修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.00.3558.02) ユーザー マネージャーの Forefront 2010 の利用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2272389 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年は、修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.00.3558.02) があります。

この修正プログラム ロールアップ パッケージには、次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載の以前の修正プログラムすべてにはが含まれます。
978864Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年パッケージ 1 を更新します。

2028634修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3547.2) が Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年の利用します。

修正プログラム ロールアップ パッケージもいくつかの問題を解決し、以前は、サポート技術情報資料に記載されていたいない機能を提供します。 これらの問題と機能の詳細については、「詳細」を参照してください。

解決方法

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。。 ただし、この修正プログラムは、この資料で説明する問題のみを修正するものです。 この修正プログラムは、この資料に記載された問題が発生しているシステムのみに適用されます。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。 完全な一覧 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号のまたは別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。"修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。。 使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。。

前提条件

Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010 のこの修正プログラムを適用するのにはインストールされている必要があります。

再起動について

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラム ロールアップは、次の修正プログラム ロールアップが置き換えられます。
2028634修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3547.2) が Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年の利用します。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。。 日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) で一覧表示されます。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーンタブで、Date and Timeコントロール パネルの項目です。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間
Fimaddinsextensionslp_x64_kb2272389.msp適用できません。4,358,14409-9 月-201013: 09
Fimaddinsextensionslp_x86_kb2272389.msp適用できません。3,478,01609-9 月-201012: 48
Fimaddinsextensions_x64_kb2272389.msp適用できません。3,051,52009-9 月-201013: 09
Fimaddinsextensions_x86_kb2272389.msp適用できません。2,570,24009-9 月-201012: 48
Fimcmbulkclient_x86_kb2272389.msp適用できません。2,256,38409-9 月-201012: 48
Fimcmclient_x64_kb2272389.msp適用できません。5,793,28009-9 月-201013: 09
Fimcmclient_x86_kb2272389.msp適用できません。5,127,68009-9 月-201012: 48
Fimcm_x64_kb2272389.msp適用できません。10,140,16009-9 月-201013: 09
Fimpcns_x64_kb2272389.msp適用できません。182,78409-9 月-201013: 09
Fimpcns_x86_kb2272389.msp適用できません。142,84809-9 月-201012: 48
Fimservicelp_x64_kb2272389.msp適用できません。4,605,44009-9 月-201013: 09
Fimservice_x64_kb2272389.msp適用できません。16,491,00809-9 月-201013: 09
Fimsyncservice_x64_kb2272389.msp適用できません。21,146,62409-9 月-201013: 09




詳細

証明書の管理に関連する固定問題

この修正プログラム パッケージで修正される問題は次のとおりです。:

問題 1

Active Directory に FIM 2010 の証明書管理の対象となる属性は、オンライン更新サービスによって送信された要求を更新できません。

固定機能および資格情報の管理に関連の問題

次の機能との問題は、この修正プログラム パッケージで修正されます。

機能

機能 1

登録パスワードのリセット ウィザードは、組織がデータ ポリシーへのリンクを提供することはできません。 この修正プログラムは、組織のデータ ポリシーへのリンクを挿入することができますをし、パスワードの再設定の登録ウィザードでそのリンクを表示する機能を提供する修正プログラムを追加します。 この機能を有効にするのには、設定する必要があります、PrivacyLinkこの修正プログラムを適用した後 (REG_SZ) レジストリ値です。 この修正プログラムは、ユーザー マネージャー 2010年のグループ ポリシー テンプレートで使用可能です。 グループ ポリシー テンプレートを入手するのには、次のマイクロソフト ダウンロード センター Web サイトを参照してください。
Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010年のグループ ポリシー テンプレート

問題

問題 1

この修正プログラムが正常に動作するのには、セルフ サービス パスワード リセット登録キャッシュ機能を有効にします。

登録キャッシュ機能を有効にした場合は、パスワード リセット用に登録されているユーザーが最新であることを確認するのには定期的にチェック アウトの登録必要があります。 ユーザーが登録されていないユーザーが Windows にログオンするたびにリセット パスワードを登録するように要求し続けます。


問題 2

CacheInterval と MaxOffset のレジストリ値の種類は REG_SZ で、グループ ポリシー テンプレートに設定されます。 この修正プログラムを REG_DWORD に修正されます。 この修正プログラムは、ユーザー マネージャー 2010年のグループ ポリシー テンプレートで使用可能です。 グループ ポリシー テンプレートを入手するのには、次のマイクロソフト ダウンロード センター Web サイトを参照してください。
Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010年のグループ ポリシー テンプレート



