[FIX]、UCP の SQL Server のインスタンスが存在する場合は、SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 をインストールした後、SQL Server サービスを開始できません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2163980
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft SQL Server 2008年ユーザーのコントロール ポイント (UCP) をホストします。 R2 のインスタンスがあります。
  • インスタンスで SQL Server 2008 R2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1 をインストールします。
このシナリオでは、インストールは成功します。ただし、SQL Server サービスを開始できません。さらに、次のエラー メッセージが SQL Server のエラー ログ ファイルに記録されます。
<date></date><time></time> spid7s [sysutility_mdw].sysutility_ucp_core.sp_initialize_mdw_internal の実行

<date></date><time></time> spid7s このサーバーのセキュリティ構成の一部としてこのコンポーネントの電源がオフ SQL Server プロシージャ 'sys.xp_qv' のコンポーネント ' Agent XPs' へのアクセスはブロックします。システム管理者は sp_configure を使用して ' Agent XPs' の使用を有効にできます。' Agent XPs' を有効にする方法の詳細については、「セキュリティ構成」SQL Server Books online を参照してください。

<date></date><time></time> spid7s エラー: 15281、レベル: 16、状態: 1。

<date></date><time></time> spid7s このサーバーのセキュリティ構成の一部としてこのコンポーネントの電源がオフ SQL Server プロシージャ 'sys.xp_qv' のコンポーネント ' Agent XPs' へのアクセスはブロックします。システム管理者は sp_configure を使用して ' Agent XPs' の使用を有効にできます。' Agent XPs' を有効にする方法の詳細については、「セキュリティ構成」SQL Server Books online を参照してください。

<date></date><time></time> spid7s エラー: 912、レベル: 21、状態: 2。

<date></date><time></time> spid7s 'sqlagent100_msdb_upgrade.sql' のアップグレード手順が 15281、状態 1、重大度レベル 16 のエラーが発生したためデータベース 'マスター' のスクリプト レベルのアップグレードに失敗しました。これは通常の操作を妨げる可能性がある重大なエラーの状態で、データベースはオフラインになります。'マスター' データベースのアップグレード中に、エラーを発生する場合は、開始から SQL Server インスタンス全体できなくなります。以前のエラー ログ エントリのエラーを調べて、適切な対策を講じる、スクリプトのアップグレード手順が最後まで実行するように、データベースを再起動してください。

<date></date><time></time> spid7s エラー: 3417、レベル: 21、状態: 3。

<date></date><time></time> spid7s は、master データベースを復元できません。SQL Server は実行できなくなります。完全バックアップから master データベースを復元、修復、または再生成します。Master データベースを再構築する方法の詳細については、SQL Server Books Online を参照してください。<date></date><time></time> spid7s SQL トレースによるサーバーのシャット ダウンを停止しました。トレース ID = '1'。これは情報メッセージのみです。ユーザーの操作は必要ありません。
SQL Server 2008年の R2 のリリース バージョンには、UCP をホスト インスタンスの SQL Server 2008 R2 リリース候補 (RC) をアップグレードするときにもこの問題が発生可能性があります。

原因

この問題は、SQL Server 2008 R2 は、msdb データベース アップグレード スクリプトを実行すると、Agent XPs オプションが有効でないために発生します。

SQL Server サービスの起動時にこのスクリプトを実行します。このスクリプトは、UCP に関連付けられているストアド プロシージャを実行します。さらに、ストアド プロシージャでは、Agent XPs オプションをオンにする必要があります。

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 2 にまずリリースされました。SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2072493 SQL Server 2008 R2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
981356 SQL Server 2008年の R2 SQL Server 2008年の R2 のリリース以降後にリリースされたビルドします。

回避策

メモ 累積的な更新プログラム パッケージ 1 をまだインストールしていない場合は、累積的な更新プログラム パッケージ 2 をインストールするのには、「解決方法」セクションをに従ってください。この問題は、2 の累積的な更新プログラム パッケージおよびそれ以降のバージョン SQL Server 2008 R2 用の更新プログラムではありません。

累積的な更新プログラム パッケージ 1 をインストールした後、この問題が発生する場合は、この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. トレース フラグ 902 SQL Server 2008 R2 のインスタンスを有効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. SQL Server [構成マネージャー] を開きます。
    2. SQL Server の構成マネージャーでをクリックします。 SQL Server サービス.
    3. SQL Server をダブルクリックします。サービスです。
    4. で、 SQL Server プロパティ ダイアログ ボックスをクリックして、 高度な タブします。
    5. クリックして、 高度な 検索タブで、 スタートアップ パラメーター 項目。
    6. 追加 -T902 最後に、既存の文字列値をし [OK].
  2. SQL Server を右クリックします。サービスとし 開始.
  3. SQL Server エージェント サービスが実行されている場合は、SQL Server エージェントのサービスを右クリックし、クリックしてください 停止.
  4. SQL Server Management Studio を開き、SQL Server 2008 R2 のインスタンスに接続します。
  5. 次のステートメントを実行します。
    EXEC sp_configure 'ショー' の詳細、1 です。
    再構成します。
    EXEC sp_configure '更新を許可する', 0 です。
    再構成します。
    EXEC sp_configure ' Agent XPs'、1 です。
    再構成します。
    移動
  6. SQL Server の構成マネージャーでは、SQL Server を右クリックします。サービスとし 停止.
  7. トレース フラグ 902 SQL Server 2008 R2 のインスタンスを削除します。これを行うには、削除する. -T902 文字列値からステップ 1f でを更新します。
  8. SQL Server を右クリックします。サービスとし 開始.
  9. SQL Server エージェントのサービスを右クリックしをクリックしてください 開始.
  10. SQL Server Management Studio では、SQL Server 2008 R2 のインスタンスに再接続します。
  11. オブジェクト エクスプ ローラーで、展開します。 管理を右クリックして データの収集、し データ コレクションを有効にします。.
    メモ データ ・ コレクションが既に有効になっている場合は、データの収集を有効にする] 項目を使用できなくなります。
メモ SQL Server Management Studio での SQL Server 2008 R2 のインスタンスに接続するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー: 18401
ユーザーのログインに失敗しました '<login name=""></login>'.理由: サーバーはスクリプト アップグレード モードです。管理者のみがこの時点で接続できます。
このエラー メッセージは、SQL Server 2008 R2 1 の累積的な更新プログラム パッケージのインストールを完了することを示します。このエラー メッセージが表示される場合は、数分待ってから、SQL Server 2008 R2 のインスタンスを再度接続します。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルについては、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの命名方式
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2163980 - 最終更新日: 2011年7月7日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2163980 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2163980
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com