SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージ (sts x none.msp): 2010 年 12 月 31 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2459108
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2010 年 12 月 31 日の日付は、Microsoft SharePoint Foundation 2010 修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

概要

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 次の条件に該当する場合は、増分コンテンツ展開パッケージには、SharePoint サーバー 2010年の失敗します。
    • パッケージには、名前が変更されたサイトが含まれます。
    • サブサイトには名前が変更されたサイトへのリンクが含まれます。

    また、followingerror メッセージが表示されます。

    必要な範囲内の値を下回らない。

  • 追加したり、SharePoint の基礎グループからユーザーを削除し、クロールを実行すると、クロールが予期せず、サイト コレクション レベルで実行されます。

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • ユーザー アカウントのアクセス許可を設定して、ユーザー アカウント 2010 の SharePoint サイトの SharePoint グループに追加します。
    • その後、アカウントを無効にします。
    • 使って、stsadm-o エクスポート - URL <site>-includeusersecurity</site>SharePoint サイトをインポートするコマンドです。

    このシナリオでは、ユーザー アカウントを有効になります。 また、ユーザー アカウントを SharePoint グループから削除されます。

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • 2010 の SharePoint サイトでは、ドキュメント ライブラリ内の入力規則の数式列を設定します。
    • ファイルをドキュメント ライブラリにアップロードします。
    • ドキュメント ライブラリでファイルの名前を変更しようとしました。

    この場合、以下のエラー メッセージが表示されます。:

    0x81070980 の HRESULT から例外

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • 2010 の SharePoint サイトでは、新しい画像ライブラリを作成します。
    • サイトをテンプレートとして保存します。
    • テンプレートを使用して、新しいサイトを作成します。
    • 画像ライブラリに新しいサイトは、画像をアップロードします。

    このシナリオでは、アップロードされた画像のプレビューが表示されないようにを検索します。

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • 2010 の SharePoint サイトのタスク リストを作成します。
    • 設定は、所有権が割り当てられている場合に電子メールを送信します。オプションはい.
    • サイトをテンプレートとして保存します。
    • テンプレートを使用して、新しいサイトを作成します。
    • タスクの一覧で、新しいサイトは、新しいタスクを作成します。

    このシナリオでは、タスクの担当者に電子メール通知は送信されません。

  • SharePoint Server 2010 カウントに関連するルックアップ列を含むリストを照会するなど representational 状態の転送 (REST) を使用するには投稿リストは、次のエラー メッセージが表示されます。

    500 内部サーバー エラー。

  • 名前には、単一引用符文字が含まれているフォルダーを作成して SharePoint 2010 画像ライブラリでは、(「)。 次に、1 つ以上のページの画像を画像ライブラリにアップロードします。 この状況では、別のページに、画像ライブラリに画像を表示しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    この Web ページでエラーが正しく動作することがあります。

  • SharePoint Server 2010 でいくつかのプロセスを実行するのには、サンド ボックスは、構成します。 SharePoint サーバー上で、SharePoint ユーザー コードのホスト サービスを再起動すると、一部のプロセスは作成されません。

  • You upload several solutions to the sandbox in SharePoint Foundation 2010. Then, you run the SharePoint User Code Host service on the SharePoint server. In this situation, when solutions cannot connect to the configuration database, the service repeatedly sends the following error message to the Unified Logging Service (ULS) log:

    Cannot find farm object in configuration database.

  • In SharePoint Server 2010, you cannot re-provision a diagnostic provider after you unprovision it.

    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。The issue occurs after you apply the hotfix package that is described in Microsoft Knowledge Base (KB) article 2323530.

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • You setBrowser File HandlingtoPermissivefor a web application in theGeneral settingspage in SharePoint 2010 Central Administration.
    • You create a document library, and then upload an html document.
    • You open the html document in the browser.

      注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。You are not prompted to download the html document and it is rendered in the browser.
    • You select to include the content when you save the SharePoint site as a template.
    • You use the template to create a new SharePoint site in the same web application.

