Windows Server 2012 R2 と Windows 8.1 で.NET Framework の 4.6 の修正プログラム ロールアップ 3088956

この資料では、4.6 の Microsoft.NET Framework で利用可能な修正プログラムのロールアップ 3088956 について説明します。修正プログラムのロールアップで修正される問題の詳細については、「この修正プログラム ロールアップで修正される問題」を参照してください。

解決策

サポートされている修正プログラムはマイクロソフトから現在入手可能です。ただし、この資料に記載された問題のみを修正するためのものが。この特定の問題が発生したシステムにのみ適用してください。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全なリストは、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: 場合、まれに通常サポート コールの発生可能性があります料金が特定の更新プログラムによって、問題が解決される Microsoft Support 担当者が判断した場合。追加の質問および問題の特定の更新プログラムに該当しない問題については、通常のサポート料金が適用されます。

詳細

必要条件

この修正プログラムを適用するには、インストールされている.NET Framework 4.6 が必要です。

再起動の必要性

影響を受けるファイルを使用している場合にこの修正プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要があります。この修正プログラムを適用する前に、すべての.NET Framework ベースのアプリケーションを閉じることをお勧めします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラム パッケージには、以前にリリースされた修正プログラム パッケージは交換してください。


この修正プログラム ロールアップで修正される問題

問題 1

RyuJit が無効になっていると 32 ビット バージョンの.NET Framework の 4.6 または AMD64 のバージョンの.NET Framework 4.6 プラットフォーム上で実行されている ASP.NET web サイトがある場合は、ThreadAbortException を処理できないため w3wp のクラッシュが発生する可能性があります。

クラッシュが発生すると、Windows イベント ログに次のログを確認できます。

未処理の例外が発生し、処理が中止されました。
アプリケーション ID: [付きアプリケーション Id]
プロセス ID: [プロセス Id]
例外: System.Threading.ThreadAbortException
メッセージ: スレッドを中止していた。
System.Web.HttpRuntime.ProcessRequestNotificationPrivate (IIS7WorkerRequest wr、HttpContext コンテキスト) でのスタック トレース。
System.Web.Hosting.PipelineRuntime.ProcessRequestNotificationHelper (IntPtr rootedObjectsPointer、IntPtr の nativeRequestContext、IntPtr の moduleData、int32 型のフラグ) に
System.Web.Hosting.PipelineRuntime.ProcessRequestNotification (IntPtr rootedObjectsPointer、IntPtr の nativeRequestContext、IntPtr の moduleData、int32 型のフラグ) に



問題 2

WCF ルーティング サービスを使用して WCF サービスに接続する WCF クライアントを使用するいると仮定します。エンドのサービスでは、FaultException または構成変更の種類ではありませんが、予期しない例外が発生した場合 WCF ルーティング サービスで可能性がありますエンドのサービスの後続の要求は転送されません。

この問題が発生すると、次の例外が表示されます。

System.ServiceModel.ProtocolException: 出力セッションが、サーバによって開始されるシャット ダウンのために自動的に閉じられたときにメッセージを送信する、このチャネルを使用できなくことができます。DispatchRuntime.AutomaticInputSessionShutdown を false に設定して自動終了を無効にするか、リモート サーバーをシャット ダウンのプロトコルを変更することを検討してください。

