Microsoft Office 2010、2007 Microsoft Office System、Microsoft Office 2003、および Microsoft Office XP のグラフィック フィルターのセキュリティ設定

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2479871 - 対象製品

重要: この資料には、コンピューターのセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法が記載されています。これらの変更によって特定の問題を回避できますが、これらの変更を行う前に、記載された回避策を現在の環境に使用した場合の危険性を評価することをお勧めします。この資料の回避策の使用を決定した場合は、記載されている手順以外にも、コンピューターを保護するための適切な手順を実行してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ MS10-105 を始めとして、セキュリティ アドバイザリに記載されているセキュリティ更新プログラムを使用し、ユーザーおよび管理者がレジストリ内の "許可リスト" を設定して Microsoft Office で Office プログラム内の画像をロードする時間と方法を制御する方法について説明します。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ MS10-105 の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
968095 [MS10-105] Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
セキュリティ更新プログラムは、「適用先」セクションの一覧に示されている Microsoft Access、Microsoft Excel、Microsoft FrontPage、Microsoft OneNote、Microsoft PowerPoint、Microsoft Publisher、および Microsoft Word プログラムに適用されます。

既定で次のグラフィック フィルターが有効になるため、セキュリティ更新プログラムを適用した後は、レジストリ サブキーは必要ありません。
  • ビットマップ (.bmp)
  • Encapsulated PostScript (.eps)
  • グラフィックス インターチェンジ形式 (.gif)
  • Joint Photographic Experts Group (.jpg、.jpeg)
  • Macintosh PICT (.pict)
  • ポータブル ネットワーク グラフィックス (.png)


詳細

グラフィック フィルターのバージョン

次の表は、グラフィック フィルターとそれらを適用する Microsoft Office バージョンに関する最新のバージョン番号の一覧です。

: この表は、英語版のファイルのみの一覧です。

元に戻す全体を表示する
種類説明Office 2010 に付属しているファイル2007 Office System に付属しているファイルOffice 2003 に付属しているファイルOffice XP に付属しているファイル
BMPBMPIM32.FLT2003.1100.8327.0
CDRCDRIMP32.FLT2003.1100.8169.02003.1100.5531.0
CGMCGMIMP32.FLT2006.1200.4518.10002006.1200.4518.10002003.1100.8249.02003.1100.8249.0
EPSEPSIMP32.FLT2006.1200.4518.10002006.1200.4518.10002003.1100.8314.02003.1100.8314.0
GIFGIFIMP32.FLT2003.1100.8327.02003.1100.8327.0
JPGJPEGIM32.FLT2003.1100.8327.02003.1100.8327.0
PCDPCDIMP32.FLT2003.1100.5510.0
PICTPICTIM32.FLT2006.1200.4518.10002006.1200.4518.10002003.1100.8249.02003.1100.8249.0
PNGPNG32.FLT2003.1100.8329.02003.1100.8329.0
WPGWPGIMP32.FLT2006.1200.4518.10002006.1200.4518.10002003.1100.8202.02003.1100.8202.0
FPXFPX32.FLT2.0.0.8152
PCDPCDIMP32.FLT2003.1100.5510.0
PCXPCXIMP32.FLT2000.10.2.0
TIFFTIFFIM32.FLT2000.10.25.0
WMFWMFIMP32.FLT1995.4.3.0

グラフィック フィルターの "許可リスト" を有効にする方法

警告: この回避策によって、コンピューターやネットワークが、悪意のあるユーザーやウイルスなどの悪質なソフトウェアからの攻撃を受けやすくなる場合があります。この資料の情報は、ユーザーが記載されている回避策を自己の判断で使用することを前提に提供されているものであり、この回避策をお勧めするものではありません。この回避策は、自己の責任において使用してください。

"許可リスト" および有効なグラフィック フィルターは、手動で単一のコンピューター用にまたはグループ ポリシー設定を使用して設定できます。

有効にする必要のあるグラフィック フィルターは次のレジストリ キーに追加する必要があります。
単一のコンピューター:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\Common\Security\AllowLists\GraphicsFilterImport

64 ビット オペレーティング システムを搭載している単一のコンピューター:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\Common\Security\AllowLists\GraphicsFilterImport

グループ ポリシー設定:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Office\Common\Security\AllowLists\GraphicsFilterImport

グラフィック フィルターの "許可リスト" を有効にするには、AllowListEnabled 値を 1 に設定する必要があります。"許可リスト" を無効にするには、AllowListEnabled 値を 0 に設定する必要があります。

: AllowListEnabled 値が存在しない場合、この値を REG_DWORD 型として作成する必要があります。

AllowListEnabled 値を有効にすると、フィルターのバージョン番号と共に FILTER.FLT (ここで、FILTER.FLT は実際のフィルター名と置き換えます) という名前を持つ文字列の値としてグラフィック フィルターを追加して、有効にするグラフィック フィルターのリストを指定できます。フィルターのバージョン番号の形式は次のとおりです。
XXXX.YYYY.ZZZZ.W

: AllowListEnabled 値を 1 に設定すると、既定の有効なグラフィック フィルターのリストは削除されます。既定の有効なグラフィック フィルターを再度有効にして、CGMIMP32.FLT グラフィック フィルターを追加するには、"許可リスト" で指定する必要があります。

次の表は、CGMIMP32.FLT グラフィック フィルターと既定のグラフィック フィルターを含む "許可リスト" の例を示しています。

元に戻す全体を表示する
名前種類データ
(既定)REG_SZ(値の設定なし)
AllowListEnabledREG_DWORD0x00000001 (1)
CGMIMP32.FLTREG_SZ2003.1100.8249.0
EPSIMP32.FLTREG_SZ2003.1100.8314.0
GIFIMP32.FLTREG_SZ2003.1100.8327.0
JPEGIM32.FLTREG_SZ2003.1100.8327.0
PICTIM32.FLTREG_SZ2003.1100.8249.0
PNG32.FLTREG_SZ2003.1100.8329.0

プロパティ

文書番号: 2479871 - 最終更新日: 2011年5月15日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Home and Business 2010
  • Microsoft Office Home and Student 2010
  • Microsoft Office Professional 2010
  • Microsoft Office Academic 2010
  • Microsoft Office Professional Plus 2010
  • Microsoft Office Standard 2010
  • Microsoft Office Starter 2010
  • Microsoft Access 2010
  • Microsoft Excel 2010
  • Microsoft OneNote 2010
  • Microsoft PowerPoint 2010
  • Microsoft Publisher 2010
  • Microsoft SharePoint Designer 2010
  • Microsoft Word 2010
  • 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 2
  • Microsoft Office Basic 2007
  • Microsoft Office Enterprise 2007
  • Microsoft Office Home and Student 2007
  • Microsoft Office Standard 2007
  • Microsoft Office Small Business 2007
  • Microsoft Office Ultimate 2007
  • Microsoft Office Professional 2007
  • Microsoft Office Professional Plus 2007
  • Microsoft Office Access 2007
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Office OneNote 2007
  • Microsoft Office Publisher 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007
  • Microsoft Office Word 2007
  • Microsoft Office 2003 Service Pack 2
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Professional Enterprise Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Standard Edition 2003
  • Microsoft Office Student and Teacher Edition 2003
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Office FrontPage 2003
  • Microsoft Office OneNote 2003
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Office Word 2003
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office XP Standard Edition for Students and Teachers
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Publisher 2002 Standard Edition
  • Microsoft Word 2002
キーワード:?
kbsecvulnerability kbsecurity kbsecbulletin kbfix kbexpertiseinter kbbug KB2479871
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com