この修正プログラム ロールアップ パッケージの詳細については、システム センター データ保護マネージャー 2010年: 2011年 3 月

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2465832
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、DPM 2010 2011 年 3 月の発行日付が修正プログラム ロールアップ パッケージ バージョン 3.0.7707.0 で修正される問題で Microsoft システム センター データ保護マネージャー (DPM) 2010年について説明します。

メモ現在インストールされているバージョンを確認するをクリックして、情報右上側にあるのアイコンをメインメニュー バーで、DPM サーバー上の DPM 2010 管理者コンソール。

この修正プログラム ロールアップは、次の問題を解決します。
  • データ保護マネージャー 2010年のリモート アクセス サービスで使用されるポートを変更すると、回復ジョブ失敗します。
  • クライアント コンピューターでは、システム ボリュームはローカルのシャドウ コピーを作成し、シャドウ コピーの記憶域が UNBOUNDED に設定されている場合の領域が不足を実行します。
  • 1, 000 件のクライアント ・ コンピューターを保護するために 2010 の Data Protection Manager サーバーの 1 つを使用しようとすると、Data Protection Manager の 2010年を使用して 1, 000 件のクライアント ・ コンピューターを保護できないことを示す警告が表示されます。Data Protection Manager 2010 最大 3, 000 のクライアント コンピューターを保護できる場合でも、このメッセージが表示されます。
  • 1, 000 を超えるクライアントのデータ ソースを保護するために 2010 の Data Protection Manager サーバーの 1 つを使用しようとすると、Data Protection Manager の 2010年を使用して 1, 000 以上のデータ ソースを保護できないことを警告が表示されます。Data Protection Manager 2010 最大 3, 000 のクライアントのデータ ソースを保護する場合でも、このメッセージが表示されます。
  • データ保護マネージャー 2010 IBM システム ストレージ ・ TS2900 テープ ・ オートローダのバックアップ、リカバリ、または詳細なインベントリをサポートして操作します。テープ ドライブでこれらの操作のいずれか後残されます。
  • 多数の .ndf セカンダリ データ ファイルが、1. 2 テラバイトの SQL server を保護するために Data Protection Manager の 2010年のレプリケーション エージェントを使用すると、データ保護マネージャー 2010年のレプリケーション エージェントがクラッシュします。
  • クライアント コンピューターの管理者ではない場合は、クライアント コンピューターで、エンドユーザー回復の保護されたデータを実行できません。
  • ある場合クライアントを実行する多数のクライアント コンピューターをバックアップするか、ジョブに対応するクライアント ・ リカバリ ・ オペレーションが 2010 の Data Protection Manager サーバーにトリガーされます。2010 の Data Protection Manager サーバーがこの状態に入ると、後でクライアントのバックアップまたはリカバリ ・ オペレーションのクライアント 2010 の Data Protection Manager サーバーではトリガーされます。
  • データ保護マネージャー 2010年のセカンダリ サーバーで 300 を超えるクライアントのデータ ソースを保護しようとした場合のデータ保護マネージャー 2010年のパフォーマンスが低下が発生します。
  • データ保護マネージャー 2010年の回復ポイントは、保有期間内に同期されていませんがクライアントのデータ ソースが保持されません。
  • 内の SharePoint リスト、SharePoint コンテンツ データベース内の多数のリスト項目がある場合は、SharePoint コンテンツ データベースには、SharePoint アイテム ・ レベル ・ カタログの生成が継続的に失敗します。

詳細

修正プログラム プログラムのロールアップの情報

情報をダウンロードします。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

システム センター データ保護マネージャー 2010 年は、64 ビット版

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
システム センター データ保護マネージャー 2010 は 64 ビット版修正プログラム パッケージをダウンロードします。

メモこの修正プログラム ロールアップ パッケージは、システム センター データ保護マネージャー 2010年のすべてのサポートされている言語バージョンに適用されます。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
Microsoft ではこのファイルのウイルスをスキャンします。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

前提条件

この修正プログラム ロールアップ パッケージの前提条件を以下に示します。
  • Windows Server 2008 R2 を実行しているデータ保護マネージャー 2010年のサーバーにインストールするのには、次修正プログラムをインストールする必要があります。
    2223201Windows 7 ベースまたは Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューター上の保護されたダイナミック ボリュームを拡張した後 82 のイベント ID がシステム ログに記録可能性があります。
  • この Windows Server 2008 を実行して、データ保護マネージャー 2010年サーバーまたは Windows Server 2008 Service Pack 2 をインストールするには、次修正プログラムをインストールする必要があります。
    2279787Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピューター上の保護されたダイナミック ボリュームを拡張した後 82 のイベント ID がシステム ログに記録される可能性があります。

