Windows 環境でのネットワーク印刷の管理

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 246855 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP246855
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ポイントと印刷を使用すると、管理間接費が軽減され、印刷処理が簡略化および自動化されます。ポイントと印刷機能は、Microsoft Windows 95、Windows 98、および Windows 98 Second Edition でクライアントとして導入され、Microsoft Windows NT 3.5 以降でサーバーとして導入されました。

プリント サーバー上のプリンタに接続するとき、クライアントはプリント サーバー上の適切なドライバを検索します。サーバーにドライバがインストールされている場合は、そのドライバが自動的にダウンロードされ、クライアント用に設定されます。ただし、ドライバが存在しない場合は、ドライバを選択し、インストールするように通知されます。

詳細

この資料では、ポイントと印刷が適切に構成されていない場合や互換性がない場合の結果について説明し、そのような状況の解決方法を紹介します。

Windows ベースのネットワーク クライアントをプリント サーバーに接続しようとするとき、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
device name プリンタが接続されているサーバーに正しいプリンタ ドライバがインストールされていません。ローカル コンピュータにドライバをインストールする場合は、[OK] をクリックしてください。
このエラー メッセージは、以下のいずれかの状況で表示される場合があります。
  • サーバー メッセージ ブロック (SMB) がプリント サーバーに接続されている場合
  • Windows 95、Windows 98、Winodws 98 Second Edition のいずれかをベースとするコンピュータでファイルとプリンタの共有が実行されている場合
  • Windows NT 4.0 Server を実行している Alpha ベースのコンピュータが、Alpha 印刷ドライバがインストールされていない x86 ベースのクライアントに接続されている場合
  • 新しいインターネット印刷プロトコル (IPP) を使用してプリンタに接続しており、インターネット プリント サーバーに適切なドライバがインストールされていない場合
上記のいずれかの状況でエラー メッセージが表示される場合は、以下の対応する回避策を実行します。

プリント サーバーに SMB 接続している場合

SMB プリント ボックスを使用すると、中間のパーソナル コンピュータまたはプリント サーバーを経由することなく、ネットワーク上のワークステーションから印刷ジョブをプリント サーバーに直接送信できます。このような構成では、ポイントと印刷はサポートされていません。

回避策

この現象を回避するには、以下の手順で、印刷ドライバをローカル コンピュータにインストールし、SMB 印刷共有への接続を作成します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[プリンタ] をクリックします。
  2. [プリンタの追加] をダブルクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [ローカル プリンタ] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [新しいポートの作成] をクリックします。
  5. [ポートの種類] ボックスの一覧の [Local Port] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. 以下のように SMB 共有名を入力します。
    \\PrintServer\Sharename
  7. ウィザードを続行し、デバイスに対応するドライバをインストールします。

Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition のいずれかを実行しているコンピュータ

Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition では、ネットワーク上の他のコンピュータと印刷デバイスを共有できます。これらのバージョンの Windows では、Windows NT でサポートされているような代替ドライバはサポートされていないため、これらのクライアントだけがポイントと印刷を使用して接続できます。

回避策

この現象を回避するには、以下の手順で、印刷ドライバをローカル コンピュータにインストールし、Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition のいずれかの印刷共有への接続を作成します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[プリンタ] をクリックします。
  2. [プリンタの追加] をダブルクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [ローカル プリンタ] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [新しいポートの作成] をクリックします。
  5. [ポートの種類] ボックスの一覧の [Local Port] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. 以下のように SMB 共有名を入力します。
    \\PrintServer\Sharename
  7. ウィザードを続行し、デバイスに対応するドライバをインストールします。

Windows NT 4.0 (x86 以外のサーバー、x86 クライアント)

ネットワーク上に Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition のいずれかをベースとするコンピュータ、Alpha ベースのコンピュータ、x86 ベースのコンピュータが混在している場合は、プリント サーバーごとに各コンピュータのプリンタ ドライバをインストールできます。こうすると、どのタイプのハードウェアで実行されている Windows NT、または Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition のクライアントからのドキュメントでも、すべての印刷デバイスを使用できます。ポイントと印刷中に、Windows NT クライアントでは、アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) の GetPrinterDriver を呼び出して、サーバーにインストールされているドライバに関する情報を取得します。適切なドライバが見つからない場合は、エラー メッセージがクライアントに渡されます。

