ベスト プラクティス アナライザーの規則は、アプリケーション サーバーの役割に Windows Server 2008 R2 の更新プログラムが利用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2386667
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

更新プログラムは、ベスト プラクティス アナライザーを使用できるアプリケーション サーバーの役割に Windows Server 2008 R2 のです。 この更新プログラムは 6 つの新しいルール ベスト プラクティス アナライザーをアプリケーション サーバーの役割を追加します。

ベスト プラクティス アナライザーは、アプリケーション サーバーの役割


ベスト プラクティス アナライザーが、アプリケーション サーバーの構成では、ベスト プラクティスを実装することができます。

アプリケーション サーバーの役割に Windows Server 2008 R2 を実行しているアプリケーション サーバーと Windows Server AppFabric のベスト プラクティス アナライザーをインストールすると、ベスト プラクティス アナライザーは、アプリケーション サーバー ロールおよびレポート ベスト プラクティス違反をスキャンします。 フィルターまたはベスト プラクティス アナライザーを使用して、不要な結果をレポートから除外することができます。 タスクのベスト プラクティス アナライザーは、サーバー マネージャーのグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) または Windows PowerShell コマンドレットを使用しても実行できます。

この更新プログラムで変更された規則


この更新プログラムは、次の規則でのベスト プラクティス アナライザー アプリケーション サーバーの役割を追加します。

ルール 1


AppFabric: 専用サーバーにキャッシュ サービスを構成する必要があります。

パフォーマンスに関する考慮事項については、専用のサーバーを運用環境では、AppFabric キャッシュ サービスを構成しなければなりません。

規則 2


AppFabric: SWIS 動作する必要がありますが構成されて、ルート レベルに

SWIS 動作で、サーバーのルートを構成するこの永続性のあるコンピューターでホストされている、nameless の動作を使用するすべての WF サービスが作成されます。

規則 3


AppFabric: イベント コレクション サービスを開始します。

イベント コレクター サービスが実行されていない場合は AppFabric 監視イベント、監視データベースに格納できません。

規則 4

AppFabric: ワークフロー管理サービスを開始します。

このサーバーは WF の永続化インスタンスを再開することはできませんし、ワークフロー管理サービスが実行されていない場合は、WF サービス インスタンスを制御することはできません。

規則 5


AppFabric: キャッシュ サービスが開始する必要があります。

キャッシュ サービスが実行されていない場合は、このサーバーは、キャッシュ クラスターでは使用できません。

ルール 6


AppFabric: AppFabric の Windows サーバーの機能が必要です。

必要な Windows Server 機能を有効にするまで Windows サーバー AppFabric が正しく動作しなくなります。

詳細

情報を更新します。

この更新プログラムを入手する方法

この更新プログラムは、Microsoft Update Web サイトから利用可能です。
http://update.microsoft.com
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトではこのファイルのウイルス チェックを行っています。。 マイクロソフトはアップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。。 このファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、ベスト プラクティス アナライザーは、x の x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターにインストールされているアプリケーション サーバーの役割が必要です。 また、インストールされている以下の Microsoft 更新プログラムが必要です。
981392更新プログラムのベスト プラクティス アナライザーを使用できるアプリケーション サーバーの役割で x 64 エディションの Windows Server 2008 R2 のです。


再起動の要件

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。。

ファイル情報

次の表に記載されている属性を持つファイル、グローバルなバージョンのこの修正プログラムをインストールします。 世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻これらのファイルに一覧表示されます。 日付および時刻これらのファイルは、ローカル コンピューターのローカル時間と、現在の夏時間 (DST) バイアスで表示されます。 また、特定のファイルに対する操作を実行すると、日付と時刻を変更できます。
Windows Server 2008 R2 のファイルについてのメモ
  • GDR サービス分岐にはアドレス広範囲にわたって、非常に重要な問題に幅広くリリースされている修正プログラムのみをそれらが含まれます。 LDR に幅広くリリースされている修正プログラムに加えて修正プログラムが含まれています。
  • MANIFEST ファイル (マニフェスト) とインストールされている、MUM ファイル (.mum) の各環境でください。個別に一覧表示「Windows Server 2008 R2 ファイルの追加情報」のセクションで。 MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルで、更新されたコンポーネントの状態を維持するのには非常に重要です。 属性の一覧が表示されていない、セキュリティ カタログ ファイルは、マイクロソフトのデジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Applicationserver_model.psd1該当なし8,15819-10 月-201008: 48該当なし
Applicationserver_model.psd1該当なし8,15819-10 月-201009: 18該当なし
Applicationserver_model.ps1該当なし40,26415-10 月-201022: 31該当なし
Applicationserver_model.ps1該当なし40,26415-10 月-201022: 32該当なし
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
Windows Server AppFabric の詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
詳細については、Windows サーバー AppFabric をダウンロードします。
アプリケーション サーバーのベスト プラクティス アナライザーの詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。

追加のファイル情報

Windows Server 2008 R2 のファイルの追加について

他のファイルをすべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
元に戻す全体を表示する
ファイル名Amd64_microsoft-ウィンドウ-applicationserver-bpa_31bf3856ad364e35_7.1.7600.16690_none_991aaec656df5672.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ2,873
日付 (UTC)19-10 月-2010
時刻 (UTC)09: 47
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-ウィンドウ-applicationserver-bpa_31bf3856ad364e35_7.1.7600.20820_none_99effceb6fc42fcc.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ2,873
日付 (UTC)19-10 月-2010
時刻 (UTC)09: 50
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイルのバージョン該当なし
ファイル サイズ5,539
日付 (UTC)19-10 月-2010
時刻 (UTC)18: 49
プラットフォーム該当なし

プロパティ

文書番号: 2386667 - 最終更新日: 2010年11月23日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix atdownload kbexpertiseinter kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB2386667 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2386667
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com