Forefront のクライアント セキュリティ オフライン資産の削除ツールの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2272146 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

コンピューターは、実稼働環境で一般的に再構築されるまたはオフラインにします。 これは、Forefront クライアント セキュリティ (FCS) データベース内の孤立したレコードのことがあります。?クライアント セキュリティTechNet ドキュメントを完全にコンピューターとの検出ルール、データベースから削除する手順について説明が以下の手順が多数のコンピューターを一括で行うことはできません。 多数のコンピューターの削除が管理のオーバーヘッド。

コンピューターから、クライアントのセキュリティ データベースの検出ルールの一括削除を自動化する、Forefront クライアント セキュリティ オフライン資産の削除ツール ユーティリティの説明、この資料で使用できるは設計されています。

解決方法

はサポートされている修正プログラムはマイクロソフトから入手可能です。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。 この修正プログラムは、この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

修正プログラムがダウンロード可能な場合がこの資料の先頭に「使用可能な修正プログラム ダウンロード」セクションにあります。 このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービスとサポート修正プログラムを入手するのには、要求を送信します。

メモその他に問題が発生するか、トラブルシューティングが必要な場合は、個別のサービス要求を作成する必要があります。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。 マイクロソフト カスタマー サービスとサポートの完全な一覧についての電話番号または別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモの修正プログラムが使用可能な言語の「使用可能な修正プログラム ダウンロード」フォームが表示されます。 お使いの言語が表示されていない場合は、修正プログラムがその言語のないため、です。

前提条件

ないための前提条件をインストールするこの修正プログラム。

再起動について

ないと、適用する、コンピューターを再起動するこの修正プログラム。

レジストリ情報

このパッケージで修正プログラムを使用していないするのには、変更するのには、レジストリにします。

ファイル情報

この更新プログラムのバージョンの 、英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に一覧表示されます。 日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) で一覧表示されます。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーン] タブで、日付と時刻項目
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間
Fcsoart.exe1.0.1727.1342,90429-7 月-201005: 28

詳細

クライアント コンピューターの decommission など、re-tasking、およびイメージを再作成、多くの理由をオフラインになります。 1 日後、これらのコンピューターは、クライアント セキュリティ コンソールの「レポートは」セクションに表示されます。 後 30 日間、これらのコンピューターの統計情報に、クライアント セキュリティ コンソールから削除されますが、オペレーション マネージャー管理者コンソールのように、接続性レポートにも表示ことが。

、Forefront クライアント セキュリティ オフライン資産の削除ツールを使用して MOM コンピューター オブジェクトと、それらのコンピューターの検出ルールを削除するのにはサポートされているコマンド ライン ユーティリティです。 OnePoint データベースを選択するのには、MOM データ アクセス サービス (DAS) 構成を使用するため、FCS コレクション サーバー (MOM 2005 サーバー) では、ユーティリティを実行してください。 次の使用法:

/RemoveOlderThanDate <date>: 指定された日付を解析し、その値の前に連絡先の日に最後のすべてのコンピューターを削除

/RemoveOlderThanDays < 番号日数>: 最後連絡先日付以前にその数日前に現在のすべてのコンピューターを削除

/RemoveOrphanDiscoveryRules [/RunDiscovery]: 検出ルールに関連付けられたコンピューター オブジェクトを削除します。 RunDiscovery スイッチは、削除した後はコンピューターの検出を開始するにはオプションです

/InputFile <filepath>: 渡されたファイルを検索し、入力を使用します。 MOM 管理者コンソールまたはコンピューターの各明細行の一覧からエクスポート形式のファイルができる

/LogFile <filepath>: ファイルの完全なパスのログ情報を格納します。 スイッチが存在しない場合、ログ情報をローカル ディレクトリに書き込まれます。 指定したファイルが存在する場合に追加される、ファイルが存在しない場合は、作成される。

/DoRemove: 実際には、コンピューターの MOM ルールを削除するのには、コンピューターが一覧表示だけでこのスイッチを使用せず、データベースから削除

どのようなアプリケーションが実際にそうせず削除されますがわかるように、レポートのみのモード 、/DoRemove スイッチことができます。 削除を実行すると、履歴のレポートの保存間隔時間をレポートに表示されるように削除するオフラインのコンピューターが続行されます

MOM 管理者コンソールまたはコンピューター名の各明細行を含むファイルからエクスポート 、/InputFile スイッチを使用またはコンピューターと、ドメイン名では、タブまたはスペースで区切られました。

、/RemoveOlderThanDays スイッチは、簡単にスケジュールされたタスクは、管理者によって作成されたオフライン システムを定期的に削除するのには使用する設計されています。 このため、ほとんどのユーティリティの出力が書き込まれる出力のログ ファイルとにコンソール。

、コンピューターは、FCS データベースから削除されますが、関連付けられている検出ルールではない場合、'保留中のインストール' アクションは、MOM 管理者コンソールに戻り、オフラインのコンピューターのクライアントのセキュリティ管理者を参照してください。 /RemoveOrphanDiscoveryRules を使用して削除されたコンピューターに関連付けられている検出ルールを削除し、'保留ステータスは、次の時間コンピューターの検出時に実行されるインストール' を排除します。 これらのルールが削除され、すぐにし、'保留中のインストール' 状態をよりすばやく排除した後、コンピューターの検出をトリガーに使用される、省略可能な/RunDiscovery スイッチはありません。 /DoRemove スイッチも使用されていない場合も、/RemoveOrphanDiscoveryRules スイッチは、レポートのみのモードで動作します。

ユーティリティを使用して FSE クライアントで使用される Microsoft オペレーション マネージャー 2005年データベースされています。 FCS、コンピューターの稼働状態の監視に使用するオペレーション マネージャー 2005年インストールなどがない環境で使用すると、このユーティリティは動作しません。 ユーティリティ、MOM DAS ライブラリを通常の MOM 管理者または Administrators グループ メンバーを呼び出すためのアクセス許可を持つユーザーとして実行する必要があります


マイクロソフトが、次の追加の推奨事項:
  • 生産、使用する前に、非運用環境でアプリケーションを徹底的にテストし、必要に応じて、上記のレポートのみのモードを使用します。
  • バックアップ OnePoint データベースに実行しているアプリケーション。
  • 入力ファイルと、スコープ内のすべてのコンピューターを削除することを確認するのには 30 日以内の日付を使って、アプリケーションを使用する場合に細心の注意を使用します。

状況

マイクロソフトとして認識してこれが問題をマイクロソフトの製品が一覧表示で、対象のセクション。

プロパティ

文書番号: 2272146 - 最終更新日: 2010年9月3日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Client Security
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2272146 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2272146
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com