[Xl] オートメーションを使用して Excel に配列を渡すの制限

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 177991
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でに配列を渡すには、制限を説明します。Microsoft Excel ワークシートとマクロのオートメーションを使用します。場合はこれらの制限事項超えた、実行時エラーが、オートメーションのコードで表示されます。

詳細

マイクロソフトは、明示または黙示、いかなる保証も、市場性および特定目的への適合性の黙示的な保証に限らず、だけのプログラミング例を提供します。この資料は、例示されているプログラミング言語と作成し、プロシージャをデバッグするために使用するツールに精通するいると仮定します。Microsoft support 担当者は、特定のプロシージャの機能について説明することができますが、機能の追加またはお客様固有のニーズを満たすようにプロシージャを作成するのには、次の例は変更されません。
プログラミングが制限されている場合は、マイクロソフト認定パートナー、あるいはマイクロソフト アドバイザリー サービスにお問い合わせくださいする可能性があります。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

マイクロソフトの認定パートナー https://partner.microsoft.com/global/30000104

マイクロソフト アドバイザリー サービス 〜 http://support.microsoft.com/gp/advisoryservice

利用可能なサポート オプションおよびマイクロソフトへの問い合わせ方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh です。EN-US です。CNTACTMS Microsoft Excel を使用して、配列を渡す場合オートメーションは次の制限事項、Excel のバージョンに応じて適用します。かどうか、配列をワークシートのセル範囲またはへの引数として渡すマクロ。詳細については、表の後の適切な脚注を参照してください。
   Version of          Passing Array to     Passing Array to
   Microsoft Excel     Worksheet Range      Macro (Procedure)
   ----------------------------------------------------------

   5.0                        A                B,C

   7.0 (Excel 95)             D                E,C,H

   8.0 (Excel 97)             F                G,H

   9.0 (Excel 2000)           F                G,H

				

脚注

A:

配列内の要素の最大数です。約 6550。この制限を超える場合はのいずれかが表示されます、次のエラー メッセージ。
メモリ不足
1005:Range クラスの Value プロパティを設定することができません。
最大値Excel には、Excel を使用して渡すことができます、配列内の要素の数Transpose 関数は、4095 です。この制限を超えると、次がエラー メッセージ:
実行時エラー '1004':
行列を入れ替える失敗したアプリケーション クラスのメソッド
B:

最大数配列の要素の 4095 です。この制限を超える場合は、表示される、次のエラー メッセージ。
実行時エラー '1004':
実行失敗したアプリケーション クラスのメソッド
注: を渡す場合は、多次元配列は、エラー メッセージが Excel があります。4095 要素の総数を超えている場合、マクロは実行されません。

C:

配列パラメーター Excel のマクロを定義するときは、する必要があります。バリアント型変数または、次のエラー メッセージが表示されますように定義されています。オートメーションを使用してマクロを実行しようとします。
実行時エラー '1004':
マクロを見つけることができません。<macro name=""><b00></b00></macro>
のたとえば、Excel で、マクロの名前が AcceptArray であるとします。ここでは、Excel マクロで配列を定義する必要があります例:
   Public Sub AcceptArray(ByVal myarray As Variant)
      ' You can pass the parameter either ByVal or ByRef.
      ' To determine the number of elements in the array, use
      ' the UBound function.
   End Sub
				
D:

配列内の要素の最大数は 5461 です。Ifこの制限を超える、次のエラー メッセージが表示されます。
実行時エラー '1004':
メソッドを置換します。失敗したアプリケーション クラス
- または -
実行時エラー '1005'。
設定することができません。Range クラスの Value プロパティ
E:

最大値配列内の要素数は 5461 です。この制限を超える場合が表示されます。次のエラー メッセージ。
実行時エラー '1004':
失敗したアプリケーション クラスのメソッドを実行します。
F:

最大値使用可能なメモリまたは Excel によって、配列内の要素の数が制限されます。ワークシートの最大サイズ (65536 行 X 256 列) です。ただし、最大数Excel の行列変換を使用して Excel に渡すことのできる配列内の要素関数は 5461 です。この制限を超える場合は、次のエラーが表示されます。メッセージ:
実行時エラー '13':
型が一致しません
G:

配列内の要素の最大数が制限されています使用可能なメモリによってのみ。また、パラメーターとして定義する必要はありませんがExcel マクロでバリアント型の変数です。ただし場合は、配列を渡すByVal は、パラメーターとしてバリアント型変数の例のように定義する必要があります。脚注 C この資料の前半では。実行時エラー 13"型になりますバリアント型として、変数を定義していない場合は、エラー、不一致」。