問題 3

パスワード リセット ポータルは、IIS のリセット後次のエラー メッセージが返されます。
予期しないエラーが発生しました。。

宣言型のプロビジョニングに関連する機能を追加

この修正プログラム パッケージでは、次の機能が追加されます。

機能 1

この修正プログラムは 3 つ以上のリソースの種類に対応するフロー スコープを使用する送信同期ルールを有効にします。

共通の UI に関連する固定問題

この修正プログラム パッケージで修正される問題は次のとおりです。:

問題 1

7 つ以上の UocListViews が単一リソース コントロール表示設定 (RCDC で) がある場合、UocListView の代わりにワイヤ フレーム ビューでグラフィック表示で表示されます。

修正された問題とは、同期エンジンに関連する機能

次の機能との問題は、この修正プログラム パッケージで修正されます。

機能

機能 1

この修正プログラムは、新しいレジストリ キー、MinimalObjectLogging を紹介します。 これより少ない情報の実行中にエラーが発生した場合に記録されることができます。

このレジストリ キーの詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。
レジストリ キーおよび FIM 2010 の構成ファイルの設定


機能 2

ステージングのエラーの検出は、管理エージェントを実行するとこの修正プログラムはエラー メッセージがイベント ログに書き込みます。


機能 3

管理エージェントは、いくつかのパーティションを持つことができます。 たとえば、Active Directory の管理エージェントは、フォレスト内のすべてのドメイン パーティションがいくつかのパーティションを持つことができます。 全体のパーティションは、選択されていない場合は、コネクタの場所に以前にインポートしたすべてのオブジェクトが保持されます。 次に、フル インポートの他のパーティションが選択されていないパーティションにあるすべてのオブジェクトを削除します。

問題

問題 1

Windows Server 2008 R2 では、ごみ箱を有効にするとまれに、エラー コード 0x80230309 が表示されます。 また、Active Directory の管理エージェントで次のエラー メッセージが表示されます。
dimage、更新または置換操作を示します。 しかし、イメージが存在しません。


問題 2

MIIS_RunHistory は、WMI クエリの結果は返されません。


問題 3

ウォーターマークのデルタを格納するために使用される CustomData プロパティの拡張接続管理エージェント (ECMA) です。 MA はエクスポートされません-再びインポート エラーが発生すると、透かしはコミットされません。

エラーが発生した場合でも、修正プログラム、CustomData プロパティをコミットします。


問題 4

最後のメンバーがエクスポートされるステージングされる場合は、「見つかりませんエラー属性。」、マルチ マスター属性を生成します。 このエラーは同期エンジンが正常にエクスポートを実行しているのではなく、新しいメンバーの表示、インポートを実行するときに発生します。


問題 5

属性の優先順位は、宣言型のプロビジョニングと FIM サービスの管理エージェントが期待どおりには動作しません。

この修正プログラムを適用した後、問題を解決するには、以下の操作のいずれか従います。
  • だけで、Active Directory 管理エージェント (FIM MA より高い優先順位を持つ MA)、完全な同期を実行します。
  • のみプレビュー コミット不良 Metaverse オブジェクトのリンクされた日オブジェクトを FIM MA よりも優先されますが、合併/買収を実行します。



問題 6

ExchangeUtils で CreateMailbox メソッドを使用して、新しいメールボックスを作成する場合は、再び、エクスポート-変更-は-インポートの nTSecurityDescriptor 属性があります。

この修正プログラムは、この属性の正規化を修正します。


問題 7

まれに、同期エンジンはマルチ マスターのメンバー属性にクラッシュする可能性があります。


問題 8

スクリプトの提供処理中に、オブジェクトの種類を変更すると、次のエラー メッセージが表示されます。
dimage、別のアンカーから、ホログラムの表示は、プライマリ オブジェクト クラスがあります。


問題 9

MA は、予期しない順序で実行し、グループの最後のメンバーを削除するは、グループのメンバーなどのマルチ マスターで、複数値を持つ参照属性に、「パラメーターが正しくありません。 0x80070057」エラーが表示します。


問題 10

まれに、デルタ同期中に、同期エンジンがクラッシュする可能性があります。

ワークフロー エンジンに関連する固定問題

問題 1

FIM 2010 の動的なグループを変更すると、その変更を有効にするのには時間がかかります。 これらの変更を加えるとこの修正プログラムは、パフォーマンスが向上します。

プロパティ

文書番号: 2272389 - 最終更新日: 2010年11月11日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Identity Manager 2010
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbprb kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2272389 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2272389
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com