ライセンス認証を実行すると、お使いの Windows のコピーが正規品であり、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項で許可されているデバイス数を超えて使われていないことを確認できます。 Windows をアクティブにできないというメッセージが表示された場合は、いくつかの理由が考えられます。

以下のトピックを選択して、ライセンス認証に関する問題の一般的な原因と考えられる解決方法をご確認ください。

Windows のライセンス認証には、25 文字の Windows プロダクト キーまたは Windows デジタル ライセンスが必要です。

お使いのデバイスで使用されているライセンス認証方法をご確認ください。 

PC が修理または再構築された場合は、別のバージョンの Windows がインストールされた可能性があります。 または、修理中に別のプロダクト キーが PC に適用され、そのキーが Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている PC の台数を超えて使用されている可能性もあります。

PC を修理または再構築する前には Windows をライセンス認証できていた場合は、元のバージョンの Windows を再インストールし、PC または Windows の元のコピーに付属しているプロダクト キーを再入力してください。

Windows のコピーを 1 つ持っていて、それを複数の PC にインストールした場合は、ライセンス認証に失敗することがあります。 プロダクト キーが使用されている PC の台数が、Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている台数を超えているためです。

新しい追加の PC でライセンス認証を行うには、PC ごとに新しいプロダクト キーまたは Windows のコピーを購入する必要があります。

ライセンス認証は、Windows の正規のコピーで使用できます。 偽造とは、Microsoft から発行およびライセンス提供されていないコピーを指します。 

Microsoft の How to Tell Web サイトでは、お持ちの Windows が正規版か偽造品かを確認できます。 偽造品の場合は、新しい Windows のコピーを購入する必要があります。

Windows が既にインストールされている PC を購入した場合、販売者がプロダクト キーを使用した PC の台数が、Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている台数を超えている可能性があります。

販売者に問い合わせて、元の Windows DVD とプロダクト キーを受け取ってください。 DVD とプロダクト キーを入手できない場合、またはそれらを試しても PC でライセンス認証できない場合は、新しいプロダクト キーか別の Windows コピーを購入する必要があります。

ハード ドライブやマザーボードの交換など、PC のハードウェアを大幅に変更すると、Windows がライセンス認証されていない状態になる場合があります。 Windows 10 および 11 の場合は、Microsoft アカウントを追加して、ハードウェアを変更した後に Windows のライセンス認証をもう一度行うことができます。 

関連トピック

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×