Mac 2011 のデータベースの問題を解決するのには Outlook の再構築します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2360509 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Mac 2011 を Outlook で問題を解決するのには、ユーザー データベースを再構築する方法について説明します。

Id には、一連電子メール メッセージ、連絡先、タスク、予定表、アカウント設定、および詳細にはが含まれます。Id は、Microsoft のユーザー フォルダーのデータがあります。

次の問題のいずれかの場合は、データベースが破損している可能性があります、およびデータベース ユーティリティを使用して、ユーザー データベースを再構築する必要があります。

  • Outlook では開くには、応答を停止またはが予期せず終了します。
  • Outlook アイテムが開かない、またはを開く項目は、選択した項目ではありません。
  • 空白行は、または Outlook の連絡先が Outlook メッセージ一覧に表示されます。
  • Outlook の連絡先のエントリが正しく表示されません。
  • 予定表のイベントや連絡先など、Outlook に追加する情報を検索することはできません。
  • Outlook で検索を実行するときに条件を設定する検索結果が一致しません。
  • Office のアラーム、空白のウィンドウが表示されます。
  • スクラップ ブック、スクラップ ブックのアイテムが表示されなくなります。

詳細

ユーザー データベースを再構築する方法

手順 1: すべてのアプリケーションを終了します。

次の手順を続行する前に、すべてのアプリケーションを終了する必要があります。アプリケーションを終了する] をクリックします <application name=""></application> メニューの [、ツールバーの (上)を終了し、選択します。アプリケーションを終了することはできませんか、わからないかどうかは、コマンドとオプション キーを押しながら、キーボードの Esc キーを押します。[アプリケーションの強制終了] ウィンドウで、アプリケーションを選択し、強制終了します。強制終了アプリケーションを終了するをクリックします。

メモ Finder を終了することはできません。

作業が終了したら、ウィンドウを閉じます左上隅に赤色の閉じるボタンをクリックします。

元に戻す画像を拡大する
アプリケーションの終了] ウィンドウの前景色

手順 2: ハード ディスクに空き領域の量を決定します。

データベースのメンテナンスを実行する前に 3 倍以上、Outlook ユーザーの現在のサイズと利用可能なハード_ディスク領域があることを確認します。たとえば、id が 1 ギガバイト (GB) 場合がある少なくとも 3 GB の空き領域の利用可能な (仮想メモリのために必要なスペースを含まない)、ハード ディスク上。

Id のサイズを確認するのに以下の手順を実行します。

  1. nファインダー移動を [ホーム] をクリックします。[ドキュメント] フォルダーを開きます。
  2. Microsoft ユーザー データ フォルダーを開きます。
  3. Office 2011 フォルダーを開きます。
  4. ユーザー フォルダーをクリックします。
  5. [ファイル] メニューで、情報の取得情報の取得] をクリックします。データベースのサイズに注意してください。

Outlook id を作成する動作するように、id が受け取るデータのハード ディスク空き容量が割り当てられます。を追加して、メッセージ、予定、タスク、およびメモを削除するときにデータベースは無駄な領域を作成できます。

ステップ 3:検出および bの ack が現在の id を

バックアップ id を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. ファインダー移動を [ホーム] をクリックします。[ドキュメント] フォルダーを開きます。
  2. Microsoft ユーザー データフォルダーを開きます。
  3. Control キーを押しながらクリックまたはOffice 2011フォルダーを右クリックし、複製を選択し、フォルダーのコピーが作成されます。
  4. すべてのアプリケーションを終了します。
Id (またはユーザー) のバックアップを作成し、続行する準備が整いました。

メモ このバックアップは、一般に作業改善、再構築以外の id でサード ・ パーティ製のデータベースのリカバリ ・ ソフトウェアで使用できます。

手順4: データベースを再構築

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. Outlook 2011 を起動し、キーボードのOptionキーを押しながら.

    メモ アプリケーションのフォルダーを開くと、Microsoft Office 2011 フォルダーを開くし、データベース ユーティリティにも参照できます。Office フォルダーを開き、Microsoft データベースの Utility.app をダブルクリックします。
  3. [データベース ユーティリティ] ウィンドウで、データベースを維持するを選択し、[再構築] をクリックします。
  4. メインの識別を再構築するウィンドウが開き、進行状況を表示します。操作が完了したら、するメッセージが表示されます、「データベースが再構築されたされました」
  5. 完了をクリックします。
元に戻す画像を拡大する
Id を選択します。


Outlook を起動し、問題が解決するかどうかを参照してください。問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

手順 5:新しいユーザーを作成します。

を使用する Outlook で、1 つ以上の容量などで自宅と職場の場合複数のユーザーに Outlook を構成できます。各ユーザーは、電子メールやアドレス帳、タスク、予定表、アカウント設定の別のセットを格納します。

Outlook で複数の id は、id のいずれかが破損します。これが問題であるかどうかを確認するには、別の id を使用してください。Id が破損している場合は、この問題を解決するのには、新しい id を作成する必要があります。

新しいユーザーを作成するには、これらの手順に従います。
  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. キーボードの Option キーを押しながらし、 Outlook ドック内のアイコン。データベース ユーティリティが開きます。

    メモ アクセスできますデータベース ユーティリティによって、アプリケーションのフォルダーを開くと、Microsoft Office 2011 フォルダーを開きます。Office フォルダーを開き、Microsoft データベースの Utility.app をダブルクリックします。
  3. プラス記号をクリックして [+] 署名を新しい id を追加し、新しいユーザーの名前を入力します。たとえば、入力します。 新しいユーザー.

    元に戻す画像を拡大する
    新しいユーザーを作成します。
  4. 設定の既定値としての id を新しく作成します。新しく作成された id を選択、動作設定ボタンをクリックして、既定値として設定を選択し。

    元に戻す画像を拡大する
    Id をデフォルトとして設定します。

  5. Microsoft データベース ユーティリティを終了し、Outlook を再起動して問題が解決するかどうかを参照してください。

前の手順では、問題は解決しなかった場合、Outlook データベース可能性がありますが破損して修復できません。利用可能なバックアップが存在しない (別のコンピューター、またはハンドヘルド デバイス) などのデータの他のソースが存在しない場合は、データは回復可能ではないため、ゼロから始める必要があります。を最初から開始するには、ゴミ箱に (他のユーザーではありません) の場合のみ、Office 2011 の Id フォルダーをドラッグする必要があるし、し、Outlook を再起動します。


プロパティ

文書番号: 2360509 - 最終更新日: 2013年11月16日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2011 for Mac
キーワード:?
dftsdahomeportal kbmt KB2360509 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2360509
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com