スタック トレース情報。

at System.ServiceModel.Channels.ServiceChannel.PrepareCall(ProxyOperationRuntime operation, Boolean oneway, ProxyRpc& rpc)at System.ServiceModel.Channels.ServiceChannel.SendAsyncResult.Begin()
at System.ServiceModel.Channels.ServiceChannel.BeginCall(String action, Boolean oneway, ProxyOperationRuntime operation, Object[] ins, TimeSpan timeout, AsyncCallback callback, Object asyncState)
at System.ServiceModel.Channels.ServiceChannelProxy.InvokeBeginService(IMethodCallMessage methodCall, ProxyOperationRuntime operation)
at System.ServiceModel.Channels.ServiceChannelProxy.Invoke(IMessage message)
at System.Runtime.Remoting.Proxies.RealProxy.PrivateInvoke(MessageData& msgData, Int32 type)
at System.ServiceModel.Routing.IRequestReplyRouter.BeginProcessRequest(Message message, AsyncCallback callback, Object state)
at System.ServiceModel.Routing.ClientFactory.RequestReplyClient.OnBeginOperation(Message message, AsyncCallback callback, Object state)
at System.ServiceModel.Routing.ClientFactory.RoutingClientBase`1.OperationAsyncResult.CallOperation()
at System.ServiceModel.Routing.ClientFactory.RoutingClientBase`1.OperationAsyncResult..ctor(RoutingClientBase`1 parent, Message requestMessage, Transaction transaction, AsyncCallback callback, Object state)
at System.ServiceModel.Routing.ClientFactory.RoutingClientBase`1.BeginOperation(Message message, Transaction transaction, AsyncCallback callback, Object state)
at System.ServiceModel.Routing.ProcessRequestAsyncResult`1.StartProcessing()
at System.ServiceModel.Routing.ProcessRequestAsyncResult`1..ctor(RoutingService service, Message message, AsyncCallback callback, Object state)
at System.ServiceModel.Routing.RoutingService.BeginProcessRequest[TContract](Message message, AsyncCallback callback, Object state)
at System.ServiceModel.Routing.RoutingService.System.ServiceModel.Routing.IRequestReplyRouter.BeginProcessRequest(Message message, AsyncCallback callback, Object state)
at AsyncInvokeBeginBeginProcessRequest(Object , Object[] , AsyncCallback , Object )
at System.ServiceModel.Dispatcher.AsyncMethodInvoker.InvokeBegin(Object instance, Object[] inputs, AsyncCallback callback, Object state)

問題 3

これは、新しいグルジア ラリ シンボルをサポートするために更新します。ジョージア州の国または地域が、ラリの新しい通貨記号を導入しましたが、通貨の名前が変更されていません。新しい通貨記号は、Unicode 標準にも追加されました。この更新プログラムは、.NET Framework がシステムのロケール設定に基づいて、正しい通貨記号が表示されることを確認します。

問題 4

Parallel.ForEachの呼び出しの間に、Gen2 のコレクションが発生した場合 2015 の Visual Studio または Visual Studio のない.NET Framework 4.6 をインストールした後ハングの長さがあります。

解像度:

この更新プログラムは、システムを解決することによってガベージ コレクターがこの問題によってフリーズを更新します。

問題 5

.NET Framework の 4.6 をインストールした後、日付 Time.ParseメソッドとDate.TryParseメソッドが正しく機能しません。この問題は、次のカルチャ設定で発生する可能性があります。

  • fi FI

  • nb なし

  • nb SJ

  • sr-アゼルバイジャン-XK

  • sr-Latn-ME

  • sr-RS Latn

  • sr-Latn-XK​

解像度:

この更新プログラムは、同じの日付と時刻の区切り記号を使用しているカルチャで正しく機能する、 DateTime.ParseとDate.TryParseを使用できます。

問題 6

.NET Framework の 4.6 をインストールした後、.NET Framework の 4.6 は、RyuJIT と呼ばれる新しい 64 ビット コンパイラを使用します。、場合によっては、新しいコンパイラは、予期しない動作が発生したりクラッシュすることが正しくないコードを生成します。

解像度:

この更新プログラムでは、RyuJIT コンパイラの多くの問題を修正します。アプリケーションもしばらくこの更新プログラムのインストール後場合、は、追加の詳細なトラブルシューティング ガイドを参照してください。

それ以降の手順を実行します。

RyuJIT 可能性があります関与しているで、問題のリンクにあるトラブルシューティングの手順に従ってと判断された場合は、 http://connect.microsoft.comでこの問題を記録してください。レポートとも、問題を再現するためのコードにできる限り詳細な情報が含まれます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×