Windows を実行している PC で問題が発生した場合、PC を起動できなくなったとしても、USB 回復ドライブがあれば問題のトラブルシューティングと修正に役立ちます。

お使いの pc には、PC を更新またはリセットするために使用される回復イメージが付属している場合があります。 回復イメージは PC 上の専用の回復パーティションに格納され、通常はサイズが 3 ~ 6 GB になります。 PC の領域を節約するために、PC から回復イメージを削除して、代わりに回復ドライブを使うことができます。 Windows 8.1には、USB 回復ドライブを作成するための組み込みツールが含まれています。 回復パーティションのサイズが Windows によって確認され、少なくとも大きな USB フラッシュドライブが必要になります。

警告: 回復ドライブを作成すると、USB フラッシュ ドライブに既に保存されているすべてのものが消去されます。 空の USB フラッシュ ドライブを使用するか、そうでなければ USB 回復ドライブを作成する前に、USB フラッシュ ドライブ内の重要なデータを必ず他の記憶装置に転送しておいてください。

USB 回復ドライブを作成するには

  1. 画面の右端から内側へスワイプし、[検索] をタップします。 (マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上へ移動して、[検索] をクリックします)。

  2. 検索ボックスに「回復ドライブ」と入力し、[回復ドライブの作成] を選択します。

  3. 回復ドライブ ツールが開かれたら、[回復パーティションを PC から回復ドライブにコピーします] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[次へ] を選択します。

    注: PC に回復パーティションがない場合、チェック ボックスは灰色表示されます。 回復ドライブには、回復ツールと起動可能なイメージのみが含まれます。PC をリフレッシュするか初期状態に戻すときに使われる回復イメージは含まれません。

  4. 画面に示されたサイズ以上の USB フラッシュ ドライブを PC に挿入します。

  5. 回復ドライブとして使う USB ドライブを選択し、[次へ] を選択します。

  6. [作成] を選択します。 回復イメージと必要な回復ツールは USB フラッシュドライブにコピーされます。これには、PC や回復イメージのサイズによって、しばらく時間がかかります。

  7. 処理が終了したら、次のいずれかの操作を行います。

    • 回復パーティションを PC 上に保持する場合は、[完了] を選択します。

    • 回復パーティションを PC から削除してディスク領域を解放する場合は、[回復パーティションの削除] を選択します。 次に、[削除] を選択します。 これで、回復イメージの保存に使われていたディスク領域が解放されます。 削除が完了したら、[完了] を選択します。

      注: PC によっては、回復パーティションを削除するオプションが提示されない場合があります。 このような PC には、追加のディスク スペースを使っている回復パーティションはありません。

  8. USB フラッシュ ドライブを取り外します。 これは Windows 8.1復元ドライブで、PC を更新またはリセットする必要がある場合に必要になります。 安全な場所に保管し、他のファイルやデータの保存には使わないでください。

    注: 使用している PC に Windows 8 が付属していて Windows 8.1にアップグレードした場合、復元ドライブには Windows 8 が含まれており、PC の更新またはリセット後に Windows 8.1にアップグレードする必要があります。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×