    In this scenario, theBrowser File Handlinglist setting for the document library in the new site is set toStrict. Additionally, when you open the html document, you are prompted to download the file.

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • You create a list in a SharePoint 2010 site.
    • You perform an export operation for the list in the site.
    • You perform an import operation for the list in the site.

    このシナリオでは、作成したが、リストのインポート時間によって置き換えられます。

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • You create an external content type in SharePoint Server 2010.
    • You configure theAuthentication Modesection by selectingPassThroughin the external content type setting.
    • You create an external list that is based on the new external content type.
    • You create an external data column to refer to the external list.
    • You clickRefresh External Datato refresh the data in the external list.

    In this scenario, the data is not refreshed as expected.

  • This hotfix improves the performance of sandboxed solutions in SharePoint Server 2010 in the following ways:
    • Introduces a new property toMicrosoft.SharePoint.Administration.SPUserCodeExecutionTierthat lets administrators set the operating system process priority for each worker process that is running in the tier.
    • Automatically aggregates resource usage when the sandboxed code execution service is under heavy load.

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • You have at least two pages of items in a SharePoint 2010 list.
    • You use the pagination control at the bottom of the page to page forward through the list.
    • You use the pagination control to page backward through the list, and then you delete an item in the list.
    • You use the pagination control to page backward to the first page.

    In this scenario, you find that the pagination control is not displayed.

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • You create a document library in SharePoint Server 2010.
    • You enable versioning control in the document library settings.
    • You save the document library as a template.
    • You use the template to create a new document library.
    • You upload a document to the new document library.

    In this scenario, the document is not displayed in the new document library.

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • You create a document library in SharePoint Foundation 2010.
    • You add a List View Web Part for the document library in a SharePoint Foundation site.
    • You configure the List View Web Part to use aGroup Byfilter.
    • You add a Calendar Web Part in the same SharePoint Foundation site.

    In this scenario, the List View Web Part is not displayed correctly.

  • Assume that you have a Nokia mobile device that uses the Symbian operating system. Then, you use the Nokia mobile browser to access a SharePoint site that is correctly configured for mobile access. In this situation, the browser displays the site incorrectly.

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • In SharePoint Foundation 2010, you create aCalculatedtype column in a document library. The column uses a formula to display the date type.
    • You create a view in the document library that uses aGroup Byfilter. The filter is based on theCalculatedtype column.
    • You try to expand the group in the view.

    この場合、以下のエラー メッセージが表示されます。:

    Exception from HRESULT: 0x80030102 (STG_E_REVERTED)

  • In SharePoint Server 2010, you create a workflow that is used to copy an item from one document library to another document library. Then, you enable theRequire Check Outsetting in the destination document library. In this situation, when you create a document or upload a document in the source document library, the workflow does not execute as expected.

  • Sandboxed solutions which sometimes throw unhandled exceptions are charged inconsistently for their resource usage in SharePoint Server 2010.

  • 以下のシナリオを考えます。:
    • SharePoint Server 2010 は、請求認証を構成します。
    • SharePoint サーバーにセッション Cookie を使用できます。
    • 2010 の SharePoint サイトを作成します。
    • 認証の期限が切れるまで、2010 の SharePoint サイトを参照します。

    このシナリオでは、認証メカニズムが無限ループにスタックを取得します。 さらに、セッション Cookie が削除されるまで、SharePoint サイトにアクセスできません。

解決方法

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。。 この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。。 この資料に記載された障害があったコンピューターに対してのみ適用することを推奨します。。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。 完全な一覧 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号のまたは別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。"修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。。 使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、SharePoint Foundation 2010 をインストールする必要があります。

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。。

レジストリについて

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。。 この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正する必要がありますファイルのみが含まれています。

この修正プログラム パッケージのグローバル版修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。 以下の表に記載されているファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で記載されています。。 ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーンコントロール パネルの [日付と時刻] タブ。