H:

アウト プロセス オートメーションに ByRef 引数を渡すときサーバーでは、Excel など、データのマーシャ リング間でオートメーションを実行コント ローラー (クライアント) とは別のプロセスで実行するためサーバー。これByRef を使用して Excel に配列を渡す場合、配列のコピーがあることを意味します。Excel のアドレス スペースに送信します。後は、Excel のプロシージャ実行のコピー配列は、クライアントに渡されます。これを通過を許可することが引数が ByRef をプロセス外のサーバーを使用して、非常に効率的ではありません。上インプロセス オートメーション サーバー (、ダイナミック リンクを使用すると、もう片方の手ライブラリ (DLL))、引数 ByRef を渡す、これは非常に効率的ですなし後マーシャ リングが行われます。メモリとしては、同じアレイ、サーバーが使用されて、クライアント。サーバーと同じアドレス空間で実行されるため、クライアント。

などのアウト プロセス サーバーとマーシャ リングのためExcel では、ByRef ではなく ByVal の配列を渡す方が効率的です。これにより、Excel には 1 つだけのコピーが渡されます、Excel はコピーを渡すことはありません。クライアントにします。Excel マクロに ByVal の配列を渡すを定義する必要があります、バリアント型変数として Excel のマクロのパラメーターです。C」内の脚注を参照してください。この資料の例です。

Visual Basic の手順の例

次の Microsoft Visual Basic アプリケーションのサブルーチンのサンプルします。手順は、Excel に配列を渡す方法を説明します。最初の 2 つのプロシージャを表示する方法ワークシートに、配列を渡すことによって、ワークシート上のセル範囲にデータを読み込む範囲です。3 番目の手順は、Excel マクロに配列を渡す方法を示しています。

それぞれの例では、次の宣言を使用します。
明示的なオプション
プライベート xlApp As Object
オブジェクトとしての xlBook の秘密
オブジェクトとしての xlSheet の秘密
ワークシートの範囲には 1 次元配列を渡します。
   Public Sub OneDimension()
      Const size = 5461
      Dim myarray(1 To size) As Integer
      Set xlApp = CreateObject("Excel.Application")
      xlApp.Visible = True
      Set xlBook = xlApp.Workbooks.Add
      Set xlSheet = xlBook.Worksheets("Sheet1")
      xlSheet.Cells(1, 1).Resize(size, 1).Value = _
         xlApp.Application.Transpose(myarray)
   End Sub
				
ワークシートの範囲には 2 次元配列を渡します。
   Public Sub TwoDimension()
      Const size = 2730
      Dim myarray(1 To size, 1 To 2) As Integer
      ' Number of elements = 2730 * 2 = 5460.
      Set xlApp = CreateObject("Excel.Application")
      xlApp.Visible = True
      Set xlBook = xlApp.Workbooks.Add
      Set xlSheet = xlBook.Worksheets("Sheet1")
      xlSheet.Cells(1, 1).Resize(size, 2).Value = myarray
   End Sub
				
配列を引数として Excel マクロに渡します。
   Public Sub RunExcelMacro()
      Const size = 5461
      Dim myarray(1 To size) As Integer
      Set xlApp = CreateObject("Excel.Application")
      xlApp.Visible = True
      Set xlBook = xlApp.Workbooks.Open("C:\MyBook.xls")
      xlApp.Run "AcceptArray", myarray
   End Sub
				
AcceptArray プロシージャ内、モジュール C:\MyBook.xls 内次のようになります。
   Option Explicit

   Public Sub AcceptArray(ByVal myarray As Variant)
      MsgBox "Size of first dimension: " & UBound(myarray, 1)
   End Sub
				

関連情報

アレイおよび Excel の詳細についてを参照してください、次の記事で、マイクロソフト サポート技術。
166342 Microsoft Excel 97 で [xl97]: の最大配列サイズ

153307 [Howto]: パラメーターを使用する Microsoft Excel マクロを呼び出す

153090 Excel のワークシートには、Visual Basic アレイを渡すには、方法
Visual Basic のヘルプを表示する方法についてアプリケーションは、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
163435 VBA: リソースの Visual Basic for Applications のプログラミング

プロパティ

文書番号: 177991 - 最終更新日: 2011年9月18日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbinfo kbautomation kbmt KB177991 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:177991
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com