Windows セキュリティでのアプリとブラウザーの制御

注: 以前のバージョンの Windows 10 では、Windows セキュリティは Windows Defender セキュリティ センターと呼ばれていました。

Windows セキュリティ&アプリとブラウザー コントロールには、危険な可能性のあるアプリ、ファイル、Web サイト、ダウンロードからデバイスを保護するのに役立つ Microsoft Defender SmartScreen の設定が提供されます。

Windows セキュリティでのアプリとブラウザーの制御

[アプリ] タブの [&コントロール] ページでは、次の操作を行います。

  • 認識されないアプリ、ファイル、悪意のあるサイト、ダウンロード、および Web コンテンツをブロックします。

  • 認識できないアプリ、ファイル、悪意のあるサイト、ダウンロード、Web コンテンツに対する警告を設定します。

  • ブロックと警告を共にオフにします。

注意: ブロックと警告のオプションをオフにすると、デバイスが脅威に対して脆弱になる可能性があります。

評価ベースの保護

評価ベースの保護では、さまざまなサイト、サービス、発行元に関する Microsoft が知っている情報と、悪意のある、または望ましくない可能性のあるアプリ、ファイル、または Web サイトからユーザーを保護するために実際に見られた脅威を利用します。

評価ベースの保護の詳細

独立した閲覧

Microsoft Defender Application Guard for Edge は、重要なファイルやフォルダーから分離された仮想化されたコンテナーで開いて、信頼できないサイトや危険な可能性のあるサイトからユーザーを保護するのに役立ちます。

Application Guard を使用した独立した閲覧の詳細

Exploit Protection

Exploit Protection は既に実行され、デバイスを保護しています。デバイスは、ほとんどの人に最適な保護が設定されていますが、 デバイスと実行するプログラムの設定はいつでもカスタマイズできます。 組織のデバイスやプログラムを管理する場合、組織のすべてのデバイスでカスタマイズされた Exploit Protection 設定を共有するために、エクスポート機能を使用することができます。

Exploit Protection の詳細については、次を参照

関連項目

SmartScreen はどのような機能で、どのようにユーザーを保護するのでしょうか?

Microsoft Security のヘルプと学習https://support.microsoft.com/security

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×