"型 'System.Security.Authentication.ExtendedProtection.ExtendedProtectionPolicy' を読み込めませんでした" 例外エラーが、更新プログラム 982167 または更新プログラム 982168 をインストールした後発生する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2262911 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

更新プログラム 982167 または更新プログラム 982168 をインストールした後、Windows Communication Foundation ベースのアプリケーションを実行すると、次のような例外エラー メッセージが表示される場合があります。
型 'System.Security.Authentication.ExtendedProtection.ExtendedProtectionPolicy' を読み込めませんでした

原因

更新プログラム 982167 および更新プログラム 982168 は、.NET Framework 3.5 SP1 の .NET Framework 2.0 機能レイヤーを更新し、新しい型 'System.Security.Authentication.ExtendedProtection.ExtendedProtectionPolicy' を導入します。この新しい型は、Windows Communication Foundation の対応する新機能により使用されます。

このエラーが発生するのは、Windows Communication Foundation 機能レイヤーが新しい型を使用するように更新されたときに、基になる .NET Framework 2.0 SP2 Network Client Library 機能レイヤーが更新されないためです。基になる .NET Framework 2.0 SP2 Network Client Library 機能レイヤーはこの新しい型をサポートしないため、このエラーがスローされます。

この状況は、デュアル ブランチ サービスに関連するある種のインストールの失敗の問題を含む、いくつかの理由により発生する場合があります。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
960043 .NET Framework 2.0 Service Pack 2、.NET Framework 3.0 Service Pack 2、および .NET Framework 3.5 Service Pack 1 のデュアル ブランチ サービス

回避策

この問題を回避するには、以下の手順を実行します。
  1. 修正プログラム 975954 をインストールします。MSI の更新プログラムをダウンロードするには、以下の MSDN Web ページを参照してください。
    http://code.msdn.microsoft.com/KB975954/Release/ProjectReleases.aspx?ReleaseId=3839
  2. 製品の修復を実行します。製品の修復を自動的に行うことも、自分で製品を修復することもできます。

    Fix it で解決する

    製品の修復を自動的に実行するには、[この問題を解決する] リンクをクリックします。次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。
    元に戻す画像を拡大する
    assets fixit1
    この問題を解決する
    Microsoft Fix it 50468
    元に戻す画像を拡大する
    assets fixit2

    注: このウィザードは現在のところ英語版のみとなりますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

    注: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

    自分で解決する

    自分で製品を修復するには、管理者特権を持つコマンド プロンプトから次のコマンドを入力します。
    msiexec /f {C09FB3CD-3D0C-3F2D-899A-6A1D67F2073F}

    これにより、.NET Framework 2.0 SP2 製品のすべての機能は、そのインストール状態を再評価します。
    これにより問題が解決され、更新プログラム 982167 または 982168 はそれぞれのペイロードを適用することができます。
注: 手順 1. と 2. を実行しても解決できない場合は、エラーが発生する前にインストールした更新プログラムをいったんアンインストールして再インストールしてください。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

管理者特権を使用してコマンドを実行する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/Command-Prompt-frequently-asked-questions
Windows インストーラーでサポートされているコマンド ライン スイッチの詳細については、次の MSDN Web ページを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa367988(VS.85).aspx
Windows インストーラーの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa367449(VS.85).aspx
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2262911 - 最終更新日: 2013年11月29日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
  • Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
    • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbbug kbexpertiseinter kbinfo kbsecurity kbmsifixme kbfixme KB2262911
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com