方法
 

拡張文字を作成する

米国 - インターナショナル キーボード レイアウトでは、右の Alt キー (キーボードの右側にある Alt キー) に新しい機能が割り当てられます。 右の Alt キーを他のキーと組み合わせることで、拡張文字を入力できます。

次の表に、右の Alt キーに他のキーを組み合わせることで入力できる文字と、右の Alt キーと Shift キーに他のキーを組み合わせることで入力できる文字を示します。

各種言語の文字を作成する

アポストロフィ ( ' ) キー、二重引用符 ( " ) キー、アクサン グラーブ ( ` ) キー、チルダ ( ~ ) キー、またはアクサン シルコンフレックス、別名キャレット ( ^ ) キーを押しても、2 つ目のキーを押すまで画面には何も表示されません。

  • アクセント記号を付けることができる文字のキーを押すと、文字がアクセント記号付きで表示されます。

  • アクセント記号を付けることができない文字のキーを押すと、2 つの文字が別々に表示されます。

  • Space キーを押すと、記号 (アポストロフィ、二重引用符、アクサン グラーブ、チルダ、アクサン シルコンフレックスまたはキャレット) は単独で表示されます。

次の表に、目的の文字を入力するためのキーの組み合わせを示します。

注: 次の表に示すキーの組み合わせが使いにくい場合は、US キーボード レイアウトなど、別のキーボード レイアウトを追加することができます。 キーボード レイアウトを追加する手順については、この資料の「米国 - インターナショナル キーボード レイアウトを追加する」セクションを参照してください。 このシナリオで、[米国 - インターナショナル] 以外のキーボードを選択します。

押すキー

次に押すキー

結果の文字

' (アポストロフィ)

c、e、y、u、i、o、a

ç、é、ý、ú、í、ó、á

" (二重引用符)

e、y、u、i、o、a

ë、ÿ、ü、ï、ö、ä

` (アクサン グラーブ)

e、u、i、o、a

è、Ù、ì、ò、à

~ (チルダ)

o、n、a

õ、ñ、ã

^ (キャレット)

e、u、i、o、a

ê、û、î、ô、â

Windows 7 での変更点

Windows 7 の中央ヨーロッパや東ヨーロッパの言語ロケール バージョンでは、既定のキーボード レイアウトとして、US キーボード レイアウトの代わりに米国 - インターナショナル キーボードがインストールされています。 この変更により、動作が異なることがあります。 変更された理由は、米国 - インターナショナル キーボードには US キーボードのすべてのキーが含まれていることに加え、中央ヨーロッパや東ヨーロッパの言語でよく使用されるアクセント記号付きの文字が多くサポートされていることです。

それでも US キーボード レイアウトを使用する場合は、キーボード レイアウトを追加する手順について、この資料の「米国 - インターナショナル キーボード レイアウトを追加する」セクションを参照してください。

注: このシナリオで、[米国 - インターナショナル] ではなく [US] を選択します。

固定キー機能の使用方法

キーの組み合わせを使用するには、2 つ以上のキーを同時に押す必要があります。 片腕の不自由なユーザーやマウス スティックを使用するユーザーにとって、これは難しい操作です。 固定キー機能を使用すると、修飾キー (Ctrl、Alt、または Shift) または Windows ロゴ キーを押した後、他のキーを押すまでアクティブにしておくことができます。



固定キー機能を有効にするには、以下の手順を実行します。

  • Windows 7 または Windows Vista

    1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [コンピューターの簡単操作] をクリックし、[キーボードの動作の変更] をクリックします。

    3. [固定キー機能を有効にする] チェック ボックスをオンにします。

    4. [OK] をクリックします。

  • Windows XP

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [作業する分野を選びます] で [ユーザー補助のオプション] をクリックします。

    3. [コントロール パネル] アイコンの下、または選択し、[ユーザー補助のオプション] をクリックします。

      [ユーザー補助のオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

    4. [キーボード] タブで、[固定キー機能を使う] チェック ボックスをクリックして選択し、[OK] をクリックします。



問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。 問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。 問題が解決されていない場合は、ことができます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×