インストールの手順

このデータ保護マネージャー 2010年のロールアップ パッケージに個別の更新プログラムの 3 つで構成されます。各更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. Data Protection Manager の 2010年を実行しているサーバー上でプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。これを行うには、サーバー上の DataProtectionManager2010 KB2465832.exe ファイルを実行します。

    メモこのプログラムのロールアップ パッケージをインストールした後は、Data Protection Manager サーバーを再起動する必要はありません。
  2. DPMDB データベースをホストしているリモートの Microsoft SQL Server のインストールを更新します。これを適切に行うには、32 ビットまたは 64 ビット SqlPrep KB2465832.msp ファイルは、SQL Server を実行しているコンピューター上のいずれかを実行します。

    メモデータ保護マネージャー 2010年のサーバー上で、SQL Server DPMDB インスタンスを実行している場合は、この手順は必要ありません。
  3. DPM 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

    方法 1: DPM 管理者コンソールからの保護エージェントを更新します。
    1. DPM 管理者コンソールを開きます。
    2. クリックして、管理タブをしクリックして、エージェントタブ。
    3. で、保護コンピューター一覧表示するでコンピューターを選択し、クリックしてください更新プログラムで、アクションウィンドウです。
    4. をクリックして[はい]、し、エージェントを更新します。.
    5. で、資格情報を入力し、オプションを再起動します。表示されるダイアログ ボックスに資格情報を入力、選択、選択したサーバーを後で手動で再起動します。オプション、し、をクリックして[OK].

      メモエージェントを更新するのには、コンピューターを再起動するはありません。これは、その理由は、選択したサーバーを後で手動で再起動します。オプション選択されています。
    方法 2: 保護されたコンピューター上の保護エージェントを更新します。
    1. 「Data Protection Manager のインストール location\DPM\Agents\RA\3.0.7707.00"ディレクトリ 2010 の Data Protection Manager サーバーから更新プログラム保護エージェント パッケージを取得します。
      • X x86 ベースの更新: i386\1033\DPMAgentInstaller_KB2465832.exe
      • X 64 ベースの更新: amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB22465832_AMD64.exe
      メモDPMAgentInstaller.exe のパッケージすべてに適用されます。言語。
    2. 適切な DPMAgentInstaller.exe パッケージを実行します。それぞれのコンピューターを保護します。
    3. データ保護マネージャー 2010年のサーバー上の DPM 管理者コンソールを開きます。
    4. クリックして、管理タブをしクリックして、エージェントタブ。
    5. 保護されたコンピューター] を選択し、エージェントのバージョンが 3.0.7707.00 として表示されていることを確認します。
  4. データ保護マネージャー 2010年のサーバーを管理するために使用する任意のコンピューター上の DPMManagementShell2007 KB2465832.msp ファイルを実行します。

    メモData Protection Manager 管理シェル 2010 の Data Protection Manager サーバー上で実行している場合は、この手順は必要ありません。

情報を再起動します。

この修正プログラム ロールアップ パッケージをインストールすると、DPM 管理シェルが開かれている場合は、コンピューターを再起動する必要があります。それ以外の場合は、再起動は必要ありません。

追加のインストール情報

サーバーの再起動後、これらのメソッドを使用、修正プログラム パッケージを初期化できません。
  • カスタムの DPMRA ポート:有効な運用サーバーの FQDN およびポート番号を使用して Data Protection Manager 2010 サーバー上で、setAgentCfg.exe を実行します。
  • IBM ライブラリとその他の。次のレジストリ キーと値を追加します。
    レジストリ キー:
    データ保護 Manager\Agent の HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft
    DWORD:RSMCompatMode
    値:29(10 進数)
  • クライアント コンピューターの管理者の保護されたデータは、クライアント コンピューターのエンドユーザーの回復を実行する権限が必要管理者権限のないユーザーの名前を設定する必要があります。これを行うには、管理者、次のレジストリ キーと値ごとに、これらの管理者以外のユーザー追加する必要があります。これは、クライアント ユーザーのコンマ区切りリストを含む 1 つのキーです。このキーは、管理者以外のユーザーのユーザーごとの個別に追加するのにはありません。
    レジストリ キー:
    データ保護 Manager\Agent\ClientProtection の HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft
    REG_SZ:ClientOwners
    値: 管理者以外のユーザーのユーザー名。これは、ユーザー名を次の例のように、先頭または末尾にあるスペースなしのコンマ区切りリストがあります: \、domain1\user2、domain1\user3 (およびそれを)