回避策

この現象を回避するには、以下のうち該当する方法を実行します。

方法 1 (管理者のみ) : ネットワーク上のすべてのクライアントに対応するように、ネイティブ以外のドライバ用に x86 ベースではないサーバーを構成します。次の手順を使用して、Windows NT Server を実行しているコンピュータにクライアント ドライバをインストールします。
  1. x86 ベースのクライアントから、プリント サーバーを参照します。
  2. [プリンタ] フォルダをクリックし、[プリンタの追加] をダブルクリックします。
  3. 適切なポートをクリックし、[製造元] ボックスの一覧からプリンタをクリックするか、または [ディスク使用] をクリックして更新されたドライバのパスを入力します。
  4. ウィザードの完了後は、x86 ベースのクライアントでは、接続時にドライバを自動的にダウンロードできます。
方法 2 : クライアント コンピュータに適切なドライバをインストールします。サーバー上にドライバがない場合は、使用しているコンピュータにローカルにドライバをインストールして、出力をプリント サーバーにリダイレクトできます。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[プリンタ] をクリックします。
  2. [プリンタの追加] をダブルクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [ローカル プリンタ] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [新しいポートの作成] をクリックします。
  5. [ポートの種類] ボックスの一覧の [Local Port] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. 以下のように共有名を入力します。
    \\PrintServer\Sharename
  7. ウィザードを続行し、デバイスに対応するドライバをインストールします。

インターネット印刷プロトコル (IPP)

IPP を使用して、イントラネットまたはインターネット上の URL (Uniform Resource Locator) に直接印刷できます。さらに、Microsoft Internet Explorer を使用して、インターネットまたはイントラネットからプリンタをインストールできます。IPP プリント サーバーに適切なドライバがインストールされていない場合にエラー メッセージが表示されることがあります。

回避策

この現象を回避するには、以下のうち該当する方法を実行します。

方法 1 (管理者のみ) : 互換性のあるドライバをプリント サーバーにインストールします。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[プリンタ] をクリックします。
  2. [プリンタの追加] をダブルクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [ローカル プリンタ] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [新しいポートの作成] をクリックします。
  5. [ポートの種類] ボックスの一覧の [Local Port] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. 以下のように共有名を入力します。
    \\PrintServer\Sharename
  7. ウィザードを続行し、デバイスに対応するドライバをインストールします。
方法 2 : クライアント コンピュータに適切なドライバをインストールし、適切な IPP URL にプリンタをリダイレクトします。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[プリンタ] をクリックします。
  2. [プリンタの追加] をダブルクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [ローカル プリンタ] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [新しいポートの作成] をクリックします。
  5. [ポートの種類] ボックスの一覧で [Standard TCP/IP Port] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. IPP プリント サーバーの IP アドレスを入力し、[次へ] をクリックします。
  7. プリンタの追加ウィザードを続行し、適切なドライバをインストールします。

互換性のない印刷ドライバ

Windows NT 4.0 用に作成されている一部のサードパーティ製のドライバは、Windows 2000 では正しく動作しません。ポイントと印刷の実行中に互換性のないドライバをインストールしようとすると、エラー メッセージが表示されます。

回避策

この現象を回避するには、以下のうち該当する方法を実行します。

方法 1 (管理者のみ) : 製造元の Web サイトから更新されたドライバを入手します。
  1. 更新されたドライバをダウンロードし、インストールします。
  2. ドライバにアンインストール ツールが含まれている場合は、この手順を続行する前にそのツールを実行します。
  3. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[プリンタ] をクリックします。
  4. [プリンタの追加] をダブルクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. [ローカル プリンタ] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. 以前のドライバに使用していたものと同じポートをクリックします。
  7. [ディスク使用] をクリックし、更新されたドライバのインストール先フォルダを入力します。
  8. ウィザードを続行し、ダウンレベル クライアント用のドライバを共有します。
方法 2 (管理者のみ) : Windows 2000 ドライバをプリント サーバーにインストールします。
  1. 元のドライバにアンインストール ツールが含まれている場合は、この手順を続行する前にそのツールを実行します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[プリンタ] をクリックします。
  3. [プリンタの追加] をダブルクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [ローカル プリンタ] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. 以前の OEM (Original Equipment Manufacturer) ドライバに使用していたものと同じポートをクリックします。
  6. [製造元] ボックスの一覧で適切なモデルをクリックします。
  7. セットアップを完了し、ネットワークで使用するために、プリンタを共有します。
方法 3 : 互換性のあるドライバをクライアントにインストールし、出力をサーバーにリダイレクトします。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[プリンタ] をクリックします。
  2. [プリンタの追加] をダブルクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [ローカル プリンタ] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [新しいポートの作成] をクリックします。
  5. [ポートの種類] ボックスの一覧の [Local Port] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. 以下のように共有名を入力します。
    \\PrintServer\Sharename
  7. ウィザードを続行し、デバイスに対応するドライバをインストールします。

プロパティ

文書番号: 246855 - 最終更新日: 2006年12月11日 - リビジョン: 4.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbenv kbhowto kbprint KB246855
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com