Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 を実行しているコンピューターの"/adfs/services/trust/mex" エンドポイントに HTTP SOAP リクエストを送信すると "500” エラー コードが返される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2254265 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象?

想定シナリオは、以下のとおりです。?
  • Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)?を実行しているコンピューターに Active Directory Federation Services (AD FS) 2.0 をインストールします。
  • 一部クライアントは、AD FS 2.0 サービスのメタデータを HTTP SOAP リクエストとして大量に AD FS 2.0 の SOAP Metadata Exchange エンドポイント ("/adfs/services/trust/mex") に送信しています。
このシナリオでは、HTTP SOAP リクエストが失敗した場合、ガーベジ コレクションが開始するまで、メモリー リークが発生します。また、Metadata Exchange エンドポイントは応答を停止し、 AD FS 2.0 サーバーから "500" エラー コードのインスタンスが返されます。?

注: ガーベジ コレクションの開始後も、クライアント エラーが発生した場合には、Metadata Exchange エンドポイントは応答を再度停止する場合があります。

原因?

この問題は、"/adfs/services/trust/mex" Metadata Exchange エンドポイントに対する HTTP SOAP リクエストが失敗した際に、AD FS 2.0 で生じるメモリー リークに起因して発生します。そのため、エンドポイントはしばらくの間、新たなリクエストを処理できません。

解決方法?

修正プログラム情報

サポート対象の修正プログラムがマイクロソフトから提供されています。しかし、この修正プログラムは本資料に記載されている問題のみを解決する目的で使用するものです。マイクロソフトのサポートする修正プログラムを使用する際は、本資料に記載の現象が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムには追加検証の必要性が生じる場合があります。そのため、問題の影響が深刻な場合を除き、次回更新ソフトウェア (この修正プログラムも含まれます) の適用が推奨されます。

修正プログラムのダウンロードが可能な場合は、本資料の冒頭に「ダウンロード可能な修正プログラム」セクションが挿入されています。このセクションが挿入されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービスおよびサポート チームに連絡し、修正プログラムを取得してください。

: 別の問題が発生している場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別途サービスリクエストの作成が必要になることがあります。この修正プログラムを適用できない追加質問や問題に対しても、通常どおりにサポートを提供します。マイクロソフト カスタマー サービスおよびサポート チームの電話番号、またはサービス リクエストを別途作成する方法については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support[Enter

注: 修正プログラム ダウンロード フォームは、修正プログラムを利用できる言語で表示されます。お使いの言語でフォームが表示されない場合は、その言語で修正プログラムが提供されていないことを意味します。

最小要件

修正プログラムを適用するには、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2) を実行している必要があります。また、Active Directory Federation Services (AD FS) 2.0 をインストール済みである必要があります。??

再起動の必要性

修正プログラムの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの適用範囲

この修正プログラムは、既にリリースされている修正プログラムに置き換わるものではありません。

ファイル情報

英語 (米国) 版の修正プログラムでは、下表に示すファイルをインストールします。これらファイルの日時は、世界協定時 (UTC) で表示されます。ただしローカル コンピューター上で示されるこれらファイルの日時は、現地時刻で表示されます (夏時間 [DST] の調整あり)。また、ファイルに対して操作を実行すると、この日時が変更する場合があります。
Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 ファイル情報に関する注意

重要
  • 各環境にインストールされる MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は、Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2008 の追加ファイル情報について記載したセクションでは別々に記載されています。MUM ファイル、MANIFEST ファイル、およびそれらの関連セキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、コンポーネントを最新の状態に保つために極めて重要です。属性値が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、マイクロソフト デジタル署名が施されています。
サポート対象 Windows Server 2008 (x86 版) ファイル一覧
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルバージョンファイルサイズ日付時刻ハッシュプラットフォーム
Microsoft.identityserver.service.dll6.1.7600.20737638,9762010 年 6 月 30 日11:21MD5: 6E24CF1DE6A53CD92C44B6C1F984D081
SHA1: 085A88D707576DA39D9301208C6A04C3A2A569A8
x86
Microsoft.identityserver.service.mof該当なし4,6062010 年 5 月 26 日12:22該当なし該当なし
Uninstallwmiprovider.mof該当なし1,0122010 年 5 月 26 日12:22該当なし該当なし
サポート対象 Windows Server 2008 (x64 版) ファイル一覧
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルバージョンファイルサイズ日付時刻ハッシュプラットフォーム
Microsoft.identityserver.service.dll6.1.7600.20737638,9762010 年 6 月 30 日11:24MD5: 6E24CF1DE6A53CD92C44B6C1F984D081
SHA1: 085A88D707576DA39D9301208C6A04C3A2A569A8
x64
Microsoft.identityserver.service.mof該当なし4,6062010 年 5 月 26 日12:23該当なし該当なし
Uninstallwmiprovider.mof該当なし1,0122010 年 5 月 26 日12:23該当なし該当なし
サポート対象 Windows Server 2008 R2 (x64 版) ファイル一覧
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルバージョンファイルサイズ日付時刻ハッシュプラットフォーム
Microsoft.identityserver.service.dll6.1.7600.20737638,9762010 年 6 月 18 日09:54MD5: 6E24CF1DE6A53CD92C44B6C1F984D081
SHA1: 085A88D707576DA39D9301208C6A04C3A2A569A8
x64
Microsoft.identityserver.service.mof該当なし4,6062010 年 5 月 23 日01:26該当なし該当なし
Uninstallwmiprovider.mof該当なし1,0122010 年 5 月 23 日01:26該当なし該当なし

回避策?

Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2008 向け回避策

この問題を回避するには、Active Directory Federation Services?(AD FS) 2.0 のサービスを再起動します。

状況

本資料の「適用対象」セクションに記載されている問題は、マイクロソフト社製品に発生することが確認されています。

追加情報?

更新ソフトウェアに関する用語については、以下の Microsoft Knowledge Base を参照してください。
824684: Microsoft 更新ソフトウェアに使用される基本的な用語について (英語)

追加情報: ファイル情報

Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2008 のファイル情報 (追加)

サポート対象 Windows Server 2008 ( x86 版) の追加ファイル
元に戻す全体を表示する
ファイル名Msil_microsoft.identityserver.service_31bf3856ad364e35_7.0.6002.22435_none_bc20eb8285ca8a87.manifest
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ5,302
日付(UTC)2010 年 6 月 30 日
時刻 (UTC)16:44
SHA-1 ?ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
ファイル名Package_1_for_kb2254265~31bf3856ad364e35~x86~~6.0.1.0.mum
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ1,987
日付(UTC)2010 年 6 月 30 日
時刻 (UTC)21:52
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
ファイル名Package_for_kb2254265_server_1~31bf3856ad364e35~x86~~6.0.1.0.mum
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ1,625
日付(UTC)2010 年 6 月 30 日
時刻 (UTC)21:52
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
ファイル名Package_for_kb2254265_server~31bf3856ad364e35~x86~~6.0.1.0.mum
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ1,436
日付(UTC)2010 年 6 月 30 日
時刻 (UTC)21:52
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
ファイル名X86_703669a96ca3a3a214269f311bb1fbc8_31bf3856ad364e35_7.0.6002.22435_none_b5d2b97f5e49f3e8.manifest
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ703
日付(UTC)2010 年 6 月 30 日
時刻 (UTC)21:52
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
サポート対象 Windows Server 2008 (x64 版) の追加ファイル
元に戻す全体を表示する
ファイル名Amd64_703669a96ca3a3a214269f311bb1fbc8_31bf3856ad364e35_7.0.6002.22435_none_11f1550316a7651e.manifest
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ705
日付 (UTC)2010 年 6 月 30 日
時刻 (UTC)21:52
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
ファイル名Msil_microsoft.identityserver.service_31bf3856ad364e35_7.0.6002.22435_none_bc20eb8285ca8a87.manifest
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ5,304
日付 (UTC)2010 年 6 月 30 日
時刻 (UTC)16:56
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
ファイル名Package_1_for_kb2254265~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ1,997
日付 (UTC)2010 年 6 月 30 日
時刻 (UTC)21:52
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
ファイル名Package_for_kb2254265_server_1~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ1,635
日付 (UTC)2010 年 6 月 30 日
時刻 (UTC)21:52
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
ファイル名Package_for_kb2254265_server~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ1,444
日付 (UTC)2010 年 6 月 30 日
時刻 (UTC)21:52
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
サポート対象 Windows Server 2008 R2 (x64 版) の追加ファイル
元に戻す全体を表示する
ファイル名Amd64_dd3ee929101affdbf79caae5c47da439_31bf3856ad364e35_7.1.7600.20737_none_3963e9aef2fb4aa9.manifest
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ705
日付 (UTC)2010 年 6 月 18 日
時刻 (UTC)15:28
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
ファイル名Msil_microsoft.identityserver.service_31bf3856ad364e35_7.1.7600.20737_none_ba64488de9b9a7d2.manifest
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ5,018
日付 (UTC)2010 年 6 月 18 日
時刻 (UTC)10:39
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
ファイル名Package_1_for_kb2254265~31bf3856ad364e35~amd64~~6.1.1.0.mum
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ2,035
日付 (UTC)2010 年 6 月 18 日
時刻 (UTC)15:28
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし
ファイル名Package_for_kb2254265_rtm~31bf3856ad364e35~amd64~~6.1.1.0.mum
ファイルバージョン該当なし
ファイルサイズ1,668
日付 (UTC)2010 年 6 月 18 日
時刻 (UTC)15:28
SHA-1 ハッシュ該当なし
MD5 ハッシュ該当なし

プロパティ

文書番号: 2254265 - 最終更新日: 2013年10月3日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Server 2008 Datacenter
    • Windows Server 2008 Enterprise
    • Windows Server 2008 Standard
    • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
    • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
キーワード:?
kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced o365022013 o365062011 pre-upgrade after upgrade o365e o365a o365m o365 KB2254265
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com