ファイル情報

英語 (米国) バージョンのこの修正プログラムのロールアップ修正プログラムのロールアップをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC)、次の表に表示されます。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、タイム ゾーンタブのコントロール パネルの [日付と時刻] 項目。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
AccessManager.dll3.0.7707702011/1/66時 01分 AMx 64
ACM.dll3.0.7707542011/1/66時 01分 AMx 64
AlertHealthProvider.dll3.0.77071062011/1/66時 01分 AMx 64
AmServiceProxy.dll3.0.7707302011/1/66時 01分 AMx 64
AMTE.dll3.0.77072582011/1/66時 01分 AMx 64
AutoDeployment.dll3.0.770752011/1/66時 01分 AMx 64
ConfigClasses.xsdNA4610/27/20104時 53分 PM-
AutoDeployment UpdateProtection.ps1NA7010/27/20104時 53分 PM-
AutoHeal.dll3.0.77071512011/1/66時 01分 AMx 64
ClusterInquiry.dll3.0.77071692011/1/65時 53分 AM64 x、または x 86
ClusterInquiryLH.dll3.0.770732011/1/65時 53分 AM64 x、または x 86
ConfigurationPage.dll3.0.77078502011/1/66時 01分 AMx 64
CPWrapper.dll3.0.770711212011/1/66時 01分 AMX 64
DataProtectionWizard.dll3.0.7707が"1818"2011/1/66時 01分 AMx 64
DPMac.exe3.0.770712662011/1/65時 53分 AM64 x、または x 86
DPMClientService.exe3.0.7707[シツギョウホケンキュウフ]2011/1/65時 53分 AM64 x、または x 86
DPMLA.exe3.0.770719212011/1/65時 53分 AMx 64
DPMRA.exe3.0.770741652011/1/65時 53分 AM64 x、または x 86
EngineUICommon.dll3.0.77074782011/1/66時 01分 AMx86 64
GroupingListViewControl.dll3.0.77071142011/1/66時 01分 AMx 64
inspect.dll3.0.77071702011/1/66時 01分 AMx 64
installagentpatch.exe3.0.77071082011/1/65時 53分 AM64 x、または x 86
INTENTTRANSLATOR.dll3.0.77073542011/1/66時 01分 AMx 64
launchpatch.exe3.0.7707232011/1/65時 53分 AMx 64
Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.Prm.dll3.0.77076342011/1/66時 01分 AMx 64
Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.PrmCatalog.dll3.0.77076222011/1/66時 01分 AMx 64
Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.PrmCatalogAccess.dll3.0.7707182011/1/66時 01分 AMx 64
Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.PrmCommon.dll3.0.77071422011/1/66時 01分 AMx 64
Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.Exchange.dll3.0.7707622011/1/66時 01分 AMx 64
Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.SharePoint.dll3.0.7707622011/1/66時 01分 AMx 64
MSDPM.exe3.0.7707152011/1/66時 01分 AMx 64
msdpmdll.dll3.0.77074332011/1/66時 01分 AMx 64
msdpmPS.dll3.0.7707292011/1/65時 53分 AM64 x、または x 86
RACommands.xsdNA10062010/12/9午後 6時 25分-
ObjectModel.dll3.0.77072942011/1/66時 01分 AMx 64
objectmodelcmdlet.dll3.0.7707332011/1/66時 01分 AMx 64
TaskDefinitions.xsdNA292010/12/9午後 6時 25分-
ServiceProxy.dll3.0.77072952011/1/66時 01分 AMx 64
setagentcfg.exe3.0.77071522011/1/65時 53分 AMX 64
setupUtilv2.dll3.0.77074962011/1/65時 53分 AMX 64 と x86
StopProtectionOfStaleClients.ps1NA210/27/20104時 54分 PM-
StoragePoolManager.dll3.0.77074502011/1/66時 01分 AMx 64
SummaryTE.dll3.0.7707542011/1/66時 01分 AMx 64
TERuntime.dll3.0.77071182011/1/66時 01分 AMx 64
UICommon.dll3.0.7707942011/1/66時 01分 AMx 64
Utils.dll3.0.77078022011/1/66時 01分 AM64 x、または x 86
WSS4Cmdlets.dll3.0.77071302011/1/66時 01分 AM64 x、または x 86
WSSCmdlets.dll3.0.77071462011/1/66時 01分 AMX 64 と x86

プロパティ

文書番号: 2465832 - 最終更新日: 2011年3月21日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbdownload kbfix kbqfe atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2465832 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2465832
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com