ダウンロード情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Sharepointfoundation2010-kb2459108-fullfile-x 64-glb.exe14.0.5130.500227,677,752最終更新日: 2010 年 12 月 15 年03: 27x86

Microsoft Windows インストーラ .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Sts の X-none.msp適用できません。27,144,704最終更新日: 2010 年 12 月 15 年10: 36適用できません。

Sts の X-none.msp

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Addgallery.officeonlineprovider.dll14.0.5127.500055,16828-9 月-201001: 19適用できません。
Csisrv.dll14.0.5128.50003,335,6002010-08-10 月14: 38x64
Microsoft.sharepoint.addgallery.server.dll14.0.5129.5000124,8002010-02-11 月14: 31適用できません。
Microsoft.sharepoint.administrationoperation.dll14.0.5123.5000829,35210-8 月-201004: 16適用できません。
Microsoft.sharepoint.applicationpages.dll14.0.5129.50001,050,5282010-02-11 月14: 31x86
Microsoft.sharepoint.dll14.0.5130.500216,578,40813-12 月-201021: 23適用できません。
Microsoft.sharepoint.dll14.0.5130.500216,578,40813-12 月-201021: 23x86
Microsoft.sharepoint.dll14.900.5128.50001,791,87206-10 月-201012: 56適用できません。
Microsoft.sharepoint.health.dll14.0.5120.500096,17620-7 月-201009: 59x86
Microsoft.sharepoint.identitymodel.dll14.0.5130.5000100,22416-11 月-201016: 57x86
Microsoft.sharepoint.intl.dll14.0.5123.50001,009,52010-8 月-201004: 16x86
Microsoft.sharepoint.library.dll14.0.5130.5000165,76016-11 月-201016: 57適用できません。
Microsoft.sharepoint.linq.dll14.0.5123.5000374,62410-8 月-201004: 16x86
Microsoft.sharepoint.search.dll14.0.5130.50004,795,78416-11 月-201017: 28適用できません。
Microsoft.sharepoint.usercode.dll14.0.5123.500034,67210-8 月-201004: 16適用できません。
Mssdmn.exe14.0.5120.5000780,16820-7 月-201010: 24適用できません。
Mssph.dll14.0.5130.50001,678,72816-11 月-201017: 23適用できません。
Mssrch.dll14.0.5120.50004,988,80820-7 月-201010: 24適用できません。
Offparser.dll14.0.5128.50002,890,65606-10 月-201012: 56x64
Oisimg.dll14.0.5124.5000194,94431-8 月-201015: 27x64
Oleparser.dll14.0.5124.500032,68031-8 月-201015: 27x64
Onetnative.dll14.0.5128.5000582,53606-10 月-201011: 56x64
Onetutil.dll14.0.5130.50022,981,752最終更新日: 2010 年 12 月 15 年02: 18x64
Onfda.dll14.0.5128.50002,783,62406-10 月-201013: 49x64
Owssvr.dll14.0.5130.50026,555,00813-12 月-201021: 24適用できません。
Owstimer.exe14.0.5130.500074,09616-11 月-201016: 57適用できません。
Policy.12.0.microsoft.sharepoint.search.dll14.0.5124.500011,16831-8 月-201015: 42x64
Spuchostservice.exe14.0.5130.5000108,49616-11 月-201016: 57x86
Spucworkerprocess.exe14.0.5130.500047,05616-11 月-201016: 57x86
Spucworkerprocessproxy.exe14.0.5123.5000124,88010-8 月-201004: 16x86
Spwriter.exe14.0.5124.500041,85631-8 月-201015: 27適用できません。
Stssoap.dll14.0.5130.5000468,86416-11 月-201016: 57x86
Stswel.dll14.0.5130.50023,238,78413-12 月-201021: 24x64
Wssadmin.exe14.0.5123.500015,77610-8 月-201004: 16適用できません。
Wsssetup.dll14.0.5128.50007,588,20006-10 月-201013: 54x64

関連情報

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2459108 - 最終更新日: 2011年1月1日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2459108 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2459108
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com