Wd 2000: 一般的な情報については、Word でのハイパーリンク

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 211955
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、作成すると、Microsoft Word 2000 でハイパーリンクを使用して、よく寄せられる質問回答します。

詳細

  1. ファイルのアドレス スペースを入力すると、space キーを押した後 Word のアドレスをハイパーリンクに置き換えられます。Word は、それをハイパーリンクに変換する前に、スペースを含むアドレスを入力します。 終了するにはか

    アドレス スペースとして 1 つのハイパーリンクが含まれている単語が認識されるようにするには、アドレスを引用符で囲みます。アドレスを二重引用符 () で囲まれていない場合は、SPACE キーを押すと、ハイパーリンクが作成されます。
  2. ハイパーリンクの自動設定を有効にする方法

    自動ハイパーリンクをオフにするのには、次の手順を実行します。
    1. で、 ツール メニューをクリックして オート コレクト.
    2. で、 [入力オート フォーマット (および、 オート フォーマット) タブで、クリックしてをオフにするのには、 インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに チェック ボックスします。
    3. クリックしてください。 [OK].
  3. それを作成した後、表示テキストまたはイメージのハイパーリンクを変更する方法はでしょうか。

    任意のテキストまたはイメージをドキュメントの編集と同じ方法、表示テキストまたはハイパーリンクの画像を変更できます。リンクかハイパーリンクで表されるファイルを開くを避けるために、キーボードを使用してそれを編集する前に、ハイパーリンクを選択します。これを行うには、次の手順を実行します。

    1. 前面 (左側) にテキストまたはイメージの。
    2. 表示テキストまたはイメージを選択するのには、shift キーを押しながら右方向キーを押します。

      注: 単語を選択するのには、CTRL + shift キーを押しながら右矢印キーを押します。
    これで、イメージまたは型の新しいテキストを編集できます。

    ハイパーリンクの表示テキストを変更すると、基になるリンクを変更する詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしていますください。
    212309 Wd 2000: ハイパー テキスト表示テキスト リンクを変更されません。
  4. ハイパーリンクの表示テキストまたはイメージを失わずに削除する方法ですか。

    表示テキストまたはイメージを失わずに、ハイパーリンクを削除するには、次の手順を実行します。

    注: 表示テキストのハイパーリンクを削除すると、通常のテキストとして保持されます。イメージからハイパーリンクを削除する場合は、イメージを図として保持されます。1 つのハイパーリンクを削除するのには

    1. ハイパーリンクのテキストまたはイメージを右クリックし、ポイント ハイパーリンク ショートカット メニューの [クリックし ハイパーリンクを編集します。.
    2. で、 ハイパーリンクを編集します。 ダイアログ ボックス、クリックして リンクを削除します。.
    文書内のすべてのハイパーリンクを削除するのには

    1. で、 編集 メニューをクリックして すべてを選択します。.
    2. Ctrl キーと SHIFT キーを押しながら F9 キーを押します。
  5. 基になっている (URL) ハイパーリンクを変更する方法

    ハイパーリンク先 URL を変更するには、次の手順を実行します。
    1. ハイパーリンクのテキストまたはイメージを右クリックし、ポイント ハイパーリンク ショートカット メニューの [クリックし ハイパーリンクを編集します。.
    2. で、 ハイパーリンクを編集します。 ダイアログ ボックス、入力、または URL から] を選択、 ファイルまたは web ページの名前を入力します。 ボックス。
    3. クリックしてください。 [OK].
  6. 同じドキュメント内の場所へのハイパーリンクを作成する方法

    同じドキュメント内の場所へのハイパーリンクを作成するには、次の方法のいずれかを使用します。

    方法 1: は、ドラッグ アンド ドロップ操作を使用します。

    ドラッグしてハイパーリンクを作成するには、次の手順を実行します。

    1. 文書を保存します。
    2. 単語、フレーズ、またはハイパーリンクのリンク先としてを使用し画像を選択します。
    3. 右クリックし、マウス ボタンを押しながら選択範囲を新しい場所にドラッグします。次に、マウス ボタンを離します。
    4. クリックしてください。 ここにハイパーリンクを作成します。.
    方法 2: ブックマークを作成してリンクを作成します。

    ハイパーリンクを作成するには、次の手順を実行します。
    1. 文書を保存します。
    2. テキストまたはハイパーリンクのリンク先としてを使用するイメージを選択します。
    3. で、 挿入 メニューをクリックして ブックマーク.
    4. で、 ブックマーク名 ボックスに一意のブックマークを名前を入力し] をクリックしてください 追加.
    5. 文書内のハイパーリンクを作成する場所にカーソルを移動します。
    6. で、 挿入 メニューをクリックして ハイパーリンク.
    7. クリックしてください。 ブックマーク.
    8. で、 ドキュメント内の場所を選択します。 ダイアログ ボックスで、をクリックして、ハイパーリンクのリンク先として使用するブックマークを選択します。 [OK].
    9. クリックしてください。 [OK] もう一度。
  7. 絶対ハイパーリンクと相対パスの違いを教えてください。

    絶対ハイパーリンクの完全なアドレスを使用して、ターゲット ドキュメントにジャンプします。相対ハイパーリンク アドレスに含まれている文書のアドレスは、ハイパーリンクの基点とも呼ばれますを使用します。

    たとえば、アドレスされる文書
    C:\My Documents\1999 report.doc
    絶対と相対の完全なアドレス (と絶対ハイパーリンク)、ドキュメントのハイパーリンクがあります。
    C:\My Documents\April\Sales.doc
    相対ハイパーリンクは相対アドレスで売上.doc にのみが含まれます
    April\Sales.doc
    移動または Web サーバーなどの別の場所にファイルをコピーする場合は、相対リンクを使用します。
  8. Word でハイパーリンクをクリックすると、私はファイルを開くプログラムが登録されていないことを示すメッセージが表示されます。ファイルを開くでしょう

    Windows がハイパーリンクのパスで指定されたドキュメントの種類に関連付けられたプログラムを検索できない場合、このメッセージが表示されます。この情報は、ハイパーリンク アドレスの拡張機能でエンコードされています。ハイパーリンクを表示するには、ヒントを有効にして、マウス ポインターがハイパーリンクの上をドラッグします。(このオプションを見つけるには、クリックします。 オプション で、 ツール メニューのクリックし、 ビュー 」タブ)。

    この問題を解決するのには、ハイパーリンクに指定するドキュメントの種類に関連付けられたプログラムをインストールします。

    ファイル名の拡張子は、アドレス内の最後のピリオドに続く文字列です。次の表では、Office ドキュメントの種類とその拡張子の一部です。
       Document type                        Extension
       ----------------------------------------------
    
       Microsoft Access Database            .mdb
       Microsoft Excel Spreadsheet          .xls
       Microsoft PowerPoint Presentation    .pot
       Microsoft Project Schedule           .prj
       Microsoft Publisher Document         .pub
       Microsoft Word Document              .doc
    					

関連情報

ハイパーリンクの詳細についてをクリックします。 Microsoft Word のヘルプ で、ヘルプ メニューの種類 ハイパーリンク Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとクリックで 検索 返されたトピックを表示します。

プロパティ

文書番号: 211955 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbinfo kbweb kbmt KB211955 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:211955
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com