Office 365 へのアクセスに関する Internet Explorer のトラブルシューティング ガイド

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2437121 - 対象製品
アップグレード前後、どちらの Office 365 を使用しているか確認するには、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Internet Explorer を使用して Microsoft Office 365 にアクセスする際に生じる問題のトラブルシューティング方法について説明します。

詳細情報

基本的な問題のトラブルシューティング

Office 365 に関連する基本的な問題をトラブルシューティングするには、次のガイドラインに従います。
  • Windows Internet Explorer 7 またはそれ以降のバージョンがコンピューターにインストールされていることを確認してください (また、システム要件を満たしていることも確認してください)。
  • すべての重要な更新プログラムがコンピューターにインストールされていることを確認してください。
  • Microsoft でサポートされている Windows オペレーティング システムをコンピューターで実行していることを確認してください。
  • 別の Office 365 ユーザー ID の使用を試みます (問題が Office 365 ユーザー アカウントに関連するものであるかどうかを判断します)。
  • Windows または Macintosh の別のユーザー アカウントの使用を試みます (問題がユーザー プロファイルに関連するものであるかどうかを判断します)。
  • 別のコンピューターを使用します (問題がコンピューターに関連するものであるかどうかを判断します)。

一般的なエラー メッセージのトラブルシューティング

エラー メッセージ 1

セキュリティで保護された Web ページにアクセスしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

“Internet Explorer ではこのページは表示さできません

この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. 現在アクティブな Internet Explorer ウィンドウをすべて閉じます。
  2. Internet Explorer を開きます。
  3. [ツール] メニューから [インターネットオプション] をクリックします 。
  4. [インターネットオプション] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] タブをクリックします。
  5. [設定] の一覧で、[セキュリティ] の下にある [SSL 3. 0 を使用する] と [TLS 1. 0 を使用する] のチェック ボックスをオンにします。
  6. [OK] をクリックして [インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

エラー メッセージ 2

Web ページにアクセスしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

“セキュリティ設定により、Web サイトでのコンピュータにインストールされた ActiveX コントロールの使用は許可されません。このため、このページは正しく表示されない可能性があります。オプションを表示するには、ここをクリックしてください"

警告: この方法を実行すると、コンピューターまたはネットワークが、悪意あるユーザーやウイルスといった悪質なソフトウェアからの攻撃を受けやすくなる可能性があります。マイクロソフトではこの回避策の実行は推奨していません。実行する際は、ご自身の責任のもとに行ってください。

この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. 現在アクティブな Internet Explorer ウィンドウをすべて閉じます。
  2. Internet Explorer を開きます。
  3. [ツール] メニューから [インターネット オプション] をクリックします 。
  4. [インターネット オプション] ダイアログ ボックスで、セキュリティ] タブをクリックします。
  5. [セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください]?の下にある [信頼済みサイト] をクリックします 。
  6. [このゾーンのセキュリティのレベル] の下にある [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  7. [設定] の一覧から、 [ActiveX コントロールとプラグイン] の下に次の設定が構成されていることを確認します。
    • [バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアー] の下にある 有効にする]?を選択します?(選択されていない場合)。
    • [署名されたActiveX コントロールのダウンロード] の下にある?[ダイアログを表示する] を選択します?(選択されていない場合)。
    • [ActiveX コントロールとプラグインの実行] の下にある [有効にする] を選択します?(選択されていない場合)。
    • [スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行]?の下にある [有効にする] を選択します?(選択されていない場合)。
  8. [その他] の下にある アプリケーションと安全でないファイルの起動]?の設定で?[有効にする]?を選択します。
  9. [OK] を 2 度クリックして [インターネットオプション] ダイアログボックスを閉じます。

エラー メッセージ 3

Web サイトからファイルをダウンロードしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

“現在のセキュリティ設定では、このファイルをダウンロードできません。"

警告:?この方法を実行すると、コンピューターまたはネットワークが、悪意あるユーザーやウイルスといった悪質なソフトウェアから攻撃を受けやすくなる可能性があります。マイクロソフトでは、この回避策の実行は推奨していません。実行する際は、ご自身の責任のもとに行ってください

この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. 現在アクティブな Internet Explorer インスタンスをすべて閉じます。
  2. Internet Explorer を開きます。
  3. [ツール] メニューから [インターネット?オプション] をクリックします 。
  4. [インターネットオプション] ダイアログボックスで、セキュリティ]?タブをクリックします。
  5. [セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください]?の下にある [信頼済みサイト をクリックします 。
  6. [このゾーンのセキュリティ レベル] の下にある [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  7. [設定] の一覧から、ダウンロード]?の下にある [ファイルのダウンロード] に?[有効にする]?を選択します。
  8. [OK] を 2 度クリックして インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

エラーメッセージ 4

Windows XP で Internet Explorer 8 を使用して Web ページにアクセスすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
“:-(
問題が発生しました。”

“Sorry, we can't get that information right now. Please try again later. If the problem continues, contact your helpdesk.” (申し訳ございません。指定の情報を表示できません。後でもう一度やり直してください。問題が解決しない場合は、ヘルプ?デスクに連絡してください。)


この問題を解決するには、以下の手順を実行します。?
  1. Internet Exporer 8 の [ツール] メニューから [インターネットオプション]、[詳細設定] タブを順にクリックします。
  2. [設定] の中の [セキュリティ] エリアから [ネイティブXMLHTTP サポートを有効にする] チェックボックスをオンにして [OK] をクリックします。
Internet Explorer で開いている画面をすべて閉じ、Internet Explorer を再起動します。

Office 365 ポータルでメニューや表などのコンテンツが表示されない

警告: この方法を実行すると、コンピューターまたはネットワークが、悪意あるユーザーやウイルスといった悪質なソフトウェアから攻撃を受けやすくなる可能性があります。マイクロソフトでは、この回避策の実行は推奨していません。実行する際は、ご自身の責任のもとに行ってください。

この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. 現在アクティブな Internet Explorer インスタンスをすべて閉じます。
  2. Internet Explorer を開きます。
  3. [ツール] メニューから [インターネット オプション] をクリックします 。
  4. [インターネットオプション] ダイアログボックスで、セキュリティ]?タブをクリックします。
  5. [セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。] の下にある 信頼済みサイト]?をクリックします 。
  6. [このゾーンのセキュリティ レベル] の下にある [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  7. [設定[ の一覧から、[スクリプト] の下にある [アクティブスクリプト] に [有効にする] を選択します。
  8. [OK] を 2 度クリックして インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

Internet Explorer 問題のトラブルシューティング リソース

Internet Explorer 問題のトラブルシューティング方法に関する詳細情報は、Microsoft Knowledge Base にある次の資料を参照してください。??

967897 “Internet Explorer で一部の Web サイトにアクセスできない"?

968089 “Internet Explorer で安全に保護された Web サイトを表示できない"

本資料で言及されるサードパーティ プロダクトとは、Microsoft 以外のメーカーが製造した製品を指します。Microsoft では、これら製品のパフォーマンスやその信頼性について、黙示的にも一切保証していません。

追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2437121 - 最終更新日: 2014年4月30日 - リビジョン: 23.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 365 for enterprises (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for small businesses? (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for education? (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
o365 o365a o365e o365p o365022013 after upgrade o365062011 pre-upgrade o365m KB2437121
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com